{希哲14年10月の月記}{希哲14年10月19日}{第二次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{デライト開発}{没頭}{開始}{見極め}{時期}{日記}=}(10)
{デライト宣伝}{希哲14年9月の月記}{希哲14年10月}{戦い方}{希哲14年9月16日6歩}{デライト用合い改良}{希哲14年9月16日}{最後の壁}{北極6丁目}{握接急増}=}(45)

{希哲14年9月16日の日記 K#F85E/A-5B28-A946}

ぼんやりしていたデライト最後の壁が,ひょんなことから明確になった。

18日から始める予定だった短期集中生活を今日から始め,デライト用合い改良全力を尽くすことにした。

デライト宣伝一時停止し,18日までに用合い改良を一段落させ,宣伝再開の手応え20日までには勝負結果が見えるだろう。上手くいけばその後は最適化注力して握接急増に備える。

頭の中を整理するのに多少時間がかかったが,まだ曖昧迷いがあった北極6丁目戦い方見極められたのは大収穫だった。

ぼんやりしたまま長引くことも想像していたが,勝つにせよ負けるにせよはっきりした結果が出そうだ。

ここで長期戦可能性は完全に捨て,最長でも10月一杯までの短期決戦に全てをかけることにした。現時点で辛うじて引き延ばせそうな期限であり,希哲館創立13周年米大統領選直前という,成功するにはこの上ない時期だ。

今月中に良い決着がつけばそれに越したことはないが,今から来月にずれ込むことは想定して調整を進める。


{希哲14年9月14日の開発}{改装中}{古さ}{希哲14年9月14日の進捗時限}{希哲14年9月14日の進捗}{希哲14年9月14日}{献典}{月庭改装}{誘導輪結}{検討}=}(31)

{希哲14年9月14日4歩 K#F85E/A-5B28-3AE0}

最近,月庭実装献典古さ保守負担など色々な面で足枷になっているため,月庭改装まで「改装中」のページでも表示しておくことを検討,方針を決め終了。

現状,月庭のほとんど全てのページにデライトへの誘導輪結を置いているが,改装中ページに全知検索窓を表示して誘導すればより強力な広告になり,出場への負担軽減出来るなど利点が大きい。

時期見極め作業に入る。


{デライト宣伝}{希哲14年9月10日の日記}{朝昼晩}{頂帯}{自由業}{需要層}{ネット利用}{希哲14年9月10日の進捗時限}{希哲14年9月10日の進捗}{希哲14年9月10日}=}(53)

{希哲14年9月10日2歩 K#F85E/A-5B28-5B5B}

デライト市場戦略デライト宣伝見直し

平日は,ネット利用に関する各種調査でそれぞれ朝昼晩頂帯ピークタイム)とされる7時12時21時前後にデライト宣伝集約することにした。その間に開発を進める。

これまでデライト関心層需要層見極めかねていたこともあり,宣伝昼夜を問わず行っていた。

デライトは見かけこそ軽常だが,正体は極めて高度知能増幅技術であり,例えば研究者自由業など,必ずしも一般的な生活律動ではない関心層想定していた。

ただ,これまでの経験上,明確にそうした少数派からの反応が良いわけではないし,玄人受けを狙っても Roam Research のように伸び悩みは見えている。デライトはあくまでも多数派を取り込む必要がある。結局,ここでデライト市場戦略デライト宣伝方向性一致したことになる。

Twitter などであれば,その時ネットを見ている人はいつでも掴めるが,人がたくさんいる時にまとめて収集するより効率が悪い。なにより,常時ネットを観察していると集中力が削がれるという問題がある。限られた時間の中でメリハリをつけて効果的に宣伝することを考えれば,時間帯絞り込む必要がある。

自分自身の生活律動のためにもなり一石二鳥だ。


=}
{Roam Research}{希哲14年5月11日のツイスト}{希哲14年5月11日}{個人知識管理}{ツイスト}{試用}{見極め}{現状}=}(8)
{見極め}{極め}
{}