{希哲前109年没}{希哲前177年生}{日本のカント研究}{明六社}{西時義}{養老館}{貴族院議員}{現代日本語}{石見国津和野}{ライデン大学}...=}(13)

{西周 K#F85E/A-40A7}

にし あまね。石見国津和野出身。津和野藩。祖父は森高亮,父は西時義森鴎外従甥にあたる。

1829年3月7日生〜1897年1月31日没。

藩校・養老館で学ぶ。1862年から1865年まで,幕命でオランダライデン大学に留学した。

明治時代の啓蒙家であり,西洋の学術用語に対する訳語を数多く造った。現代日本語における学術用語の基礎部分は,西の訳語に依存するといっても過言ではない。

蕃所調所に所属,徳川慶喜の政治顧問を務め「軍人勅諭」の起草に関わった。貴族院議員でもある。

明治を代表する文学者である森鴎外の親戚にあたり,鴎外によって『西周伝』が記されている。

参考

(人物について)

http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/denshi/g_works/gw02_nishi.pdf

{希哲前109年没}{希哲前162年生}{兵庫県知事}{神奈川県知事}{日本の外交}{日本の政治家}=}(6)

{陸奥宗光 K#F85E/A-E720}

陸奥宗光(むつ むねみつ,1844年〜1897年)は,日本の政治家である。

坂本竜馬の盟友であり,政治家としては特に外交に辣腕を振るった。妻・陸奥亮子の美貌も度々話題になる。

=}
{希哲前109年没}{希哲前173年生}{クラシック音楽}{作曲家}=}(4)
{希哲前109年没}

{}