{葛西臨海公園サイクリング}{希哲16年4月10日の副日記}{感慨深かった}{いままで}{近便}{退屈さ}{広いだけ}{多彩さ}{移動速度}{大き過ぎない}...=}(92)

{希哲16年4月10日の散歩 K#F85E/A-E74C-51E1}

11時頃から葛西臨海公園若洲海浜公園夢の島公園辰巳の森海浜公園などを巡って17時過ぎ帰った道に迷うことが多かったせいもあり,昨日最長記録大幅に更新し,約48.1km走った

休日なので少し遠い辰巳の森海浜公園目指して出発したが,葛西臨海公園り,荒川河口橋越えたあたりで勘違いして曲がってしまい,若洲海浜公園着いた。ここはここで海が綺麗見える良い公園だった。植物見るなら葛西臨海公園十分だったので結果的には良かった

見ながらり,15時頃,少し懐かしい辰巳の森海浜公園休憩したデライト正式離立前に何度か訪れ計画を練った思い出があり希哲13年10月7日の散歩記録なんだか感慨深かった近便適当に買ったもので食事を取再開葛西臨海公園ぶらぶらしてから帰った

他の大きな公園走ってみたことで,葛西臨海公園サイクリングコースとしての優秀さ再確認した小さ過ぎず大き過ぎない敷地見所凝縮されていて,自転車移動速度に対する景色多彩さ絶妙だ。ただ漠然と広いだけ公園感じる退屈さ無い希哲荘からの距離運動には最適で,恐らく最高の場所だろう。徒歩行くことが多かったので,いままでこの真価気付かなかった

{文字サイズ}{進捗記録}{目立たな過ぎる}{装体の調整}{読みにくさ}{短い URL}{事情が異なる}{ちょっと長い}{文書の傾向}{検討していた}...=}(94)

{希哲16年1月19日1歩 K#F85E/A-E74C-5396}

デライト装体調整URL 装体調整終了

直書き URL<a.URI>font-size: 0.9em等幅フォントにしたURL 装体調整前後字間無し昨年6月30日の開発からだが維持する。

直書き URL のある描写読みにくい問題はずっと以前から感じていて,何度か調整しているが,一昨日の開発中にふと,「文字サイズ小さくしていない」ことに気付いた

昨年6月30日の開発字間無しにしているが,等幅フォントにして変に目立ち過ぎるという理由したりもしている。この時になぜ文字サイズ小さくするという発想がなかったのか不思議だ。他にも問題山積していて思考時間割けず灯台の下まで目が行かなかったか。

今回<kbd><code>装体について考えていたところだったので,その関連気付けたのだろう。

文字サイズはやはり0.9em丁度良い0.8emにすると長い URL はともかく短い URL提示する時に今度は目立たな過ぎる


これにより,十分凝縮されメリハリが付いたので,予てから検討していた長い URL の省略については保留とすることにした。

長い URL の省略は,簡単なようでいざ導入しようとすると意外と難しい問題がある。

まず,デライト上文書の傾向からいっても,「ちょっと長い」程度の URL省略したくない。URL全体情報として有用場合しばしばある。このあたりはマイクロブログなどとは事情が異なる

では,どこで省略すべきかという問題になるが,長い URL許容すればするほど比較的短い URL読みにくさ解消されないというジレンマがあった。これは装体の調整解決した。

そもそも輪結記法[ ... ]もあるので,現状維持で特に困ることはないだろう。そのうち https://example.com/abc ... xyx のような省略記法導入してもいい。

ただ,パーセント符号化復号はしたい。これは昨年3月22日2歩決めていたことだが,少し面倒臭い部分がありいまだに実現していない。

{進捗記録}{`letter-spacing: 0.1em`}{`letter-spacing`}{選り手}{交度}{知番}{希哲15年6月30日11歩}{見やすい}{複雑な表}{間延び}...=}(49)

{希哲15年6月30日10歩 K#F85E/A-E74C-5A0D}

一日一文の途中で,ふと描写選り手letter-spacing が気になり,調整してみた。

知名欄描写欄ともに letter-spacing: normal様子見することにした。これまでは letter-spacing: 0.1em が設定されていた。

一昨日表組み記法仕様検討で,半角全角混じりでは等幅フォントでも厳密に文字が揃わないことに気付いたが,この主な原因letter-spacing だった。全角1字に対して半角2字では1つ分の字間が余ってしまう。

CSS だけで簡単に解決する方法は無さそうなのでどうしようかと思っていたが,「日本はどう逆転するか」を書きながら選り手を眺めているうちに,意外字間が無くても良いかもしれないと思えてきた。

そもそも選り手では知番をはじめとして記号的半角文字列が並びがちになるため,これにいちいち字間が開くとかなり間延びして見える。間延びすれば当然行数も増え,全体把握しにくくなる。字間を無くしてみるとがぎゅっと凝縮されて意外と視認性は悪くない。縦に文字が揃いやすくなり,より整然として見える。

実は表組み記法仕様検討の際,少し複雑な表を作ろうとすると選り手横幅が足りないのではないかという気もしたが,字間が無ければこの問題も多少は軽減する。

交度部区ではもともと字間を開けないようにしていたが(たまたまそうなったのか,あえてそうしたのかは忘れたが,交度でもやはり横に間延びするのは問題),これと整合的になり,交度も書きやすくなるだろう。

知名欄も,少し長くなると横幅が足りなくなると感じていたため,同じ設定にしておいた。

そもそも編集欄にも字間を設定していたのは,その方が見やすいはずだという思い込みによるところが大きかったので,これに気付けたのは収穫だった。

=}
{知能増幅メモサービス}{一夜革命}{『希哲日記』}{デライト市場戦略}{デライト}{希哲14年12月の月記}{新デライト市場戦略}{旧デライト市場戦略}{希哲14年12月19日}{最も使いやすいメモサービス}...=}(27)

{希哲14年12月19日の日記 K#F85E/A-E74C-2DC0}

引き続きデライト市場戦略について考える。

最近感じていたデライトの表現上の問題は「ありのまま」で解決することに気付く。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」というデライトあるがままの姿を表現していくのが近道なのではないかと思えるようになった。これを凝縮した「知能増幅メモサービス」という新しい表現も考えた。

昨日は「知能増幅回帰」という言葉を思いついたところで,これまでのデライトの方針との整合性をどうするかまとまらないまま終わった。結局,方便にこだわるから辻褄合わせに苦しむわけだ。

今日から旧デライト市場戦略新デライト市場戦略として整理していくことにしたが,これが一夜革命と結びつくことに気付いた。ふと「デライト一夜革命」という言葉が脳裏をよぎるが,全知検索してみるとついこのあいだ描いていた。すっかり忘れていた。色々な思いが込み上げてきたが,まとめている時間は無いのでここで寝ることにした。

久しぶりにが来た日でもあった。手を掴んで歩くのはちょっと感動した。

寝不足気味で書きかけだったため,31日加筆修正

=}
{道手}{希哲13年12月10日のツイスト}{希哲13年12月10日}{dear_ 接頭子}{my}{放任函数}{dry}{ツイスト}{レトリック}{メソッド}...=}(14)
{凝縮}

{}