{デラング}{ラテン文字}{進捗記録}{パンくず記法}{注意記法}{補足記法}{折り畳み記法}{感じさせてくれる}{歴史的な意義}{今となっては}...=}(166)

{希哲16年1月20日8歩 K#F85E/E74C-2FC4}

進捗時限記録中略

ひょんなことから予てから課題だった折り畳み記法急速にまとまった

折り畳み記法は,他の部区記法組み合わせ使える汎用的な記法として実装していくことにした。以下のように,部区開始行末^加えることで,その部区見出しなら階層下内容折り畳まれるようにする。厳密に言えば見出し階層下内容含む部区ではないが,例外的に扱う

・リストの折り畳み ^
  ・折り畳まれる項目

* 折り畳む見出し ^
折り畳まれる内容

+{埋め込みの折り畳み K#XXXX} ^

検討中,これがネタバレNSFW のような閲覧注意内容使えそうなことにも気付いた

きっかけからまとまるまで

補足記法・注意記法についての検討で,終了記号区切り線--)も使えるようにすることを考えた時,以下のように区切り線亜種として ^^ を使って折り畳めることをしてもいいのではないかと思い付いたことがきっかけだった。

?? 補足
補足内容
^^

この終了記号のように,他の部区にも統一的に応用出来る記法があれば何かと可能性が広がる。そこであれこれ検討してみると,部区終了記号だけでなく開始記号側にも分かりやすい目印欲しくなった。むしろそちらの方が自然場合多い

^対応する記号なら v考えられるが, などと異なり自然言語扱うデラングラテン文字導入しにくい日本語はともかく外国語問題が起きないとも限らない

何より下向きの三角形一般に展開されていることを表す記号なので,折り畳まれている記号として v開始記号添えるのは直感的ではない。となると,<>デラングではある程度活用方向性決まっているので,矢印的に使えそうASCII 記号^ しかない。

ここで,「行末^」を思いついた。これなら折り畳み記号としての直感性もあり,他記法とも組み合わせやすいパンくず記法で「行末>」を採用する直前にあっただが,微妙な違和感があり回避していた。この直感大当たりだった。

そして終了記号^^ とも整合的見える……と考え出したところで,今度はこっちの問題気になってきた。まず,日本人感覚ではぱっと見顔文字見える。そこで,--亜種であることが分かりやすいように --^考えてみたが,空行挟まない特定の文字指しているような記号見える

そもそも開始行末1個あれば,特別な終了記号要らないことに気付くまで時間はかからなかった結果的に非常にすっきりしたになった。

他の検討案

昨年6月18日の開発時点からは,以下2案があった。

++ ラベル
折り畳まれる内容
--

? ラベル
折り畳まれる内容
!

前者がこれまでの最新案で,区切り線--対応させて,++使うツリー開閉記号しばしば +-使われることに引っかけただったが,埋め込み記法渡括記法との紛らわしさから現時点での採用考えにくい。特に最近では ++使った行内埋め込み記法有力視していることもあった。無理に区別出来なくはないが,意味的な整合性確保するのが難しい

後者は,補足記法注意記法方向性固まった今となっては採用余地皆無だが,当時から今回の検討きっかけになった補足記法との組み合わせ考えていたことを示すであり,歴史的な意義感じさせてくれるものではある。

{写真}{『希哲日記』}{持って行く}{デライト}{考えて}{思うべき}{音楽に浸る}{聴き過ぎ}{休憩時}{長時間運転}...=}(189)

{希哲15年11月30日の日記 K#F85E/E74C-4D72}

昼頃Galaxy S21 5G届いたので早速出与え移行回線切り替え作業済ませた出与え移行前回の経験もあり円滑だった。ほぼ同時届いたスマホケース6155GS21BO良い感じだった。

手定め撮影出かけてみたが,S21 のカメラ噂に違わず素晴らしかった美しい風景適当にでも撮った写真見返すと,肉眼見た時の感動しっかり蘇ってくる。これまで使ってきたカメラではなかなか味わえなかった感覚で,撮るのが純粋に楽しいS8そこそこ綺麗に味気無い写真撮れるという印象だったし,CX1撮影者技術大きく依存するカメラだったので気楽さがなかった。

S8 より少し大きいものの取り回しの良さ理想的で,スマホケースとの相性想像以上に良い手帳型増す大きさ計算に入れていなかったので,尚更小さめ機種にしておいて良かった4年近く使って何度も落とした S8無傷だったのはケースおかげ感じていたため,また同じようなもの欲しかった


自転車ぶらぶら走りながら写真を撮るという一見素朴な行為が,このになると最先端かつ極めて贅沢体験なのだと気付いた

立地の良い希哲荘があり,気持ち良く乗れる自転車があり,ぶらぶらしていられる時間的精神的余裕があり……といったことは勿論,よく考えると技術的にも難しいことだ。最新のスマホカメラでなければ画質手軽さをこの水準両立させることは出来なかっただろうし,保存配信効率観点から WebP でなければデライト多量写真を扱うことも難しかっただろう。対応環境十分な普及率達してデライトの WebP 対応進められるようになったのはつい3ヶ月ほど前のことだ。

そして何よりデライトがなければここまでの意義感じることも出来なかった。私にとって,デライトという個人知識管理における最高級サービス以上の贅沢品はない,ということも再確認出来た


この勢いで,また自転車音楽が聴けるように骨伝導イヤホン注文しかけたが,これはやめておいた

よく考えてみると,最近運転中はかなり敏感になっている悪くないとはいえ安物部類に入る折り畳み自転車なので異音がないか気になるということもあるし,最近の風潮手伝って安全運転への意識が高まっていることもある。ちょうど Speed P8手放した頃からここ10年弱の間,自転車への視線厳しくなる一方だ。責任の重さ考えれば,注意力削ぐ要素わざわざ増やしたくない。その点でイヤホンの種類関係ない

私の場合,作業中などに音楽を聴く機会いくらでもあるし,聴き過ぎ感すらあるので,ちょっとしたサイクリングなら耳休めだと思えばいい。音楽恋しくなるほどの長時間運転なら,折角イヤホンケース買ったのだから持って行って休憩時けばいい。音楽に浸りながら自転車に乗る,なんてことはもはやファンタジーだと思うべきなのかもしれない。

ここまで考えて,少し調べてみると,どうも骨伝導イヤホン都道府県の条例的に怪しいらしいということを知った。特に千葉県の条例骨伝導イヤホン含めて禁止解釈出来るようになっている。無駄遣いせずに済んだ

12月7日振り返り日記

=}
{何より}

{}