{用者}{HTML}{HTML5}{デラング}{進捗記録}{高い}{あれ}{役割を持たせる}{役割を持つ}{緩衝的}...=}(248)

{希哲16年2月15日10歩 K#F85E/E74C-2CA8}

進捗時限記録中略

昨日寝る直前にまた脳爆発があり,今朝にかけて文字装飾記法タグ記法周りの概念整理仕様整理急速に進んだ

文字装飾記法は,「文字装飾を伴う慣用表現」のための記法位置付けることにした。太字記法##斜体記法//下線記法__打ち消し線記法~~翌日のまとめで「打ち消し記法」から改称4記法基本とし,それぞれ所定装体スタイルを伴う <b><i><u><s> HTML 要素対応する

@ を使った文字サイズ記法% を使った色記法検討していたが,タグ記法概念が出来たことで中途半端なものになるため,これは廃案とする。

文字装飾記法はこれがほぼ完成形か。

検討過程

3つ検討方針

実装自体は容易部類で,記法概ね固まっていたにもかかわらず文字装飾記法実装踏み切れなかった理由として意味論的な問題があり,これが思いのほか難題だった。実装方針3通り考えられる

  1. 完全に意味論的な記法にする
  2. 完全に装飾的な記法にする
  3. 意味論装飾重ね合わせた記法にする

記法趣旨からしても,軽量標記マークアップ言語特性を考えても,1つ目に無理があるのは明らかだ。対応する HTML<b><i><u><s> は,私が何度解説を読んでもややこし感じる代物だ。それを多くの人正しく理解して使うのは不可能だろう。そもそも「文字装飾記法」という分かりやすい説明体系捨てることになるが,代替案があるわけでもない。

かといって,2つ目ももったいない。要は <span>装体指定だけにするということだが,例えば,太字にはしたいが <b> にはしたくない場合打ち消し線引きたい<s> にはしたくない場合がどれだけあるのかと考えると,無難通り越して臆病過ぎる失う可接性アクセシビリティ応用可能性釣り合わない

最終的に採用することになった3つ目も,全く考えなかったわけではないが,柔軟性に欠け,前の2つの悪い所組み合わされる気もして,有力案にはなっていなかった。

タグ記法による書き分け

この膠着状態変えたのは,前日概念としてまとまったばかりのタグ記法だった。

これまで,デラングにおける HTML は,どうしてもデラング出来ない表現をしたい場合などの“抜け道”とか“救済措置”に近い位置付けで,積極的に使うことを想定していなかった。実際個人的にはほとんど使っておらず放置している不具合多い部分だった。

デラングタグ記法として間接的に HTML使うことで,略記法導入可能になり,HTML 側の仕様変更に対しても一定の緩衝帯設けることが出来る。ここに来て初めて文字装飾記法でも「書き分け」が考えられるようになった文字装飾記法対応しうるのが全て1文字要素だったことも幸いした

昨日寝る直前に,##太字的な表現##<{font-weight:bold}>太字</> のように書き分けるよりも,##太字##<b>太字的な表現</b> のように書き分ける方がマシであることに気付いて,1つ目の実装方針完全に潰せた

これにより一時的に2つ目の実装方針再浮上したが,標準的に使う記法として標準的な用途最適化不足なのはやはり否めなかった

決着

最終的に,「文字装飾を伴う慣用表現」という用者自然に理解出来る範囲での意味論的位置付け与え逸脱する用途ならタグ記法書き分けるのが使用頻度に対して最適だろうという結論に達した。3つ目の実装方針洗練させた格好になる。

例えば##太字## は「太字装体<b>」に対応する装体邪魔なら <b>太字的な表現</b>書けるし,意味邪魔なら <{font-weight:bold}>太字</>略記法検討段階のように書けるが,これらの場合稀少なのは明らかで,記述量上手く釣り合うワープロならともかく,軽量標記言語手書きしようという人にとって難しい使い分けではないだろう。

そもそも<b><i><u><s> は,古くからある視覚的要素HTML5慣用的な用途引き継いで意味論化されたものなので,「文字装飾を伴う慣用表現」と非常に相性が良い相互変換にも全く問題ない

何より,直感的に入力すれば構造的に出力されるというデラングの理想適っている

文字サイズ記法色記法廃案

文字装飾記法を「文字装飾を伴う慣用表現」と位置付けたことで,慣用表現を持たない文字サイズ記法色記法仲間外れになるが,タグ記法によって出る幕がなくなった感があるので,ここで廃案にすることとした。

第一に,タグ記法略記法整備した方が一貫性応用可能性高い特定プロパティ省略出来るようにし,<{white}>白い文字</> のように書ければ,%white%白い文字%% と書くのと記述量大差ない

もともとパラメーター必要とする記法異質感はあり,文字装飾記法統一感損うかという懸念はあったので丁度良かった

波及的検討

波及的に,いくつかこまごまとした検討進んだ

組み合わせは「」ではなく「入れ子」へ

これまで,複数文字装飾記法組み合わせ#/太字と斜体/# のように,「記号を1つずつ逆さにした終了記号挟む」といったややこしい説明考えていたが,##//太字と斜体//## のような「入れ子」を #/太字と斜体/#短縮出来るという考え方にした方が分かりやすいため改めることにした。

タグ記法発展

今回検討で,タグ記法早くも実践的な役割を持つことになり,デラングにおける存在感一気に増した

タグ記法HTML仕様変更対する緩衝的役割を持たせること,要素名省略<span> にすることを考え始めた

{デライト開発}{第四次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{希哲15年5月の月記}{希哲15年6月上旬}{希哲15年5月27日}{運良く}{休めた}{特別な日}{新生デライト宣言}...=}(25)

{希哲15年5月26日の日記 K#F85E/E74C-47BC}

特別な日でもあったため休日にした。丸一日,完全に肩の力を抜いて休めたのは久しぶりな気がする。

一昨日昨日運良くまとめて雑用片付けることが出来たので,来月中のデライト収益目標達成に向けての丁度良い息継ぎになった。

明日からは,とりあえず月内新生デライト宣言を目指して開発集中し,遅くとも来月上旬中には第四次宣伝攻勢開始,収益目標達成に決着をつけたい。

=}
{一日一文}{希哲館}{希哲元年}{希哲館訳語}{紀年法}{紀元}{希哲紀元}{元号}{西暦}{希哲8年}...=}(77)

{希哲紀元とは何か K#F85E/E74C-DC33}

私はよく「希哲〜年」と書いている。例えば今年2021年なら希哲15年となる。これは「希哲紀元」という希哲館独自の紀年法だ。希哲館事業発足2007年希哲元年とし,そこから希哲2年希哲3年と数えていく。

この希哲紀元を私的に使い始めたのが希哲8(2014)年頃だから,もう7年ほど経つ。


希哲館訳語からも分かる通り,希哲館では日本語最重要視している。日本語の力を活かして知識産業革命を成し遂げ,日本語を世界中に広めたいと思っている。

ところがここで一つの問題があった。日本語で使える普遍的かつ合理的紀年法が無かったのだ。

我々日本人元号に慣れているし,愛着を持つ人も多いだろうが,元号はあくまでも天皇権威由来するものであり,外国人に押し付けられるものではない。紀年法としての分かりやすさ犠牲にする代わりに時代感共有しやすいなどと言われるが,それも国内の問題に過ぎない。

それでも日本人は元号を使うんだ,と言えるほど元号にこだわりがあるのかと言えば,実態はそうでもない。西暦も当たり前のように使われており,面倒だから西暦だけにしてくれという人もまた多い。ではその西暦に問題が無いのかと言えば,キリスト教価値観に基く紀年法が中立なわけはない。

キリスト教徒の少ない日本で,元号を捨てて西暦だけを使うようになった日本人というのも奇妙だろう。かといって,元号のみを使うのも皇紀を使うのも現実的ではない。併用している現状が良いのかと言うと,やはり面倒なことが多々ある。

残念ながら,日本語現状として,気持ち良く使える紀年法は無い。この気持ち悪さに自分なりに決着を付けたかった。希哲紀元を使い始めた動機はそんなところだ。


希哲紀元を初めて見た人はぎょっとするだろうが,実は,一つ一つの理屈単純明快だ。馬鹿正直過ぎるくらいかもしれない。

希哲紀元が希哲館事業発足の年を元年とするのは,希哲館にとってそれ以上に独立性を示せる出来事が無いからだ。宗教や特定の文化に依存することを極力避け,どこかに始点を置かなければならない以上,希哲館は希哲館の始まりを元年とするほかない。まあ,「苦節云年」を難しく言ったものだと思ってもらってもいい。

希哲紀元には,文化的独立性を保つという意義に加え,これまでの紀年法の欠点克服しようという試みもある。

希哲紀元は元号風だがあくまでも「紀元」なので,西暦と同じように改元は無い。ただ,「希哲」には元号同様,新時代への思いが込められている。それは今後数十年ではなく,半永久的に続く時代の名前だ。

さらに,希哲紀元には元年の前に「零年」がある。その前が「前1年」だ。つまり,歴史上の全ての年を整数として扱うことが出来,計算しやすい。これは西暦にない利点だ。


元号にも西暦にも使用義務は無く,あくまでも文化の一つとして任意で使うものだ。当然ながら,希哲紀元も私個人や希哲館の内部で使っているもので,無理に使わせたいということもない。これが本当に合理的なものなら,自然に広まっていくだろう。

ただ一つ,希哲紀元を使い始めてから年月日を書くのが楽しくてしょうがない。

=}
{デライト}{希哲館事業}{新生デライト}{デライト開発}{『希哲日記』}{利素}{希哲15年3月29日8歩}{寝食を忘れる}{極めて重要}{調整期間}...=}(101)

{希哲15年3月28日の日記 K#F85E/E74C-5782}

意を決し,この日から4月10日までの短期集中生活に入ることにした。デライト収益目標達成必達期限11月1日としていたが,努力期限としていた5月1日を必達期限に置き換える。つまり,この一ヶ月決着を付ける覚悟をしたということだ。

4月最後の12週間ラストスパート的な短期集中生活に入る可能性想定していたが,入らなくて済む可能性も残していた。あくまでも努力期限として,収益目標未達になることも無論想定していた。失敗出来ない状況になれば短期集中生活に入ることは避けられず,どうせ入るなら早い方が良い。新生デライトをある程度形にしておきたい4月上旬まで,偶然にもこの日からちょうど14日間だった。経験上,容易生活律動矯正出来る限度だ。連日興奮気味でどの道まともに眠れそうにないということもあった。

このごろ,デライト希哲館事業全体に累新ルネサンスをもたらしているように感じる初心に返ってみることが多くなったり,長年死蔵していた物事が続々と息を吹き返している。デライトが心臓となって事業全体に再び血が巡ってきたようだ。

デライトの成功焦点を絞り,あらゆる利素をデライトに注ぎ込んだ成果と言えるだろう。このデライト集約によって立ち塞がっていた突破することが出来たのは間違いないが,ずっとこのままというわけにもいかない。デライト開発快調に進むにつれゆとりが出来,視界が広がってくると,今度はその視野の狭さ足枷になってくる。

と言っても,このことにはっきり気付いたのはついさっきのことで,そのきっかけはつい前日,希哲館本館構想急速具体化してきたことだった。あえて目隠しをしていたようなものとはいえ,希哲館事業全体に対する視野を失っていたことの意味に気付かされた。

希哲館事業の成功デライトの成功は必ずしも一致しない。デライトの成功が確実になる代わりに希哲館事業の成功が皆無になる道と,デライトの成功が危うくなる代わりに希哲館事業の成功が雀の涙ほどありうる道があれば,迷わず後者を選ばなければならないのが希哲館執務長という立場だ。私はデライト開発者である遥か以前に,執務長として希哲館事業の成功に責任を負っている。

そう考えれば,今の歩みは明らかに遅過ぎる5月1日までの収益目標達成に失敗すれば多少の調整期間を挟む必要があり,6月7月とずれ込んでいく可能性が高い。それでも必達期限は11月1日なのだからまだまだ余裕がある。それに失敗しても生活に困るわけでもなく,デライトは細々と運営していける。何年か後に成功していれば世間的には大成功で,それはまず確実なのだから焦る必要は全く無い。心のどこかにそんな気持ちがあったことは否めない。希哲館執務長ではなくデライト開発者になっていたからだ。

デライト極めて重要希哲館事業一環ではあるが,所詮は一環だ。デライトの成功は,希哲館事業の成功爪先にも及ばない。その後にやらなければならない仕事デライト開発の何百倍とある。デライト収益目標達成ごときにてこずっているわけにはいかない。

最近,日々の展開のあまりの速さに目が回るなどとよく書いていたが,これも今思えば情けない泣き言だ。実際,昨日大きな心境の変化があったかと思えば,今日また新しい心境が開けるのだから,頭の中洪水のようだ。前日の考えをまとめるだけで半日かかっている。宇宙飛行士訓練ではないが,これは慣れるべきことなのだろう。むしろ,毎日加速を続けなければ寿命千年あっても希哲館事業の成功を見ることは出来そうにない。

来月10日までは寝食を忘れてでも頭が働く限り開発に専念し,誰に見せても恥ずかしくない新生デライト5月1日までの収益目標達成を確実にする。11月1日には希哲館仮本館が出来ているくらいの勢い加速し続けたい。

29日振り返り日記

{新生デライト}{デライト開発}{『希哲日記』}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{使い果した}{希哲15年4月中旬}{思いも寄らない}{目が回る}{希哲15年3月19日}...=}(61)

{希哲15年3月19日の日記 K#F85E/E74C-7CAC}

ここ数日,目が回るような思考変化神経悲鳴をあげているのが分かる。たまに車酔いしたような気分になる。今日は久しぶりにから活動を始めることが出来たが,この調子なので残りの半休にして少し心身休めた。

雑務を片付けていると思いも寄らない形で組計見通しが良くなり,4月中旬まではこのままデライト開発没頭出来る可能性が高くなった。

5月1日までの収益目標達成睨むなら,いずれにせよその頃には決定的手応えを得る必要がある。4月中に売上確実視させるだけで事実上の収益目標達成であり,出来なかったとしても立て直し容易い

より高い完成度新生デライト目指す第三次市場戦略では,品質向上にかける開発時間をどれだけ確保出来るかがであり,思いがけずその鍵を拾ってしまったことになる。第二次市場戦略からの転換結果的大正解となった。

最近よく感じていたことだが,「ウェブ黄金時代」とでもいうべきこの時代最適技術構想,そして潤沢開発時間を有していることほど柔品開発者としての幸運はない。これを無駄にしたら罰が当たりそうだ。

流石にこんな悪運使い果した気がするので,この一ヶ月で何としてでも決着を付けたい。

=}
{デライト開発}{開発}{『希哲日記』}{デライト高速化}{戦えそう}{希哲15年3月20日}{希哲15年5月1日}{希哲15年3月15日}{Dex}{デラング整備}...=}(37)

{希哲15年3月15日の日記 K#F85E/E74C-81D8}

今日も半休にし,今後の計画を見直したり,普段なかなか出来ない作業環境整備雑多考え事をしながらのんびり過ごした。思っていたより気楽に過ごせたのは気持ちゆとりが出来ていたからか。

今月も半分まで来たが,デライト開発は例によって凸凹で,想定より進んでいない部分,想定をはるかに越えて進んでいる部分がある。総合的には快調と言っていいだろう。

特に,直感で始めた Dex によるデラング整備文書整備にも高速化にもつながっているのは予想しなかった展開だ。

とりあえず20日まではこのまま開発没頭して,20日時点の様子次第で月内に収益目標達成決着を付けるか,5月1日まで努力期限を延ばすか決めることにした。延ばしてもまだ半年早い。

週はまたいでしまったが,昨日の半休と合わせて先週分の休養も取れ,作業環境綺麗になり気分一新出来た。明日からまた元気戦えそうだ。

=}
{新生デライト}{第三次宣伝攻勢}{『希哲日記』}{興奮気味}{希哲15年3月4日}{デライト収益目標達成}{希哲15年3月}{短期集中生活}{組計}{生活律動}...=}(23)

{希哲15年3月4日の日記 K#F85E/E74C-D61B}

想定よりも3月組計はずっと自由度が高くなり,月内のデライト収益目標達成に向けて十分な時間確保出来そうだ。

これが成れば知識産業革命の小さな始まりとなるが,かつてない現実感にいつにも増して興奮気味の一日だった。

とりあえず,上旬新生デライト第三次宣伝攻勢開始出来るかどうかをみて,その様子次第では短期集中生活に入って決着をつける。

それまではある程度生活律動を保っておきたいため,今日は半休にしてあえて開発作業抑制した。

=}
{デライト}{進捗記録}{通注}{最初期実装}{希哲15年3月4日の進捗時限}{希哲15年3月4日の進捗}{希哲15年3月4日}{デライト文書構造最適化}{描き直す?}{描き直しボタン}...=}(55)

{希哲15年3月4日5歩 K#F85E/E74C-2402}

デライト文書構造最適化中景部微調整

途中で終了。

統一感の無かった描出ボタン描き出しボタン描き直しボタン)と通注表現調整

ラベルには「描き直す?」と表示しておき,押すと「描き直す」に変わっていた描き直しボタンを「描き直す」と「完了」の組み合わせ修正。これに合わせ通注も「〜で編集」から「〜で描き直す」,「〜で保存」から「〜で完了」という表現統一

新規描出フォームでは描き出しボタンに合わせ通注の「〜で保存」を「〜で描き出す」に統一。

通注最初期実装から分かりやすさ重視し「編集」と「保存」の表現を使っていたが,その後,描出ボタン実装するにあたってボタンのラベルには「描き出す」,「描き直す」を使い,通注の方を放置していたことでこうした不統一が生じていた。

いずれにせよ描き出し描き直しデライトのごく基本的用語なので必ず理解してもらう必要があり,Twitter における「ツイート」同様ブランディング一環でもあるため,常に表示されているボタンには使わざるをえない(ここで使わなくて済むならそもそも特別な用語自体必要ない)。

ここで「編集」や「保存」などの用語が混在していることは好ましくないとは感じていたが,微妙に使い分けたいこともあり難しいところだった。

描き出しはともかく,描き直し編集欄を開く操作保存する操作があるため,これのために「」を使うという苦肉の策を取ったりしていた。後者のために「保存」を残すかとも考えたが,「完了」が一番自然であることに気付き決着

ちょっとしたことのようで大分すっきりしたように感じる。

=}
{決着}

{}