{外部アンテナ付き}{SLFS 初の無線 LAN 化}{二大要因}{長時間使用}{Linux ドライバ}{故障時}{SoftBank 光}{無線 LAN 中継機}{買ってもいい}{惜しくない}...=}(122)

{希哲15年10月14日の日記 K#F85E/A-E74C-75AA}

最近,希哲荘環境整えるのが秘密基地作りのようで妙に楽しく,興奮でまた睡眠不安定になってきている。


SLFS 初の無線 LAN 化で一応接続は出来るようになったが,無線 LAN 子機動作不安定だったため,調整兼ねて主力機USB 配線整理をした。基本的な配線決めておいた非常に見通しが良くなった

もともと USB ポート当たり外れが大きい上にいつも適当に抜き差ししていたので相性による不具合が起きがちで,清掃後復元面倒だった。そろそろ作業場清掃もしたい時期だったので丁度良かった


体感的十分な速度も出て,この USB 配線整理子機動作安定したため,ここでネット環境整備一段落とすることにした。あとは微調整程度でいいだろう。

やはり設置場所正解だったらしく,家庭用路定機Speed Wi-Fi HOME 5G L11管板コンパネ初めて100Mbps以上出ていることを観測した。速度が出やすい 4G+ を拾っていたようだが,同じ 4G+ でも以前の設置場所では最高70Mbps程度だった。低い時でも30Mbps台で安定している。以前は数Mbpsあたりでうろうろしていることも多かった

希哲荘では通常 4Gau,たまに 4G+5G を拾うという状況だが,この感じだと,本格的な 5G を待たずとも 4G+NR 化あたりで通信品質改善してくれれば十分だ。

安定性にはまだ課題があるものの,以前の光回線SoftBank 光と比べても体感速度遜色ない,どころか,むしろ速い気がすることさえある。速度計測もほとんどしたことがなく,契約していた回線なので詳細もよく知らないが,感覚的には100Mbpsも出ていたか怪しい

光回線有線 LAN から諸場モバイル通信無線 LAN への移行でどの程度通信品質維持出来るか半信半疑だったが,期待大きく越えてくれた。作業場すっきりし,清掃手入れしやすくなった。

あと気になるのは無線 LAN 子機寿命くらいだ。経験上,この手の機器寿命が短い今回の製品は特に小型だが,Linux では大小問わずよく壊したLinux ドライバ問題連日長時間使用のせいもあっただろうが,これと設定面倒臭さLinux無線 LAN敬遠するようになった二大要因だった。

ただ,ここまで費用対効果が高ければ,壊れたら壊れたで,買い替えもあまり惜しくない安定性改善しなければ,もう少し高いアンテナ付きのものか中継機買ってもいいかもしれない。いずれにせよ,故障時のことを考えれば予備欲しい

15日振り返り日記

=}
{希哲15年10月14日の整清}{USB 配線整理}{綺麗にまとまった}{動作不良}{USB 3.0 ポート}{1つ}{中段}{入力装置}{2つ}{挿し替える}...=}(48)

{希哲15年10月14日5歩 K#F85E/A-E74C-884A}

主力機USB 機器整理

以下のような配置綺麗にまとまったため,いったん終了。これまで特に配置を決めず,適当にしていたので清掃後復元面倒だった。今後はこれを叩き台調整していく。

=}
{自動ページ展開機能}{希哲15年7月29日の日記}{一応の解決}{舞覧手定め環境}{LambdaTest}{正式採用}{描きかけ}{希哲15年7月29日}{輪郭選り手}{無限スクロール機能}...=}(37)

{希哲15年7月29日の開発 K#F85E/A-E74C-3FD4}

主に輪郭選り手抜控機能整備Aejs 整備も多少進んだ。

まだ荒削りながら,とりあえず描き直しでも描きかけ描写復元出来るようになった。

先日の違了処理整備と併せて,違了誤遷移出与え消失が生じやすいというデライトの課題一応の解決をみて,信頼性大きく向上した。


抜控機能によって自動ページ展開機能無限スクロール機能単純化にもなりそうなことに気付いた。

新規描出フォームをどう見せるかが課題だったが,複数窓で同一画面に同期された新規描出フォームが表示されることに慣れてみると,同一ページにあっても不自然ではないと思える。とりあえず,単純に10輪毎に表示するだけの実装でも良さそうだ。


舞覧手定め環境整備一環として,LambdaTest正式採用決定した。

{新生デライトの要件}{希哲15年7月22日の開発}{作業が捗る}{部分更新}{細かく制御}{駒手一発}{最適な窓構成}{適当な名前}{機が熟した}{上げておきたい}...=}(50)

{希哲15年7月22日10歩 K#F85E/A-E74C-D90E}

進捗時限記録中略

開発環境整備

作りかけ使っていなかった kn scr仮想画面単位での窓構成保存復元に使えるようにしていったん終了

画面番号適当な名前を付けて作業最適な窓構成駒手一発展開出来るようになった。各 xterm 用の screenrc用意し,シェル状態細かく制御出来るようになった。

これまでは主力機起動しっぱなしにしておくことが多く,窓構成模索していたためいちいち手作業調整していた。

最近,デライト開発最適窓構成が掴めてきたことと,外出が多い上に今年の夏に少し危険性感じること,そして昨日までに新生デライトの要件まとま作業効率可能な限り上げておきたかったことで機が熟した

これで臨時調整再起動部分更新などがずっとしやすくなり,作業が捗るだろう。

{希哲15年7月18日の日記}{一日の最後}{信頼性向上}{抜控強化}{抜控機能}{ページ遷移}{誤遷移}{デライト前縁整備}{Aejs 整備}{@sto 実装}...=}(48)

{希哲15年7月18日の開発 K#F85E/A-E74C-5689}

デライト前縁整備Aejs 整備@sto 実装

Web Storage API活用するために @sto を概ね実装した。

昨日までの違了処理整備で,描出失敗時の無駄ページ遷移を概ね抑制出来るようになったが,輪結クリックなどによる「誤遷移」で書きかけ内容消えてしまう問題が残っていた。開きっぱなしの新規描出フォームはともかく,開閉式再描出フォームは「戻る」ではまず復元されない。

ここで,以前から考えていたlocalStorage を使った抜控機能実装してしまいたい。

抜控強化による信頼性向上はもちろん,ページ移動しながらの編集可能になるなど用合い上の改良にもつながる。


デラング前縁換配したい場合にどうするか考えていたが,ここで wasm が使えそうなことにも気付いた

これを仮に「wasm-Dex」と呼んでおくことにした。


一日の最後知番付け選り手に関する閃き。後日まとめる。

{こまめな出振るい}{希哲15年7月16日}{Cμ 総点検}{Cμ 基礎改良}{希哲15年5月2日5歩}{違了処理整備}{デライト高速化}{引き入れ}{出振るい}{譜類}...=}(41)

{希哲15年7月16日の開発 K#F85E/A-E74C-EC4A}

Cμ 基礎改良Cμ 総点検で余計な譜類などを軽く整理したあと,後回しにしてきた違了処理整備に入り,Aejs調整をざっとしておいた。

5月2日5歩でも言及しているが,これまでのデライト違了処理最低限のことしかしておらず,捌き手プロセスが落ちている時などに描き出しすると普通に違了ページ移動してしまう。気の効いたブラウザなら「戻る」で復元されるだろうが,心証はよくない。また,引き入れ権限の問題で出来なくても何も表示されないため,初心者混乱させやすいなどの問題があった。

最近のデライト速度安定性ともに理想に近い状態にあるが,そのせいでかえって出振るいなどの作業躊躇するようになってしまっていた。デライト高速化でこれからこまめな出振るいが増えそうなので,ここで片付けておきたい。

{復元}
{}