{デライト開発}{デラング}{進捗記録}{デラング 0.03}{デラング 0.04}{デラング 0.05}{デラング 0.02}{希哲16年2月23日の開発}{希哲16年2月23日の進捗}{旧版号}...=}(90)

{希哲16年2月23日12歩 K#F85E/A-E74C-BD5C}

進捗時限記録中略

デラングの版存に関する昨日の検討続き終了

今のところ,デラングの版存最新定義は以下のようになっている希哲15年5月15日の開発

0.01
DIL 0.1別名
0.02
DIL 0.2別名
0.03
現行版

この定義実装基準行ったもので,その後の劇的な実装変化に全く追い付かず更新していないそもそもサービス中心に開発されている性質上仕様実装一致させないことも場合によって必要になり,区切り難しい

最新のデラングの位置付け考えても仕様と実装を分離し,デラングの版存仕様基準決めるべきだろう。それへの追随度Dex の版存決める

0.03決定当時仕様をもって再定義するとして,現在のデラング整備一段落したところで 0.04まとめ,その次の 0.05破壊的変更まとめることにした。この「破壊的変更」は,主にキーボード記法ウィキ互換輪結記法への転用想定している。

Dex の版存は,現行版形式的に Dex 0.01 としておき,次でデラング歩調を合わせ Dex 0.04 とすることにした。


ずっと忘れていたが,今回検討で「デラング 0.001」を描出していたことに気付いた。以下のような記述残っている

希哲13年7月27日,これまでの DIL との互換性を保った形で整理を進めることにした。

新規描出日時デライト開発着手したばかりの希哲13年2月26日同年7月27日というとデライト正式離立向けて大忙しだった時期で,すぐ忘れたのだろう。

実質的に 0.03 ということになるはずなので,ここで 0.03旧版号再定義することにした。

=}
{}{進捗記録}{希哲16年1月27日13歩}{漢字一字}{見越した}{訳されている}{伝わりにくい}{意味が狭い}{新たに}{使いやすそう}...=}(106)

{希哲16年1月26日17歩 K#F85E/A-E74C-79F5}

進捗時限記録中略前後

長いこと決めかねていたソースsource暫定訳語として「素出そしゅつ」を採用することを検討決定して終了

希哲8年12月13日には「素成そせい」という訳語描き出していたが,なんとなく使いにくく,ほとんど使わなかった

ただ,このから,どの道」で始まる訳語になるだろうということは確信していたため,「素交ソース コードや「素譜ソース ファイルという略語の形では比較的よく使っていた。このように,他の訳語組み合わせ略した時などに分かりやすい利点大きかった。「オリジナル」の区別しにくい原〜」などと差別化しやすく,音写性申し分ない

素出」は希哲12年2月27日描き出していた案だが,これらの略語間に合うことが多かったこともあり,採用にはいたっていなかった。最近デラング整備の中で単純にソース対応する訳語欲しい思うことが多くなっていたので再検討してみることにした。

素泉」「素種」「素資」等々のもあったが,どれも一見して意味掴みにくい新たに素書」という案を考えてみたが,これも若干意味が狭い。それに比べると,「素出」は平たくソース全体訳語として使いやすそうだ。

素出」で特に問題なさそうだが,まずは暫定訳語として使ってみて,上等訳語とするかどうか決めることにした。


ついでに,「オープンソース」のオープンをどう訳すかも考えた。「大触れ」というもあったが,伝わりにくいだろう。

平たく表現するなら,「公開」は誤解の余地が大きいので「開放」しかなそうだ。あまり使わなかったが,希哲14年1月頃,「開素」をオープンソース暫定訳語としたことを思い出した。これも「」で始まるソース訳語見越したもので,やはりオープン漢字一字表すなら「」以外ないだろうと考えていた

答え合わせ感覚中国語での調べてみると,やはり〈开放〉訳されている

とりあえず,オープンソースは「開放素出」とし,「開素」はその省略形位置付け直すことにした。

{『希哲日記』}{思い立つ}{ネット環境整備}{良しとする}{開発上}{重荷を下ろせた}{切り離せない}{詳しいこと}{重要な問題}{希哲館事業最初期}...=}(60)

{希哲15年10月18日の日記 K#F85E/A-E74C-470D}

新生デライト開発の再開機に明日から朝の日課朝の輪郭整備朝の一日一文再開することにした。律動的集中生活に入る前の生活様式戻ることになる。


ネット環境整備についてなど溜まったまとめ作業片付けてから開発に入ろうと思っていたが,ふと思い立ってドメイン名管理方針検討に入ったことで思いのほか消耗し,新生デライト開発の再開お預けとなった。

公式運用するドメイン名kitetu.comkitetsu.com のみに絞り込むドメイン名完全集約」の方針決定した。詳しいことは後でその輪郭まとめることにした。

途中,昨日から急激冷え込んできたので風邪でも引いたかと思うくらいに気持ち悪くなったが,どうもそれだけ重い問題だったようだ。

ドメイン名希哲館事業最初期から戦略的重要な問題であり,希哲館事業の歴史とは切り離せない関係にある。振り返れば本当に色々な試行錯誤をしてきたので,色々なこと思い出してしまうし,考え込んでしまった。全ては kitetu.com へのドメイン名統一までに必要な寄り道だったのだろうと思う。

ドメイン名完全集約を決めたことでまた一つ重荷を下ろせた。これも開発上収穫と言えなくもないので良しとする

19日振り返り日記

=}
{Aejs 整備}{開発}{開発記録}{自動ページ展開機能}{希哲15年7月29日の日記}{一応の解決}{舞覧手定め環境}{LambdaTest}{正式採用}{描きかけ}...=}(37)

{希哲15年7月29日の開発 K#F85E/A-E74C-3FD4}

主に輪郭選り手抜控機能整備Aejs 整備も多少進んだ。

まだ荒削りながら,とりあえず描き直しでも描きかけ描写復元出来るようになった。

先日の違了処理整備と併せて,違了誤遷移出与え消失が生じやすいというデライトの課題一応の解決をみて,信頼性大きく向上した。


抜控機能によって自動ページ展開機能無限スクロール機能単純化にもなりそうなことに気付いた。

新規描出フォームをどう見せるかが課題だったが,複数窓で同一画面に同期された新規描出フォームが表示されることに慣れてみると,同一ページにあっても不自然ではないと思える。とりあえず,単純に10輪毎に表示するだけの実装でも良さそうだ。


舞覧手定め環境整備一環として,LambdaTest正式採用決定した。

{進捗記録}{希哲15年7月29日の開発}{必要になった時}{画面撮り機能}{十分使える}{挙動確認}{実績面}{動いた}{CA 証明書}{SSL 通信}...=}(49)

{希哲15年7月29日4歩 K#F85E/A-E74C-4E0A}

LambdaTest正式採用検討

正式採用決定して終了

BrowserStack に比べ実績面でやや劣るものの,後発ならではの優位性もあり,全体的洗練されている印象がある。

実機に比べれば解像度応答速度に当然はあるが,大まか挙動確認には十分使える画面撮り機能充実しているため,細かい描画確認することも出来なくはなさそうだ。

LTLambdaTest Tunnelを使った領下手定め上手く行った。最初,SSL 通信が出来ないという違了が出たが,これは OpenSSLCA 証明書認識していない問題だったため,SSL_CERT_FILE適当設定して動いた

次回必要になった時Live プラン契約することにした。

=}
{決定}

{}