{完成の域に達した}{表記的}{写し取りたい}{共有目的}{貼り付けたい}{外部媒体}{適当な時期}{整理中}{省略された}{写し取り時}...=}(145)

{希哲16年6月17日の開発 K#F85E/E74C-9EA6}

自我知番省略機能実装終え第二次知番改良完了とした20歩ここでやっておこう思ったのも,途中で第零番節の削除転換したのもあまりにだったが,その割には終始円滑にり,収穫想定はるかに越えて多大だった。全体として大成功言っていいだろう。

第二次知番改良経て知番表記的にも内部的にも完成の域に達した。あとは仕様実装微調整繰り返していく

まず,当初の目的だった知番の簡略化言うまでもなく大きいこれまで一般のデライト用者最短でも K#9-XXXX/A-YYYY という15文字知番輪郭扱う必要があった。それが第零番節の削除によって11文字K#XXXX/YYYY になり,自我知番の省略によって7文字K#/YYYY になった。知番表記仕様に関しては理想的な形だ。

第零番節の省略」から「第零番節の削除」に転換したことで,知番周りの交度出場整理劇的に進んだ。これにより,効率性保守性大幅に向上したのはもちろん,「新括体採番法の完成」という思わぬ収穫繋がった未実装だった自動知番拡張もここで実装出来た今のところ第二番節しか使っていない状況だが,そろそろ必要かという丁度良い時期だった。

波及効果想定以上に大きかった出場見通しの悪さなどが障害になっていた機能実装に関しては大幅な所要時間短縮見込めるようになった特に見通しが悪い課題だった KNEST 隠し出与え構造がこの期間固まり,一気に実装可能性高まった自我知番省略機能Dex との連携必要になったことで,他の記法でも活かせる出与え共有機構整った。これが無番輪符改良などにも繋がっている

将来的に長い知番増えた時のための「知番略記法」を中心とした第三次知番改良方針固まった。この長年の課題にも解決の見通しが立った。

一つ見送ったこともある。自我知番省略された知番写し取り時自我知番付け自輪郭描写欄などへの貼り付け時自我知番の省略をする4月8日の開発記録,というのは,やはり用合いとしては理想的盛り込みたかったが,今回見送った。このあたりの事象Aejs整理中なので,どうしても場当たり的交度になってしまう。他輪郭素出から写し取りたい時や,外部媒体厳密な知番貼り付けたいという時には便利だが,現時点必要としている人少ない共有目的なら共有ボタンがある。交度整理しながら適当な時期実装することにした。

{なおかつ}{制御しやすい}{握接出来る}{選り手を開く}{操作手順}{複製輪郭}{ボタンを押す}{ずっと考えていた}{視認出来る}{スクロール完了}...=}(116)

{希哲16年5月18日の開発 K#F85E/E74C-2BA8}

長い間課題だった描写拡縮ボタン輪郭複製機能について大きな進展があった。

描写拡縮ボタン

昨日の開発最大化アイコン出来たことをきっかけに,描写拡縮ボタン実装イメージ固まり,実装手定めまで概ね完了した想像以上に早く上手くまとまった下見機能との相性も良い。ただし輪郭選り手抜控機能整備途中であるため未出振るい

描写拡縮機能的には単純だが,用合い特に領当て難しかった最近描写部下境界重ねる形での実装考えていたが,描写部飛び出す他の要素干渉してしまう。かといって余白無駄に広げたくない。これは,下部陰影重ねつつ,初期化時点スクロール可能な場合は下余白追加することで解決した文字暗い背景色重なっても視認出来るように,半透明白背景付けた

拡大ボタンスクロール可能であることの目印としても効果的なので,これを活かしてスクロール完了時には透明度を上げ,それと分かるようにした。

これで,外観操作感ともにデライト調和した描写拡縮ボタン出来た描写部高さ固定一覧性確保するために必要なものだったが,用合い上弊害小さくなかった陰影付きスクロール最大化アイコン,そして描写拡縮ボタンによって,ようやくこの問題解決した

輪郭複製機能

輪郭複製機能課題としてずっと考えていたが,用合い上難しさがあった。

ボタンを押すことで複製輪郭出来る,というのは使用頻度考える誤操作懸念の方が大きい。となると,目立たないように置くしかない。かといって,操作手順増えると,選り手を開いて写し貼りするのと大差ない

簡単に握接出来て,なおかつ制御しやすい用合い必要だった。ここで,「知名描写複製して新規描出フォーム移動するボタン」があればいいことに気付いた。これなら,自輪郭常に表示しておいてもいいだろう。

輪郭選り手では×ボタンがある位置置けそうだ。

{希哲16年5月の一日一文}{囚われたくない}{狭苦しい}{よく使っている}{閉じた}{満たしたい}{知的探究心}{好きなだけ}{遠慮する}{他人に}...=}(96)

{デライトに“参加しにくさ”を感じている人へ K#F85E/E74C-E681}

デライト新規利用者増やすにはどうすればいいか,と考えてくれている利用者達もあまり触れないことに,私自身のアカウント問題がある。デライト普及にとって最大の障害か,といえば,あまりに癖の強い私の輪郭溢れかえっていること,というのが開発者として常に感じていることだ。自分が訪問者でも入りにくいな,と思う

実際最初の頃は,自分の輪郭目立たせないように,宣伝活動をした後しばらく描き出し避けるなんてことまでしていた。それはそれで使いこなし方分かりにくくなるので,あまり作為的なことはしないようになった。だから,初期利用者入ってきた時は,世の中には変わった人がいるものだな,としみじみ思ったものだ。そうは思いつつ,私も私で失礼気がして言いにくかった

利用者達が活発描き出ししてくれるようになったおかげで,だいぶ入りやすい雰囲気になったとは思う。それでも,客観的に見れば,まだ「変わった人達の集まり」なのかもしれないし,コミュニティとしてのデライトに“参加しにくさ”を感じている多いだろう。

デライトは,極力誰でも好きな時にて,好きなこと好きなだけ書けるように設計している。もちろん挨拶必要もないし,他人に遠慮する必要もない。個人情報どころか,名前すらいらない。私自身,狭苦しいクラスタ」だとか閉じたコミュニティ昔から嫌いだ。

あまり先入観持たず,まずは触ってみてほしい,というのが開発者としての願いではあるが,もしデライトコミュニティとしての特徴があるとすれば,自由に知的好奇心探究心満たしたい人達の集まりとは言えるかもしれない。「希哲フィロソフィー」という言葉よく使っているように,知的探究心以外のなにものにも囚われたくない人間にとって,機能的にもデライト最高の場所だ。


=}
{必要}

{}