{KNEST 隠し実装}{済ませておく}{訪れている}{最良の時期}{しっかり動いている}{洗練された}{把握出来た}{具体的に}{限りなく}{捌き手性能の限界}...=}(58)

{希哲15年9月14日の開発 K#F85E/A-E74C-AA5A}

開発環境整備出場調安deln.fcgi立求処理見直しなど。

握接集中対策必要性感じていたため,SLFS でも ab を使えるようにし,負荷をかけながらひたすら調安チューニングしていた。

一通り点検した結果現実装のまま設定を弄って性能改善するようなことはなかった。少し期待してしまったが,捌き手性能の限界限りなく近付いているようだ。

間抜け設定はしていないのが分かったことと,性能面の課題をより具体的に把握出来たこと,手定め環境洗練されたことが収穫だった。

そもそも,隠しがほとんど効いていない状態とこの捌き手性能でここまでしっかり動いていれば上出来か……と考えたところで,握接集中対策としての HTML 隠し早期実装思いつき,作業方針への迷いから中断していた KNEST 隠し実装再開最良の時期訪れていることに気付いた

まずは必要最低限HTML 隠しから着手し,現段階可能な限りKNEST 隠し実装済ませておくことにした。

{希哲15年9月8日の開発}{変えたくない}{検索向き}{下げている}{クロール効率}{SEE}{希哲15年9月8日の進捗時限}{希哲15年9月8日の進捗}{希哲15年9月8日}{輪郭小窓}...=}(36)

{希哲15年9月8日13歩 K#F85E/A-E74C-2741}

SEE 見直し終了

どうも描写内輪符輪結先輪郭の正規 URL ではなく後景検索になっているのがクロール効率をかなり下げている気がしてきた。canonical があるとはいえ,URL分散させているのは間違いない

この仕様は,輪郭ページよりも後景検索の方が検索向きになっていることから来ているが,輪郭小窓によってその必要がなくなるかもしれない。

すぐに修正してみてもいいかと思ったが,SEO効果測定時間がかかることもあり,あまりころころ変えたくない現時点では致命的問題でもない。もう少し観察してみることにした。

=}
{見直し}
{}