{なおかつ}{制御しやすい}{握接出来る}{選り手を開く}{操作手順}{複製輪郭}{ボタンを押す}{ずっと考えていた}{視認出来る}{スクロール完了}...=}(116)

{希哲16年5月18日の開発 K#F85E/A-E74C-2BA8}

長い間課題だった描写拡縮ボタン輪郭複製機能について大きな進展があった。

描写拡縮ボタン

昨日の開発最大化アイコン出来たことをきっかけに,描写拡縮ボタン実装イメージ固まり,実装手定めまで概ね完了した想像以上に早く上手くまとまった下見機能との相性も良い。ただし輪郭選り手抜控機能整備途中であるため未出振るい

描写拡縮機能的には単純だが,用合い特に領当て難しかった最近描写部下境界重ねる形での実装考えていたが,描写部飛び出す他の要素干渉してしまう。かといって余白無駄に広げたくない。これは,下部陰影重ねつつ,初期化時点スクロール可能な場合は下余白追加することで解決した文字暗い背景色重なっても視認出来るように,半透明白背景付けた

拡大ボタンスクロール可能であることの目印としても効果的なので,これを活かしてスクロール完了時には透明度を上げ,それと分かるようにした。

これで,外観操作感ともにデライト調和した描写拡縮ボタン出来た描写部高さ固定一覧性確保するために必要なものだったが,用合い上弊害小さくなかった陰影付きスクロール最大化アイコン,そして描写拡縮ボタンによって,ようやくこの問題解決した

輪郭複製機能

輪郭複製機能課題としてずっと考えていたが,用合い上難しさがあった。

ボタンを押すことで複製輪郭出来る,というのは使用頻度考える誤操作懸念の方が大きい。となると,目立たないように置くしかない。かといって,操作手順増えると,選り手を開いて写し貼りするのと大差ない

簡単に握接出来て,なおかつ制御しやすい用合い必要だった。ここで,「知名描写複製して新規描出フォーム移動するボタン」があればいいことに気付いた。これなら,自輪郭常に表示しておいてもいいだろう。

輪郭選り手では×ボタンがある位置置けそうだ。

{希哲16年5月17日の開発}{希哲16年5月17日の進捗}{新しい目印}{変わらなくなった}{目立たなくなる}{動的に}{効果は大きい}{発見しやすくなる}{機能の違い}{自然に学べる}...=}(89)

{希哲16年5月17日14歩 K#F85E/A-E74C-776A}

中景輪符改良

輪郭ページ知名選り手以外の知番輪結最大化アイコン追加していったん終了小さい変化だが効果は大きいだろう。

中景輪符知名輪結知番輪結役割動かしようがない旧デルン実装では,知名輪結輪郭ページび,再検索用に ?輪結置いていたが,再検索多用するので直感的な方がいい。輪符における知名知番役割から考えても単純性保ちつつ整合性を取るとこの形になってしまう。問題点として,初心者にはそれぞれの役割分かりにくかった

他方高さ固定解除する方法分かりにくいという問題もあった。最近最大化アイコン使った輪結をどこかに置くことを考えていたが,知番輪結同じ機能を別の輪結持たせる混乱を招く結局知番輪結固定輪結であり特定の輪郭注目する機能兼ねている,ということを自然に学べる用合い望ましい。ということで知番輪結一部であることが分かるようにした。

これによって,知番輪結機能分かりやすくなり,知名輪結との機能の違い発見しやすくなるだろう。

最近の一日一文で,読者高さ固定解除する方法気付きにくいという問題尚更気になっていた動的に解除する手段考えているが,これはこれで先々でも使えるだろう。

第零番節の省略自我知番の省略可能になることで知番目立たなくなるが,これで丁度良い感じになりそうだ。3月31日の開発輪郭ページ前後景検索ページ外観変わらなくなったため,新しい目印としても丁度良い

=}
{用者}{進捗記録}{認識しやすい}{兼ねている}{おまけに}{多々ある}{二段階方式}{下見ボタン}{確認ボタン}{最有力案}...=}(90)

{希哲16年1月23日1歩 K#F85E/A-E74C-27DA}

換配確認機能」についての再検討終了。なお,この検討から「下見プレビュー機能」に改称した。

下見機能は,輪郭選り手左下下見ボタンを置く形でほぼ確定か。


デラング整備進展とともに重要性増している下見機能だが,用合いをどうするかについてはまだ少し迷いがあった。

一応最有力案は,輪郭選り手左下に「確認ボタン」を置くというものだった。左上公開設定機能右上取り消しボタン使いたいので,左下置くのが自然ではある。

完了ボタン並べるという捨て切れなかったが,押し間違い多発しそうで用合いとしては難がある

今朝ふと,確認ボタンから描き出し完了ボタンへの二段階方式浮上してきた。つまり,必ず換配確認をしてから描き出し描き直しを行うことになる。

二段階方式利点には用合い単純化初心者にとっての流れ分かりやすさおまけに捌き手負荷軽減見込めるが,使い慣れた用者にとっては煩雑になり過ぎる懸念があり,採用見送った

ある程度複雑なデラング記法使う場合など換配確認をしたいこともなくはないが,確認するまでもない描き直し多々ある。また,公開設定機能導入によって気軽に描き出し描き直しが出来るようになると,役割重複してしまう。

一つ,輪郭削除確認機能を兼ねられるかとも思ったが,そもそも知名描写にして削除というのが確認作業兼ねているためこれもやはり煩わしい

やはり,換配確認選択的機能にしておくべきだろう。

これまで,完了ボタンに近い位置に置くことも考えていたため,描出流れの中で分かりやすいように「確認ボタン」「換配確認機能」などと「確認」をプレビュー日本語表現として採用していたが,ある程度独立した機能として認識しやすいように今後は「下見」とすることにした。

=}
{進捗記録}{Markdown}{部区}{希哲16年1月18日の開発}{希哲16年1月18日12歩}{行内埋め込み}{行内埋め込み記法}{書き分けられる}{視覚的な}{導入予定}...=}(161)

{希哲16年1月18日8歩 K#F85E/A-E74C-91F1}

進捗時限記録中略

埋め込み記法渡括記法)の応付子オプションなどについての検討終了

概ね方針が固まってきた

引数風の応付子

これまで埋め込み記法には,埋め込み方細かく指定するような機能がなく,例えば画像埋め込みでも表示サイズ水平方向寄せ方指定出来なかった。この問題当然当初から認識していたが,どうしてもごちゃごちゃしがちな部分なので,直感的美しい記法練るのに時間がかかった差し当たり欲しいのは画像埋め込み表示サイズ寄せ方指定出来る機能だが,他の埋め込み対象でも使える汎用的な枠組み整えておきたい

そこで,[寄せ方指定スペース]+([応付])[埋め込み対象]形式採用することにした。例えば,添付譜類PNG 画像100x100埋め込みたい場合,+(100x100)png書けるようにする。

丸括弧内は,函数引数風にコンマ区切りで,埋め込み対象毎に使える応付子設定する。引数名指定出来るように a=xa:x受け取ってもいいが,柔軟性必要なのであえて必須にはしない。スペースを含む文字列扱いたい場合考えられなくはないのでとりあえずコンマ区切りにしておくが,各引数扱い駒手欄感覚近い

他のとして,+100x100 png+100x100,png のように全てを引数的に扱うことも考えたが,あくまでも埋め込み対象とする応付役割まとまり一番分かりやすいという点で丸括弧採用する。また,埋め込み対象URL など長い文字列になることも多いため,応付+直後置く。あるいは,末尾に置く書き分けられるようにする。

水平方向寄せ方

水平方向寄せ方は,表組み記法採用予定スペースを使う方法応用することにした。以下のように,+ 前のスペース無しは無指定4つ未満は左寄せ4つ以上で中央寄せ6つ以上で右寄せとする予定

+png            <!-- 無指定 -->
  +png          <!-- 左寄せ -->
    +png        <!-- 中央寄せ -->
      +png      <!-- 右寄せ -->

直感性でいえば矢印のような記号導入することも考えられる。となるとまず <>使うことになるが,すでに多用しているため無闇役割広げる記号意味稀薄化しかねない。そうでなければ leftcenterright のようなキーワード導入するくらいしかないだろう。いずれにせよ,見た目的にもあまり美しくない

当初,以下のようにスペースの数表組み記法合わせようとした2つ中央寄せ3つ右寄せが,いくつか問題がある。

+png         <!-- 無指定 -->
 +png        <!-- 左寄せ -->
  +png       <!-- 中央寄せ -->
   +png      <!-- 右寄せ -->

まず,表組みにおけるセル内での編集に比べそこまで編集効率問題にならないためここまで短くする必要もなく,比較的長くなる後続文字列に対して目立ちにく過ぎる単純にスペース2つ中央寄せ3つ右寄せ表現には見えない

さらに致命的な問題は,いくつかの他記法との整合性だ。導入予定字下げ記法では,行頭全角スペース使う。あまり好き記法ではないが,Markdown4つの半角スペースを使う交度記法互換性のため導入する可能性がある。これらの記法混ぜ書いた場合,視覚的な整合性が取れない。

そこで,行頭に使う寄せ方指定スペース表組み記法とすることにした。交度記法にも使われる4つの半角スペース右寄せ一致するよりは中央寄せに一致した方が違和感がずっと小さい

行内埋め込み記法

おまけに,行内埋め込み記法についても少し考えた

これまで埋め込み記法部区として扱うことを主に考えてきたが,やはり行内埋め込み必要だろう。まだ草案段階だが,例えば以下のようにして画像回り込む段落が作れると便利だ。

++png++ 左上の画像に回り込む段落。
=}
{置く}

{}