{心地良い疲労感}{整理しておくべき}{怪しげ}{なりつつある}{大きな展望}{題して}{希哲館事業}{希哲16年5月14日}{希哲16年5月13日}{輪郭整備兼一日一文}...=}(63)

{希哲16年5月14日の日記 K#F85E/A-E74C-A07D}

{第三次宣伝攻勢}{第四次宣伝攻勢}{宣伝攻勢}{視野が広がる}{日常的な}{機が熟しつつある}{理解ある}{移った}{この時期}{疑問が生じた}...=}(104)

{希哲16年3月12日の日記 K#F85E/A-E74C-DD7D}

相変わらず開発快調で,大輪郭整備思い付いてから輪郭整備にほとんど時間を割けていない。もっとも,そろそろ頭の整理をしないと開発集中出来ない,というところで考えたのが大輪郭整備だったので,完了急ぐ必要無くなってしまった

大輪郭整備内容よりも,その構想によって脳爆発下での思考整理希望持てたこと,視野が広が思考全体最適化進んだことが良かったのだろう。

大輪郭整備については,15日までの完了目指すことにしていたが,時期こだわらず全体の釣り合いを見ながらじっくり進めていくことにした。


その代わり新しい目標出来た黄金週間睨んだ第四次宣伝攻勢だ。

昨年第三次宣伝攻勢でも,年度末年度始めデライト宣伝抑制し,黄金週間中心に宣伝攻勢をかけた。途中開発課題の方が大きくな自然に終息したものの,手応え非常に良かった

今年気付けばそんな時期だということに,3月入ってから気付いた2月28日の組計整理ではそんなことは考えず6月まで様子を見ることにしていたが,計ったように都合が良い

波状宣伝必要性疑問が生じたこともあり構想として宙ぶらりんになっていた第四次宣伝攻勢だったが,金風あたりから想定反してデライト高速化停滞したり,デラング整備重心移ったことで,日常的なデライト宣伝自然と抑制的になっていた。少数理解ある用者しかいないというのも,デラング整備にとっては非常に快適環境だった。

色々な偶然重なり,気付けば機が熟しつつあるやるならこの時期しかないだろう。思いついたのがだったので細かいこと考える時間が無かったが,黄金週間向けて調整していくことは決めた


14日振り返り日記

{Aejs 整備}{開発}{デラング}{開発記録}{選り手}{希哲15年7月18日の日記}{一日の最後}{信頼性向上}{抜控強化}{抜控機能}...=}(48)

{希哲15年7月18日の開発 K#F85E/A-E74C-5689}

デライト前縁整備Aejs 整備@sto 実装

Web Storage API活用するために @sto を概ね実装した。

昨日までの違了処理整備で,描出失敗時の無駄ページ遷移を概ね抑制出来るようになったが,輪結クリックなどによる「誤遷移」で書きかけ内容消えてしまう問題が残っていた。開きっぱなしの新規描出フォームはともかく,開閉式再描出フォームは「戻る」ではまず復元されない。

ここで,以前から考えていたlocalStorage を使った抜控機能実装してしまいたい。

抜控強化による信頼性向上はもちろん,ページ移動しながらの編集可能になるなど用合い上の改良にもつながる。


デラング前縁換配したい場合にどうするか考えていたが,ここで wasm が使えそうなことにも気付いた

これを仮に「wasm-Dex」と呼んでおくことにした。


一日の最後知番付け選り手に関する閃き。後日まとめる。

{抑制}

{}