{文字サイズ}{進捗記録}{目立たな過ぎる}{装体の調整}{読みにくさ}{短い URL}{事情が異なる}{ちょっと長い}{文書の傾向}{検討していた}...=}(94)

{希哲16年1月19日1歩 K#F85E/E74C-5396}

デライト装体調整URL 装体調整終了

直書き URL<a.URI>font-size: 0.9em等幅フォントにしたURL 装体調整前後字間無し昨年6月30日の開発からだが維持する。

直書き URL のある描写読みにくい問題はずっと以前から感じていて,何度か調整しているが,一昨日の開発中にふと,「文字サイズ小さくしていない」ことに気付いた

昨年6月30日の開発字間無しにしているが,等幅フォントにして変に目立ち過ぎるという理由したりもしている。この時になぜ文字サイズ小さくするという発想がなかったのか不思議だ。他にも問題山積していて思考時間割けず灯台の下まで目が行かなかったか。

今回<kbd><code>装体について考えていたところだったので,その関連気付けたのだろう。

文字サイズはやはり0.9em丁度良い0.8emにすると長い URL はともかく短い URL提示する時に今度は目立たな過ぎる


これにより,十分凝縮されメリハリが付いたので,予てから検討していた長い URL の省略については保留とすることにした。

長い URL の省略は,簡単なようでいざ導入しようとすると意外と難しい問題がある。

まず,デライト上文書の傾向からいっても,「ちょっと長い」程度の URL省略したくない。URL全体情報として有用場合しばしばある。このあたりはマイクロブログなどとは事情が異なる

では,どこで省略すべきかという問題になるが,長い URL許容すればするほど比較的短い URL読みにくさ解消されないというジレンマがあった。これは装体の調整解決した。

そもそも輪結記法[ ... ]もあるので,現状維持で特に困ることはないだろう。そのうち https://example.com/abc ... xyx のような省略記法導入してもいい。

ただ,パーセント符号化復号はしたい。これは昨年3月22日2歩決めていたことだが,少し面倒臭い部分がありいまだに実現していない。

{進捗記録}{廃止}{希哲15年12月17日の開発}{kn+/}{持たせた}{将来的に}{バイナリ実装}{スクリプト実装}{無拡張子}{必要に応じて}...=}(63)

{希哲15年12月17日2歩 K#F85E/E74C-7E64}

知機駒手実装整理終了

+ 接尾子使った台録構造について見直した結果これまで必ず置いていた実行譜類への疎輪結のみ「必要に応じて」とすることで概ね現状維持となった。

アンダースコア略記法の廃止により,今後kn+/foo+/bar.sh のような台録構造副駒手管理することになる。いっそのことこの + 接尾子廃止していいかと思ったが,kn+/foo という無拡張子疎輪結使うことでスクリプト実装.shバイナリ実装.x切り替え容易になるという狙いがあり,これはこれで捨て難い設定譜類より直接的分かりやすいし,最上位knkn+/ になるのが自然なのでそれに整合的でもある。

将来的に膨大な副駒手追加することを考えて持たせた柔軟性だが,これまでの実装では無拡張子疎輪結を通して副駒手探索していたため,常に副駒手疎輪結しておく必要があり,スクリプト実装しかない現状ではただ煩雑なだけだった。これを省けるようにすれば柔軟性維持しながらかなり見通しが良くなる

=}
{ばら成し}{希哲館事業}{一日一文}{『希哲日記』}{希哲16年1月}{デライト}{見ていく}{極めて良好}{遅くとも}{大々成功}...=}(93)

{希哲15年11月1日の日記 K#F85E/E74C-5B91}

希哲館史上最高の環境希哲館創立14周年迎え15年目始めることが出来た。

5時前起床は出来ず,若干気怠さ感じることもあったが,9時からの8時間執務ばら成しよく作業進め日課それなりにこなし,終わってみれば気持ちの良い一日だった。朝の日課再開出来,久しぶりに一日一文書けた一日一文長引準備運動程度だったが,新生デライト開発の再開果せた


今日から,当面の目標をこれまでの「デライト収益目標達成」ではなく「デライト収益乗軌化」とすることにした。

思えば,「デライト収益目標達成」には,この水準環境を整える資金調達という意味もあり,必ずしも持続性求めていたわけではなかった。その目的金風果してくれた今,次に考えるべきことは,デライト成長軌道に乗せることだ。「デライト収益化」から「デライト収益目標達成」に表現変えた時同様,また一つ踏み込めるようになったということだろう。

金風によって長期的観点を持ちやすくなっているが,弛緩しやすい状況でもあるため,常に月内目標達成目指すという方針はまだ維持しておく。つまり,現在の目標11月中のデライト収益乗軌化だ。

金風以前でも,希哲館事業何十年でも耐えうる持続性確保していたが,問題開発生活ゆとりだった。そのゆとりももう尽きるか,という時に金風が起きてくれた。今のところ,来年中頃まではゆとりある開発生活を送れる見通しだ。

ゆとりのある内にデライト収益乗軌化を果せればそれに越したことはないので,「デライトの早期成功」の目安としている来年1月までの乗軌化大々成功遅くとも来年中頃までの乗軌化大成功といったところだろう。

金風直前の状況でも楽観的だったのは,極めて良好開発状況があり,収益目標達成への手応え感じていたからだ。いつ収益目標達成出来てもおかしくない思っていた。そこでこれだけのゆとりが出来たのだから,失敗想像する方が難しい状況にある。

あとは,毎日やるべきこと出来ているかどうかだけしっかり見ていく

{進捗記録}{手定め}{デライト}{希哲15年10月23日の開発}{捌き手間}{石狩リージョン}{初期費用}{上位プラン}{使っていない2台}{3台}...=}(49)

{希哲15年10月23日6歩 K#F85E/E74C-2BF0}

捌き手整理方針検討終了

いま3台あるウェブ捌きの内,まず使っていない2台解約することにした。それぞれ月庭Mastodon で使っていたものだが,デライト完全集約以後はたまに手定めに使う程度になっていた。

KNEST 隠しによるスケールアウト再利用することを考え維持してきたが,手定め時間がかかることが予想され,最近のデライト高速化感触としてはスケールアップ出来るところまではスケールアップ対応した方がいいという考えになってきている。

現在出場用に使っている捌き手デライト用のウェブ捌き丁度良い性能であるため,新しく上位プラン契約した捌き手出場を移し,空いたところでウェブ捌きを移す方向で考える。空いた以前のウェブ捌きも解約する。

昔と違いさくらの VPS では初期費用無料になっており,昔契約したウェブ捌き性能の割に価格高いものが2台あるため,この整理維持費をほとんど変えずにデライトウェブ捌き出場捌きをそれぞれ上位プランスケールアップ出来る。

リージョンはこれまで適当にしていたが,最終的に残る現出場捌き石狩リージョンなので,最初捌き手間通信効率のため石狩リージョンで揃えておき,徐々に分散させていくことにした。

=}
{『希哲日記』}{ネット環境整備}{SLFS 初の無線 LAN 化}{外部アンテナ付き}{二大要因}{長時間使用}{Linux ドライバ}{故障時}{SoftBank 光}{無線 LAN 中継機}...=}(122)

{希哲15年10月14日の日記 K#F85E/E74C-75AA}

最近,希哲荘環境整えるのが秘密基地作りのようで妙に楽しく,興奮でまた睡眠不安定になってきている。


SLFS 初の無線 LAN 化で一応接続は出来るようになったが,無線 LAN 子機動作不安定だったため,調整兼ねて主力機USB 配線整理をした。基本的な配線決めておいた非常に見通しが良くなった

もともと USB ポート当たり外れが大きい上にいつも適当に抜き差ししていたので相性による不具合が起きがちで,清掃後復元面倒だった。そろそろ作業場清掃もしたい時期だったので丁度良かった


体感的十分な速度も出て,この USB 配線整理子機動作安定したため,ここでネット環境整備一段落とすることにした。あとは微調整程度でいいだろう。

やはり設置場所正解だったらしく,家庭用路定機Speed Wi-Fi HOME 5G L11管板コンパネ初めて100Mbps以上出ていることを観測した。速度が出やすい 4G+ を拾っていたようだが,同じ 4G+ でも以前の設置場所では最高70Mbps程度だった。低い時でも30Mbps台で安定している。以前は数Mbpsあたりでうろうろしていることも多かった

希哲荘では通常 4Gau,たまに 4G+5G を拾うという状況だが,この感じだと,本格的な 5G を待たずとも 4G+NR 化あたりで通信品質改善してくれれば十分だ。

安定性にはまだ課題があるものの,以前の光回線SoftBank 光と比べても体感速度遜色ない,どころか,むしろ速い気がすることさえある。速度計測もほとんどしたことがなく,契約していた回線なので詳細もよく知らないが,感覚的には100Mbpsも出ていたか怪しい

光回線有線 LAN から諸場モバイル通信無線 LAN への移行でどの程度通信品質維持出来るか半信半疑だったが,期待大きく越えてくれた。作業場すっきりし,清掃手入れしやすくなった。

あと気になるのは無線 LAN 子機寿命くらいだ。経験上,この手の機器寿命が短い今回の製品は特に小型だが,Linux では大小問わずよく壊したLinux ドライバ問題連日長時間使用のせいもあっただろうが,これと設定面倒臭さLinux無線 LAN敬遠するようになった二大要因だった。

ただ,ここまで費用対効果が高ければ,壊れたら壊れたで,買い替えもあまり惜しくない安定性改善しなければ,もう少し高いアンテナ付きのものか中継機買ってもいいかもしれない。いずれにせよ,故障時のことを考えれば予備欲しい

15日振り返り日記

=}
{維持}

{}