{希哲16年4月5日の開発}{希哲16年4月5日の進捗}{CSS 変数}{生み出した}{伝証}{合理化した}{呼ぶべき}{汚い現実}{ウェブの理想と現実}{もたらされる}...=}(208)

{希哲16年4月5日14歩 K#F85E/A-E74C-6431}

CSS 変数(カスタムプロパティ)の導入舞覧ブラウザ五年対応原則採用決め終了今後デライトでは,「5年以内離立された版存主要舞覧」を中心に対応していく

希哲15年3月1日の開発から「デライト推奨動作環境」として同様の定義考えてはいたが,当時は,古い舞覧対応努力はするが推奨はしない程度の,もっと緩やかなものを想定していた


希哲13年ECMAScript 2015HTML5CSS3比較的新しいウェブ標準導入決めてからだいぶモダンにはなったが,まだデライトの舞覧対応方針には感覚的保守的なところがあった。感覚的に影響範囲の広い付徴主要舞覧対応から10年影響範囲の狭い付徴5年目安導入考えていたrem ですら必要以上には使わなかった

先日前次記法実装グリッド領当て導入したが,これはちょうど主要舞覧使えるようになってから5年ほど経つ機能だった。一記法装体過ぎなかったこともあり,ここまで辛うじて良かったが,他にも色々応用したいことが出てき舞覧対応方針見直し必要を感じていた

決め手は,デライトのダークテーマ対応見据えて CSS 変数の導入考え始めたことだった。CSS 変数主要舞覧対応から5年ほど経つが,本格的に導入するとなると影響範囲広がり過ぎる


Can I use対応舞覧よく調べるようになってから,「5年以内離立された版存主要舞覧」が意外に普及していることに気付いた大体90%以上はある。

地域にもよるだろうが,確かに今時古い舞覧使い続ける方が難しいかもしれない。個人機なら5年平均的な買い替え周期であり,スマートフォンなら古い部類だろう。自動更新標準的になった昔と違って多数派の“普通の人”ほど新しい舞覧使っている

あえて古い舞覧使い続ける場合というと,一昔前なら古い個人機再利用というのがあったが,格安インターネット端末普通に流通している今,新しい舞覧使えないほど古い端末使い続ける費用対効果疑わしく,制危考えれば推奨出来ることではない

一番面倒なのが舞覧の更新許されない企業内利用だが,そもそもそんな保守的な環境デライト利用出来るとは考えにくい

こう考えていくと,デライトにとって古い舞覧への対応重要性極めて低い言わざるをえない

奇しくも新生デライトの完成目指している6月15日に,IE11 のサポート終了がある。中途半端気もする内容だが,いわゆるモダンではない舞覧最後の砦崩壊する新しいウェブ標準への社会的移行象徴的な出来事にはなる。


ある程度古い舞覧への対応考慮してきたのは,企業体力がついた将来対応拡充することを考えていたからだったが,これもよく考えると合理性怪しい

技術的負債”は簡単に返せるものではない。大企業肥大化した交度にいかに苦しめられているかを考えれば合理的に古い舞覧への対応出来る来るかどうかも分からないむしろ組織大きくなった時にこそ見通しの良さ重要になる


もっと根本的なこと言えばデライトウェブ標準という盤本の“キラーアプリ”になるべきものだ。新しいウェブ標準普及牽引していくくらいの考えがなくてはいけない。

その伝証デモ足掛かりがすでにこれだけ普及していれば十分過ぎるだろう。


舞覧五年対応原則導入によって,ウェブの理想と現実における汚い現実大部分だった古い舞覧正しく切り捨てることが出来るようになり,前縁整備はもちろん,デライト文書整備でも大きな効率化もたらされるだろう。文書整備では,対応舞覧についてどう説明していくかが一つの課題だった。ここまで絞り込めば説明すっきりする

デライト開発劇的に合理化した描出公開原則とともに「デライト二大原則」と呼ぶべきかもしれない。思えば描出公開原則デライト正式離立という大きな節目目前にして生み出したものだった。


=}
{希哲16年3月12日の開発}{希哲16年3月12日の進捗}{```}{解釈出来る}{完了させた}{中途半端な実装}{使用経験}{書き換えずに済む}{意図の明示}{これまでは}...=}(133)

{希哲16年3月12日7歩 K#F85E/A-E74C-8A2F}

交度記法改良

以下の作業終えたため,ここでいったん終了

これにより,デラング記法例示洗練された

```txt
これまでのデラング記法の例示
```

``dlng
これからのデラング記法の例示
``

交度部区記法開始記号終了記号については,これまで ``` 固定だったため,交度部区記法内で交度部区記法について例示出来ないという問題があった

行内交度記法逆括点の数を調整出来るようにして1月17日15歩から,この方式統一することを考えていた

これを機に逆括点の数は2個でもとした。区切り線記法最初から Markdown などで一般的な3個以上ではなく2個以上-導入したが,交度部区記法では確信が持てなかった

交度部区記法実装からちょうど一年経ち3個以上でなければならない理由はない,と使用経験から判断したなんなら1個でも解釈上問題はないはずだが,目印としての機能考える2個限度だろう。他の記法との統一感もある。


これまで外部ライブラリhighlight.js任せだった交度部区記法言語名自主的に管理する第一歩として,取り急ぎデラングνS対応した

デラングdelangdlngdlntxt に,cuucppに,νsvsjs に,それぞれ Dex 側で変換するとりあえず大文字小文字区別しない

これまではデラングtxt などと書いていたが,意図の明示という観点から問題があった。これなら今後構文ハイライト対応した時に書き換えずに済む

言語名対応関係については実装委ねるべきかとも考えたが,将来的に混乱の元になりそうな部分なので,対応関係言語仕様規定し,構文ハイライトなどは任意実装とすることにした。

また,用者未定義言語名使用出来るように,例えば ```newlang(oldlang) のように代替言語名指定出来る記法検討開始している


1月17日15歩で,外側逆括点の数を調整出来る仕様にしたが,`` `a` `` のように外側より少ない個数でないと上手く解釈出来ないなど中途半端な実装だったことを思い出し実装完了させた

これで ` ``a`` ` でも `` `a` `` でも `` `a`` でも,対応する逆括点さえ判別出来れば問題なく解釈出来るようになった。


全て手定め出振るい済み

=}
{対応}

{}