{hr 要素}{作業項目}{デライト文書構造最適化}{共有ボタン}{中景輪符整理}{希哲15年3月1日}{不自然さ}{冗長さ}{仕様検討}{装体}=}(28)

{希哲15年3月1日の開発 K#F85E/A-E74C-94F4}

主にデライト文書構造最適化中景輪符整理

中景輪符整理一段落し,中景部装体調整領当て不自然さ冗長さが概ね解消した(15歩)。

まだ細部調整必要だが作業項目としてはいったん完了とし,細かいことは隙をみながらやっていく。


デラングhr 要素相当の記法導入した(17歩)。

見出し役割知名が果すため,描写には見出し未満の区切りを入れたいことが多かった。


その他,共有ボタン仕様検討2歩)など。


{表示回数}{右肩下がり}{希哲15年2月27日}{デライト文書構造最適化}{検索演心教育}{黄金循環}{希哲15年2月}{希哲14年11月10日の開発}{302 転送}{月庭・デライト転送}=}(35)

{希哲15年2月27日の開発 K#F85E/A-E74C-05BB}

デライト文書構造最適化引き入れ欄挙動調整など。

GSC で見る限り,月庭https://kitetu.com)の検索流入はほぼデライト移行したと見て良さそうだ。

昨年10月頃までゆるやかに右肩上がりを続けていた月庭検索パフォーマンスは,11月10日の開発で実施したデライトへの 302 転送からゆるやかな右肩下がり転換,今年に入ってからデライトも明確な上昇を始め,特に2月検索演心教育の強化も加わり暴騰状態にあった。これは黄金循環意識が高まった一因でもあった。

今月で表示回数クリック数ともにデライト月庭ピークを越え,入れ替わるように月庭の方はゼロに近付いている。

月庭・デライト転送が上手くいくかどうかは半信半疑だったが,細かい要因はともかく,全体として検索パフォーマンスが上がっていれば問題ない。

これで一つ心配事が消え,検索演心最適化に関してもデライトのことだけ考えていればよくなった。


{希哲15年2月27日の開発}{希哲15年2月27日の進捗時限}{希哲15年2月27日の進捗}{希哲15年2月27日}{デライト文書構造最適化}{中景輪符整理}{前後景部}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}=}(12)
{良い影響}{4歩}{希哲15年2月21日}{目のかゆみ}{デライト文書整備}{第三次宣伝攻勢}{主要文書}{不思議な気分}{『希哲日記』}{やりたいこと}=}(26)

{希哲15年2月21日の日記 K#F85E/A-E74C-DF4D}

やはり花粉症なのか,目のかゆみで気が滅入りかけたが,今日の開発もなんとか好調を保った。

しかし,やりたいことを挟み過ぎてデライト文書整備想定より少し遅れている。主要文書がこのままで第三次宣伝攻勢を始めることは考えにくいが,悠長に気が向くのを待っている時間もない。今月中にまとめられるように調整していく。

ここのところ風呂上がりおむつを履かせを着せて寝室に連れていくのが半分日課のようになりつつある。今日は4歩くらい歩けるようになったり,歯磨きの真似が出来るようになったり,姪も日々成長している。

不思議な気分だが,この体験が自分の心境良い影響を与えている気もする。


{時印更新}{希哲15年2月13日}{仕様検討}{知名編集}{不具合修正}{調整}{開発}{開発記録}=}(8)
{希哲15年2月14日の開発}{空輪郭}{希哲15年2月14日の進捗時限}{希哲15年2月14日の進捗}{希哲15年2月14日}{空欄削除}{打ち消し線}{輪郭線}{輪符}{輪結}=}(36)

{希哲15年2月14日2歩 K#F85E/A-E74C-979B}

輪郭削除に関しては空欄削除の方向で固まっているが,すでに出場側での対応は出来ており,細かい調整だけで実装可能な状況にあるため,作業方針を練る。

知番のみの輪郭にも利用価値はあるため,空欄削除はあくまでも用合い上の手続きとして,知名描写をもたない輪郭の存在は許容することにした。また,これを「空輪郭」と呼ぶことにした。

削除直後の表示についても概ね方針が出来た。

中景部輪郭線を細くし,輪符のみの形にし,知名には「削除済み」を表示して知番には打ち消し線,「削除済み」の右肩に疑問符を付けて使い方該当箇所への輪結にする。これで十分だろう。


=}
{自輪郭}{他輪郭}{希哲15年2月13日の開発}{時印更新}{時印更新ボタン}{目立ち過ぎる}{希哲15年2月13日の進捗時限}{希哲15年2月13日の進捗}{希哲15年2月13日}{読み取り専用}=}(51)

{希哲15年2月13日6歩 K#F85E/A-E74C-F2A8}

知名編集周りの不具合修正調整

いったん終了。

無名輪郭描写だけを編集保存した際,知名「あれ」が設定されてしまう問題他輪郭知名欄を開いても読み取り専用になっていない問題,輪結URI 符号化が出来ていなかった問題,その他表示上の調整を終えた。

全て実用上大きな問題ではないが,微妙違和感使いにくさを感じさせる要因ではあった。

他輪郭知名欄は開けても仕方ない気もするが,将来的に特殊記法を導入する可能性があり,写し取りしやすいという実用上利点も一応ある。

知名欄を開いて閉じるだけで更新されてしまう問題だけが気になるが,これは近いうちにやる同期見直しとまとめることにした。

ここでふと,時印更新用のボタン描き直しボタン表示させるようにすることを思いついた。

自輪郭更新日時の記号をボタンに変え,押すだけで時印更新出来るという方向検討していたが,想定される使用頻度の割に目立ち過ぎ誤操作誘発しかねないという問題があった。

描き直しボタン輪郭更新にかかわるウィジェットを全て表示するボタンと捉えれば,時印更新ボタン表示させる機能を兼ねさせるのも理に適っている。


=}
{希哲15年2月13日の開発}{希哲15年2月13日の進捗時限}{希哲15年2月13日の進捗}{希哲15年2月13日}{知名編集}{不具合修正}{進捗記録}{進捗時限記録}{進捗時限}{調整}=}(11)
{世界最大の金脈}{1円を稼ぐことの難しさ}{デライト収益目標達成}{収益目標達成}{希哲15年2月12日}{安定稼動}{デライト文書整備}{最適化}{不具合修正}{金脈}=}(51)

{希哲15年2月12日の日記 K#F85E/A-E74C-29FE}

このところ,デライト課題するする解決し,気付いてみれば理想に限りなく近い状態になっている。安定稼動を続けているのも大きく,あとは文書整備並行して最適化不具合修正,その他調整を積み重ねていけば良い段階に来ている。

デライト収益化」と呼んでいた目標も,文字通りに解釈すれば実はとっくに達成している。微々たるものではあるが,デライト金を稼ぐようにはなっている。黒字化というのも微妙に意味合いが異なるため,今後は「デライト収益目標達成」と表現することにした。

このあたりの表現にはあまり細かくこだわっていなかったが,最近,収益化,つまり1円でも稼ぐことと収益目標を達成することにはそれぞれ違う意義があると感じるようになった。

それは,金脈を見つける難しさ掘り出す難しさが違うことにも似ている。誰も見つけていない金脈を見つけることはその大きさ,埋蔵量に応じて難しい。これが俗に言う「1円を稼ぐことの難しさ」だ。

デライトはいわば世界最大の金脈であり,今はそこから少しずつが採れ始めた,というところだろう。しかも時間たっぷりある。この達成はすでに,とてつもなく大きい

そんなことを考えていたら感慨というより神妙な感じになってしまい,ここ最近麻痺したように無かった疲労感がどっと押し寄せてきた。

ちょうどいいので,予定していた作業中止し,昨日取れなかった半休にした。少し過熱気味だったを冷やせて良かった。


{領当て}{調整}=}(2)
{調整}{類義語}{ちょうせい}{調}{}
{}