{急いできた}{身体が鈍る}{気持ちの切り替え}{あらゆる面}{希哲15年9月下旬}{現実的な想定}{極大化}{夢のような話}{歩き回った}{決まった}...=}(76)

{希哲15年9月20日の日記 K#F85E/A-E74C-370D}

一昨日決まった早速実行してもらい,希哲館事業慢性的な財政難いったん解消した。今日はそれに関する事務的な用事あちこち歩き回った

絶対的独立性維持収益性極大化両立させようとしてきた希哲館事業にとって,財政難発足以来の難題だった。それを解決する手段デライトであり,収益目標達成急いできた理由だ。

今回,全く想像しなかったわけではないが,現実的な想定の内には到底入らなかった「棚ぼた」的な解決を見ることになった。事業現状を思えば夢のような話で,いまだに,でも見ているのではないかと落ち着かない気分でいる。疲れが取れてきて,整理が進むにつれ少しずつ実感がわいてきた。

今後の組計根本的に見直す必要があるが,まだ若干頭が混乱している。とりあえず,下旬KNEST 隠し実装整清時間をあてたい。

収益目標達成まではと後回しにしてきたことが多々あるため,「生活理腑」としての整清も進め,あらゆる面見通し改善し,身軽さちたい。書類整理もやらなくてはと思いつつずっと放置してしまっている。先日身体が鈍っていることを実感してきたところなので,そろそろ陶練再開したい。当然,デライトの早期成功をより早く,より確実に,ということも考えなくてはならないので,時間配分は少し難しい

用事ついでに散髪もしてきたし,キリの良いでもある。ここから気持ち切り替えていく。

=}
{食べられる完璧な餅}{絵に描いた完璧な餅}{伊達ではない}{驚異的な}{90万円}{経費増}{必要以上}{微々たるもの}{分かっていた}{過ごしてきた}...=}(88)

{希哲15年8月22日の日記 K#F85E/A-E74C-0C76}

デライト広告に関して,大きな節目となる出来事があった。広告収益に対するいくつかの懸念解消し,現状方式十分収益化可能であることが実証された。

来ると分かっていたことで,金額としては微々たるものだが,新生デライトの完成目前にしたデライトの現状を考えれば意義大きく,現実になると想像以上嬉しかったいよいよ稼げるサービスになってきたという実感がわく。“絵に描いた完璧な餅”のようだったデライトが,“食べられる完璧な餅”になりつつある。

デライト開発を始めてからほとんど常に開発者として過ごしてきたが,定休日ということもあり,久しぶり経営者らしい考え事時間を費した

最初デライト収益目標は,一昨年10月7日希哲館事業収益化目標とした月間売上20万円見直すもなく引き継いできたが,これを月間売上100万円引き上げることにした。失敗しても必要以上売上確保が出来る程度に目標高く持っておいた方がいいだろう。ここのところで閾値を越えた感もあり,感覚的にもしっくりくる

仮に100万円売上があれば,捌き手増強など経費増を多めに見ても90万円以上が粗利益になるだろう。サービス性質上広告費最小限で済み,もはや競争力維持のための研究開発費もそう要らない驚異的な営業利益率維持したまま売上拡大し続けられる仕組み整っている

冷静考えるGAFAM真っ青末恐ろしい商売だ。収益化まで成功させた世界初知能増幅技術でありハイパーメディアの集大成ともなれば,「知識産業革命」というのも伊達ではない胸が高鳴る

=}
{一踏ん張り}{異例尽くめ}{恐るべき}{決着をつける}{進捗次第}{希哲15年9月10日}{希哲15年9月上旬}{良くない}{適度な緊張感}{避けたかった}...=}(71)

{希哲15年8月20日の日記 K#F85E/A-E74C-7B5C}

昨日の日記を書きながら,9月中としていた収益目標達成見込み10月までの幅を持たせることにした。

9月中の収益目標達成目指すことにしたのは7月10日のことだったが,流石に7月下旬からの激動展開想定していなかった。それでも組計維持出来ていたのは,今月3日新生デライトの完成後ではなく新生デライト開発途上収益目標達成狙うことにしたからだった。

ただ,この中旬まで,稼げた時間的余裕想定していた実作業ではなく,投資に近い使い方相殺してしまった。こうなれば,組計延長するのが道理だ。

デライト無茶をしなければ維持し続けられるとはいえ,希哲館事業の成功のためにはあくまでも早期成功目指したい。これがずるずる引き延ばすことを避けたかった理由だったが,希哲館創立14周年11月1日までを「デライトの早期成功」の目安としてきたこと,1ヶ月の差しかないことを考えれば,確実な方を取るべきだろう。

しかし,組計調整負担適度な緊張感が失われる懸念もあり,早過ぎる切り替え良くない。このまま9月上旬までは様子を見て,進捗次第9月中に決着をつけるか,10月までの延長戦持ち込むか,10日頃に決断することにした。

結局,こうして最適化繰り返しながら,11月1日目前の収益目標達成で最も期待感が高まっているのだから,昨年11月10日の日記を書いていた自分が恐るべき予言者に思えてくる。

ちょろちょろとはいえ,こんな異例尽くめサービスで一応収益化出来ていることもすでに奇跡としかいいようがない。もう一踏ん張りだ。

{iOS}{希哲15年8月8日のツイスト}{希哲15年8月8日}{Chrome}{WebKit}{Apple 製品}{ツイスト}{相対的}{専用}{分断}...=}(16)
{新生デライトの要件}{新生デライト}{大きな付徴}{許容範囲}{追加検討}{検討開始}{暗証語再発行機能}{公開範囲設定機能の試験的導入}{希哲15年7月24日}{大きな問題}...=}(46)

{希哲15年7月24日の開発 K#F85E/A-E74C-75D9}

新生デライトの要件追加検討

公開範囲設定機能の試験的導入

公開範囲設定機能の試験的導入検討開始

本来,デライト収益目標達成後付徴としていたが,デライト開発がとっくにその水準を越えていることもあり,新生デライト盛り込むことが考えられるようになってきた。

描出公開原則維持したまま,利用規約免責事項明確にしておけば大きな問題はないだろう。

暗証語再発行機能検討

公開範囲設定機能と同時に,メールアドレス利用した一般的な暗証語再発行機能導入視野に入ってきた。

メールアドレスを保存せずに再発行出来る仕組みを模索していたが,やはり単純性安全性両立させるのが難しい

公開範囲設定機能実現出来るならメールアドレス保存くらいは許容範囲だろう。

暗証語忘れ対策は大きなデライトの課題だったが,ようやく解決糸口が掴めそうだ。

デライトの ActivityPub 対応

残る大きな付徴として,デライトの ActivityPub 対応についても検討

こちらはほとんど費用対効果問題であるため,最後に回し,その時点での高速化保守性次第で決めることにした。

{新生デライト開発}{新生デライトの要件}{希哲15年8月1日}{希哲15年7月30日}{理想的な生活律動}{まとめた}{一日一文}{希哲15年8月}{過ごし方}{輪郭整備}...=}(41)

{希哲15年7月30日の日記 K#F85E/A-E74C-5598}

生活律動矯正着実に進み,快調だった。

今月開発にはここで一区切り付け,まとめ集中することにした。


来月過ごし方についても考えた

理想的な生活律動維持したいが,これまでにまとめた新生デライトの要件8月中に満たそうと考えると,執務時間は全て新生デライト開発に使いたい。輪郭整備一日一文新生デライト宣言が出来るまで休むことにした。よほどゆとりがあるか,気分転換程度にならやってもいい。

その代わりというわけではないが,1日定休通りに休むことにした。

今週執務自体は抑制的だったので休まなくても大丈夫かとも思ったが,生活律動激動脳爆発脳過熱,さらに来月激務まで考えると,ゆっくり呼吸を整える日も必要だろう。

31日加筆修正

=}
{一日一文}{頭を切り替える}{極端な例}{書きたいこと}{書こうとする}{避けようがない}{熱が入る}{こだわらない}{書き終えられる}{厳密に守る}...=}(71)

{希哲15年6月16日の日記 K#F85E/A-E74C-90D6}

第三次黄金状態での過熱抑制も兼ね,久しぶり定時執務再開した。前日反省から,一日一文書き方見直したこともあり,ここ数日感じていた揺らぎ払拭安定感取り戻したばら成し良く,メリハリのある気持ち良い一日だった。

21時過ぎには眠り,5時過ぎには目が覚めるような生活にも大分慣れたが,進捗を落としたくなかったことと時間帯を決めているデライト宣伝都合もありなかなか定時執務に入れなかった。

しかし,ここ数日の経験で,やはり連日20歩前後の進捗という生活危険だと思うようになった。休日を取ってしまうと高速道路で急ブレーキをかけるような危なっかしさがあるし,かといって無休心身が持つとも思えない。

調子に乗って欲が出てしまったが,もともと10歩台後半維持理想としていたのだし,8時間執務で最低16歩になれば十分だろう。

デライト宣伝はまだ低頻度なので,宣伝攻勢までに執務時間をどう調整するか考えておく。


一日一文については,1日2時間という時間制限厳密に守ることにした。これまでは「目安」だったため,あと少しで書き終えられるとなると延長してしまうことが多かった。

これと同時に,あまり文章を書き上げることにこだわらないことにした。これまで,書き上げてはじめてその日の一日一文ということにしていたが,一つの文章に数日かかったらその数日も一日一文が出来たことにする。つまり,「○○日の一日一文」だけではなく「○○日〜○○日の一日一文」があってもいい。重要なのは内容であり,毎日なにかしら書こうとすることだ。

これまでの経験からいって,書いているうちに熱が入って長くなってしまうということは避けようがない。最近,頭の片隅に書きたいことを溜めておけるようになり,題材困ることは無くなったが,代わりに詰め込みがちになっている。前日はその極端な例だった。

残りわずかでも2時間に達したら中断し,それなりに読める内容であれば「書きかけ」として公開し,翌日に続きを書き,時間が余ったらもう一つ書くようにすればいい。

この日はこれを実践して上手く頭を切り替えられた。

17日振り返り日記

=}
{第三次黄金状態}{希哲15年6月9日}{20歩台前半}{『希哲日記』}{維持}{現実味}{絶好調}{日記}=}(8)
{一日一文}{希哲15年6月の一日一文}{健康管理技術}{最大の売り}{聴き飽きた}{記録技術}{考えるべきこと}{健康への第一歩}{健康への近道}{最良の技術}...=}(71)

{心身の“黄金状態”と健康管理技術としてのデライト K#F85E/A-E74C-DD9C}

私は,心身の理想状態を「黄金状態」と呼んでいる。生活において,この黄金状態を維持することが究極の目標であり,そのための最良の技術デライトだ。

話題健康食品だとか魔法のような健康法に飛びついてしまう人は多いが,健康において“特効薬”は無い。食べてさえいればいい健康食品など無いし,やってさえいればいい健康法も無い。これを悟ることがまず健康への第一歩だ。

そして,網羅的かつ継続的観察記録改善のほかに健康への近道は無い。全ては適度調和的実践する必要がある。

いつ何を食べ,いつどのくらいて,運動はどの程度して……と,生活上のあらゆることを観察記録し,身体に良さそうなことは片っ端から全てやり,身体に悪そうなことは片っ端から全て止める。健康において考えるべきことはこれだけだ。


これを実践する上で,デライト以上の道具もやはり無い。デライトほど柔軟に細かな情報が扱える記録技術が無いからだ。実際,私はデライトによって黄金状態を得ることに成功している。

この状態に入ると,身体的には健康そのものだし,も,まさに“黄金”のようにいている。精神的にも,ときどき自分が知らないうちに薬物でも摂っているのではないかと思うほど頭脳は活性化し,多幸感に満ちている。ちなみに,薬物どころか煙草もやらない人間だ。脳内麻薬の究極形なのだろう。

黄金状態で特に面白いと思う現象の一つに,「身体感度の鋭敏化」と呼んでいるものがある。

例えば,音楽を聴いてみると,びっくりするほど大音量に聴こえて音量設定を確認してしまう。聴き飽きたと思っていた曲が,なぜかことごとく感動的に聴こえてくる。近所の見慣れた風景も,妙にキラキラいて見え,世界遺産に劣らない絶景のように思えてくる。

実は,この黄金状態こそデライト最大の売りになるのではないか,と以前から思っている。まだ私の個人的な体験に留まっているし,私にとってもこれを維持するのは難しいことなので,どれだけ多くの人に体験してもらえるのかまだ分からない。

とはいえ,デライトを健康管理技術として利用してもは無いだろう。まずは小さなことからでも,ぜひ健康増進役立てて欲しい。

{維持}
{}