{一日一文}{世にも奇妙な}{騒がれている}{Twitter 買収}{強烈に}{一回りも二回りも}{相俟って}{とんでもなさ}{実現していること}{平易な文章}...=}(89)

{希哲16年4月30日の日記 K#F85E/A-E74C-F08C}

この日調子やや不安定だった。というより,頭が冴える時間帯遅い方ずれてしまっている一昨日以来,遅い時間になって一日一文執筆やたら捗る,ということが続いている

一日一文ではデライトの本質迫る良い文章書けていたが,24時過ぎたところで生活律動矯正のため中断した。時間を惜しむ内容でもなくなってきたので,じっくり書くことにした。明日ちょうど定休日なので調子を整えたい

第四次宣伝攻勢想像していたより静かな始まりだが,デライトの成功にはむしろぐっと迫った感覚がある一昨日昨日今日と,滅多に書かなかった一般向けまとまった文章書いてみたことで,大きな心境の変化起こっているようだ。デライトについて深く理解してもらうための手段一つとして書き始めたものの,自分自身デライト過小評価していたことに気付かされた

これまでの希哲館訳語などを多用した独特な文章では,全体的に浮世離れし過ぎて,デライトもどこか現実感のないものに見えてしまっていたのだろう。それが,こう平易な文章表現してみると,デライト実現していることとんでもなさが,現実地続きにあることのとんでもなさ相俟って一回りも二回りも強烈に感じられる

いまデライトでは,例えば世間騒がれているイーロン・マスクTwitter 買収どころではないことが起こっているわけだ。この,世にも奇妙な静けさが,かえってデライトの成功イメージ増幅させている。それこそ一夜城のように。

5月1日振り返り日記

{同時に進めていく}{時間はかかる}{探索処理}{見通しが悪くなる}{捗り始めた}{事象処理整理}{希哲16年4月21日}{Aejs の事象委譲}{開発}{さることながら}...=}(68)

{希哲16年4月21日の開発 K#F85E/A-E74C-FDDC}

=}
{デラング}{『希哲日記』}{Google 検索}{強い}{分かる}{高い}{語感が良い}{作り込んだ}{裏目に出た}{検索に強い商標}...=}(126)

{希哲16年2月20日の日記 K#F85E/A-E74C-DA06}

日曜日なので半休にして,のんびり15日分のまとめでも片付けよう思ったが,想像以上に時間がかかった最後の24歩

よくあることだが,描き出してみて初めて膨大な思考量だったことが分かる


デラング的転回の後,デライト市場戦略におけるデラング重要性一気に高まったことで,「デラング」の検索語としての利点気付いた

いま Google 検索してみると,外国地図と「もしかして」が表示されてしまっているが,一応最上位になっている"デラング" の Google 検索結果この調子なら間もなく独占出来そうだ。さほど期待していなかったので棚から牡丹餅みたいなものだが,第四次デライト市場戦略への期待がさらに高まった

他方,もっと長く多用してきた「デライト」や「デルン」の方は完全に埋もれてしまっている

デライト」に関しては,「デライト メモ」のように検索すれば最上位に出てくる。そもそも普通のカタカナ英語なので,埋もれやすいことを想定して「なんでもメモ、デライト」という獲句考えたのだが,それにしても「デライト」単独での上昇思ったより遅い認知度高い固有名詞が無いからそこまで上位表示難しくないだろうと思ったが,中小規模用例意外に多い将来的にはともかく,立ち上がりには厳しい検索語だった。

デルン」の方は,あえて耳慣れないように造語したのだからすぐ独占出来るだろうと思っていたが,10年以上使ってい全く上位表示されなかった。よくよく検索結果観察してみると,どうも部分一致するページ多い耳慣れな過ぎて,そもそも単独として認識されていないようにすら見える短さ裏目に出たか。

サイト全体への検索流入良好推移してきただけに,逆効果になる可能性考える下手に作為的SEO出来なかった単純に Google 検索してみると,「デライト」で136万件,「デルン」で20万件弱,「デラング」で2,400件と,見事に桁が違う結局競合想定より多かった上に,雑多なページ膨大にあるせいで評価分散したのが原因だったのだろう。

デラング図らずも三度目の正直になったが,ここまで検索に強い商標作るのが難しいことだとは思わなかった市場戦略的なことを考えて作り込んだデルン」や「デライト」よりも,語感が良使いやすいというだけで使い始めたデラング」の方が強いのも皮肉だ。


21日振り返り日記

{進捗記録}{希哲16年2月18日の開発}{あれ}{文章の流れ}{左右矢印}{下矢印}{上矢印}{使うべきではない}{右矢印}{使われない}...=}(171)

{希哲16年2月18日13歩 K#F85E/A-E74C-E223}

進捗時限記録中略

前後記法」として検討していた記法を「前次記法」に改め仕様再検討して終了

<- 前 | 次 ->

<- 前
次 ->

<- 前のみ

次のみ ->

以上のように,<- 前 | 次 ->基本形とし,改行区切り<- 前次 -> のみでの記述可能にすることにした。


デルンにあった類似機能から,「時間(時印)的な前後関係」を表現する記法として「前後記法」と呼んでいたが,文書では新旧にかかわらず読ませたい順序指定出来る方が便利なので,より汎用的な前次記法」と位置付け直した

新旧表すのに「」や「」というのはよく考えるおかしいという意見もあり,私も何か良い代替表現はないかと考えていたが,慣用表現として定着しているのでこれは仕方ない前ページ次ページというように,左開きページめくっていく感覚なのだろう左開き右開き書字方向との相性問題なので,ウェブになることが多いのは一応合理的ではある)


前回の検討では,以下のように書いていた

前 <|> 後
前 <|
|> 後

これは他記法区別しやすく簡潔ではあるが,見本はともかく少し長い文字列が入ると記号埋もれがち直感的とも言い難い視認性考えると,行頭行末分かりやすい記号があってほしい。

また,<|>タグ記法使う予定</>紛らわしい|始まる長い文字列があると,初心者には表組み記法誤認される恐れもある。


他記法との区別しやすさ簡潔性直感性などを総合的に考慮した結果最も素直な記法であろう <- 前 | 次 ->落ち着きつつある

雑多な考慮点列挙しておく。

=}
{進捗記録}{Markdown}{部区}{希哲16年1月18日の開発}{希哲16年1月18日12歩}{行内埋め込み}{行内埋め込み記法}{書き分けられる}{視覚的な}{導入予定}...=}(161)

{希哲16年1月18日8歩 K#F85E/A-E74C-91F1}

進捗時限記録中略

埋め込み記法渡括記法)の応付子オプションなどについての検討終了

概ね方針が固まってきた

引数風の応付子

これまで埋め込み記法には,埋め込み方細かく指定するような機能がなく,例えば画像埋め込みでも表示サイズ水平方向寄せ方指定出来なかった。この問題当然当初から認識していたが,どうしてもごちゃごちゃしがちな部分なので,直感的美しい記法練るのに時間がかかった差し当たり欲しいのは画像埋め込み表示サイズ寄せ方指定出来る機能だが,他の埋め込み対象でも使える汎用的な枠組み整えておきたい

そこで,[寄せ方指定スペース]+([応付])[埋め込み対象]形式採用することにした。例えば,添付譜類PNG 画像100x100埋め込みたい場合,+(100x100)png書けるようにする。

丸括弧内は,函数引数風にコンマ区切りで,埋め込み対象毎に使える応付子設定する。引数名指定出来るように a=xa:x受け取ってもいいが,柔軟性必要なのであえて必須にはしない。スペースを含む文字列扱いたい場合考えられなくはないのでとりあえずコンマ区切りにしておくが,各引数扱い駒手欄感覚近い

他のとして,+100x100 png+100x100,png のように全てを引数的に扱うことも考えたが,あくまでも埋め込み対象とする応付役割まとまり一番分かりやすいという点で丸括弧採用する。また,埋め込み対象URL など長い文字列になることも多いため,応付+直後置く。あるいは,末尾に置く書き分けられるようにする。

水平方向寄せ方

水平方向寄せ方は,表組み記法採用予定スペースを使う方法応用することにした。以下のように,+ 前のスペース無しは無指定4つ未満は左寄せ4つ以上で中央寄せ6つ以上で右寄せとする予定

+png            <!-- 無指定 -->
  +png          <!-- 左寄せ -->
    +png        <!-- 中央寄せ -->
      +png      <!-- 右寄せ -->

直感性でいえば矢印のような記号導入することも考えられる。となるとまず <>使うことになるが,すでに多用しているため無闇役割広げる記号意味稀薄化しかねない。そうでなければ leftcenterright のようなキーワード導入するくらいしかないだろう。いずれにせよ,見た目的にもあまり美しくない

当初,以下のようにスペースの数表組み記法合わせようとした2つ中央寄せ3つ右寄せが,いくつか問題がある。

+png         <!-- 無指定 -->
 +png        <!-- 左寄せ -->
  +png       <!-- 中央寄せ -->
   +png      <!-- 右寄せ -->

まず,表組みにおけるセル内での編集に比べそこまで編集効率問題にならないためここまで短くする必要もなく,比較的長くなる後続文字列に対して目立ちにく過ぎる単純にスペース2つ中央寄せ3つ右寄せ表現には見えない

さらに致命的な問題は,いくつかの他記法との整合性だ。導入予定字下げ記法では,行頭全角スペース使う。あまり好き記法ではないが,Markdown4つの半角スペースを使う交度記法互換性のため導入する可能性がある。これらの記法混ぜ書いた場合,視覚的な整合性が取れない。

そこで,行頭に使う寄せ方指定スペース表組み記法とすることにした。交度記法にも使われる4つの半角スペース右寄せ一致するよりは中央寄せに一致した方が違和感がずっと小さい

行内埋め込み記法

おまけに,行内埋め込み記法についても少し考えた

これまで埋め込み記法部区として扱うことを主に考えてきたが,やはり行内埋め込み必要だろう。まだ草案段階だが,例えば以下のようにして画像回り込む段落が作れると便利だ。

++png++ 左上の画像に回り込む段落。
=}
{HTML}{HTML5}{進捗記録}{AsciiDoc}{主述記法}{決め手に欠ける}{優先的に}{普及状況}{寄せておく}{重視すべき}...=}(75)

{希哲16年1月15日6歩 K#F85E/A-E74C-98C8}

進捗時限記録中略

<dl>対応する語釈記法仮称についての検討終了

まずは,AsciiDoc複数行ラベル記法取り入れることにした。


以前から 氏が使っていたことで AsciiDoc 風記法導入考えるようになったが,末尾::名称空間知符として多用していたため,語句:: 定義単一行ラベル記法導入するとおかしくなる輪郭がいくらかあるという問題があった。

ただ,最近この手の文字列交度記法利用統一すべきという考えまとまっているため,移行作業問題はあるものの仕様として導入することに問題はなくなった。そこで,すぐに取り入れても問題なさそう複数行ラベル記法から取り入れ,どう拡張するかは追い追い考えていくことにした。

記法名仮に語釈記法」とした。HTML5<dl>〈definition list〉から〈description list〉意味合い変わっているが,語句に対する説明という大まか意味には適っている

AsciiDocラベル記法はもっと汎用的使えるものらしいが,デライト重視すべき HTML では意味付け重要なので,とりあえず <dl>用途寄せておく


他に,Markdown Extra などで採用されている行頭 :記法検討した。記法として悪くはないが,普及状況いまいちで,優先的に採用するには決め手に欠ける

=}
{進捗記録}{廃止}{希哲15年12月13日の開発}{冗長過ぎる}{application/x-kn-acv}{揺らいだ}{KNIF_ 接頭子}{KFF- 接頭子}{KFF}{KN-ACV}...=}(113)

{希哲15年12月13日4歩 K#F85E/A-E74C-143E}

アンダースコア略記法内包子におけるアンダースコア記法廃止についての検討終了

現状譜類名(例:._acv台録名(例:/_kn/駒手名(例:_knなどにアンダースコア接頭子略記法として多用していた時期名残り多くあるが,ほとんど活用していないため,いったん廃止することを決めた

アンダースコア略記法やその応用記法問題は,明示性簡潔性ともに中途半端で,現実には使いにくいというにある。より簡潔な記法冗長な記法があると使い分け方無駄増えややこしいし,使い所無い

知機駒手では大分前から _kn よりも kn使うようになっているが,9月9日13歩以後はこの kn省けるようにしたため,_出番完全に無くなってしまった結局 _ よりも kn使ってしまう理由は,どうせ面倒臭いなら分かりやすい方が良い,ということだった気がする

これまでの経験上十分明示的な冗長記法短縮記法2つまとめていくのが一番良さそうだ。


KNIF使っていたアンダースコア記法廃止し,代わりに kn- 接頭子導入することを決めた

例えば,これまでの ._acv冗長表記.kn-acv短縮表記.acv となる。知機駒手同様,混同の恐れが無い場合は原則として短縮表記用いる

.kn.acv のようにすることも考えたが,一つの拡張子として認識されないと不都合なこともあるので,MIME 型application/x-kn-acv正式名称初期合わせるKNIF の各形式与える正式名称は,旧称 KFF の時は KFF- 接頭子KNIF になってから KN-ACV のような KN- 接頭子になり,一時 KNIF_ 接頭子揺らいだこともあったが冗長過ぎる,これを機に KN- 接頭子確定する


アンダースコア記法依存した実装排除しながら段階的置換進めていく

=}
{『希哲日記』}{演待}{演待累新}{演待改革}{またまた}{希哲15年11月10日}{呼んでおく}{気がする}{定問}{累新}...=}(20)
{多用}

{}