{まがり}{借り}{}=}(3)
{デライト宣伝}{希哲14年の月記}{希哲14年12月31日15歩}{新デライト市場戦略}{対 Notion 戦略}{暗黙宣伝}{ツイスト宣伝}{希哲14年12月29日4歩}{デライト累新}{新生デライト}...=}(44)

{希哲14年12月の月記 K#F85E/A-E74C-DE63}

メカソクラテスの弁明」を練りつつ,7日には10月までのデライト開発で嵩んだ借りを返すための仕事一段落した。

一連のツイストがやろうと思いながら出来なかった第二次総括を兼ねていることに気付き,ついでに休養も兼ね16日までかけて書き切った。この頃から頭に浮かんでいた「メカソクラテスの弁明」を別名として21日採用した。

メカソクラテスの弁明」は,デライト中心希哲館事業構想全体像について初めて公に語った経験であり,極めて大きな意義を感じていた。

18日から,デライト市場戦略の本格的な見直しを始める。

19日,「ありのまま」を新デライト市場戦略定問として考え始める。「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」や「知能増幅メモサービス」といったデライトをありのままに表現する言葉も考えた。

22日新デライト市場戦略への移行を決定。

24日9月15日から始めた待欄調整廃止。K#F85E での自由描出再開

25日新デライト市場戦略標語として「知能増幅解放」を採用

27日黄金状態回復活動統一を決めた(デライト完全集約)。

これ以後のデライトを「新生デライト」,ここまでの一連の出来事を「デライト累新」と呼ぶことにした(29日)。

30日対 Notion 戦略新デライト市場戦略の「一環」と位置付け,デライト宣伝では暗黙宣伝ツイスト宣伝併用することにした。

ここまでで新デライト市場戦略がほぼ完成形となる。

記録が雑になっていた11月12月振り返り穴埋めも概ね(日記月記のみ)終えた。

{希哲14年12月の月記}{N10K 騒動}{希哲14年12月7日}{デライトの成功}{N10K 問題}{安堵感}{『希哲日記』}{デライト開発}{デライト}{難局}...=}(16)

{希哲14年12月7日の日記 K#F85E/A-E74C-4A75}

デライト開発で嵩んだ借りを返すための仕事が一段落し,明日からまたデライトに多くの時間を割けるようになった。一時はどうなるかと思ったが,難局は上手く乗り越えたようだ。

ちょうど仕事を詰め込んでいた先月末から重なった N10K 騒動で得たものも多く,これからデライトの成功に向けて弾みがつきそうだ。

N10K 問題についてもまとめたかったものの,達成感安堵感からか,いつにも増して眠気が強い。今日はしっかり睡眠を取ることにした。

=}
{借り}
{}