{心地良い疲労感}{整理しておくべき}{怪しげ}{なりつつある}{大きな展望}{題して}{希哲館事業}{希哲16年5月14日}{希哲16年5月13日}{輪郭整備兼一日一文}...=}(63)

{希哲16年5月14日の日記 K#F85E/A-E74C-A07D}

{進捗記録}{希哲16年2月18日の開発}{あれ}{文章の流れ}{左右矢印}{下矢印}{上矢印}{使うべきではない}{右矢印}{使われない}...=}(171)

{希哲16年2月18日13歩 K#F85E/A-E74C-E223}

進捗時限記録中略

前後記法」として検討していた記法を「前次記法」に改め仕様再検討して終了

<- 前 | 次 ->

<- 前
次 ->

<- 前のみ

次のみ ->

以上のように,<- 前 | 次 ->基本形とし,改行区切り<- 前次 -> のみでの記述可能にすることにした。


デルンにあった類似機能から,「時間(時印)的な前後関係」を表現する記法として「前後記法」と呼んでいたが,文書では新旧にかかわらず読ませたい順序指定出来る方が便利なので,より汎用的な前次記法」と位置付け直した

新旧表すのに「」や「」というのはよく考えるおかしいという意見もあり,私も何か良い代替表現はないかと考えていたが,慣用表現として定着しているのでこれは仕方ない前ページ次ページというように,左開きページめくっていく感覚なのだろう左開き右開き書字方向との相性問題なので,ウェブになることが多いのは一応合理的ではある)


前回の検討では,以下のように書いていた

前 <|> 後
前 <|
|> 後

これは他記法区別しやすく簡潔ではあるが,見本はともかく少し長い文字列が入ると記号埋もれがち直感的とも言い難い視認性考えると,行頭行末分かりやすい記号があってほしい。

また,<|>タグ記法使う予定</>紛らわしい|始まる長い文字列があると,初心者には表組み記法誤認される恐れもある。


他記法との区別しやすさ簡潔性直感性などを総合的に考慮した結果最も素直な記法であろう <- 前 | 次 ->落ち着きつつある

雑多な考慮点列挙しておく。

=}
{デラング}{進捗記録}{廃止}{前次記法}{パンくず記法}{自動取得機能}{取得する}{早い段階}{実行コスト}{表現する}...=}(58)

{希哲16年1月25日12歩 K#F85E/A-E74C-B0DB}

進捗時限記録中略

ふと思い付いて時間的な前後関係表現する前後記法」についてまとめた直感性既存記法との整合性考えると以下のような形になりそうだ。

前 <|> 後
前 <|
|> 後

デルンには早い段階自動的にこのような輪郭取得する機能があり,月庭では表示させていた時期もあった。前景輪時印組み合わせ絞り込む方法だったが,描き手意図反映しにくく実行コスト高かったので開発中無効化し,以来その時期の名残り交度だけが残っている状態だったDG_T::prv(), DG_T::nxt()dg_prv()dg_nxt() など)

パンくず記法同様,これもデラング解決すべき問題なのだろう。この方向問題なければ自動取得機能完全に廃止削除してもよさそうだ。また思わぬ収穫だった。

{表現する}

{}