{希哲16年4月7日の開発}{希哲16年4月7日の進捗}{多段化}{進めて}{後縁の対応}{追加取得}{フラグ化}{確定出来る}{余計な検索}{目に見えている}...=}(109)

{希哲16年4月7日10歩 K#F85E/A-E74C-B300}

進捗時限記録中略

全知検索整備方針検討終了

2月23日頃から検索結果改良について本格的に考え始めていたが,「検索属性」を導入し,検索結果多段化進めていくことにした。

現状例えば括弧類自動付加した検索は出来るが,その出来ない括弧付き描出したい場合括弧無し検索して既存輪郭無いことを確認した後,括弧を付け再検索するということがく,とりあえずこの手間無くしたかった全知検索演算子制御任意の括弧類使える好都合ということもあった。

文字数昇順揃えてそれなりの結果になっているのでこれを降順にすればいいかと思ったが,上手く行かない場面多々あるので一時凌ぎ域を出ない

将来的な拡張性考える検索結果多段化好ましい風船輪郭輪括内検索にも応用出来る希哲14年7月30日8歩から輪括内検索輪括内のみにすると使いにくいという理由中途半端な状態になっていたが,優先表示解決出来ることに気付いた

整数値揃え兼ねた役割を与え,これを「検索属性」として利用出来るようにする。

ここまでは良いが,効率的な実装難しい単純に全ての検索パターンUNION結合すればひどいことになるのは目に見えている外充て函数余計な検索省くようにする,挿入更新時に確定出来る情報フラグ化しておくといったことに加えて後縁での出力最低限にして前縁追加取得するといった工夫必要になるかもしれない。

いずれにせよ後縁の対応進めて問題ないだろう。設計方針さえ固まれば最適化どうとでもなる

=}
{新生デライト}{上手くまとめる}{一定の水準}{大きな印迫}{暫定実装}{争っている}{具体的な作業}{大きな当努}{合間合間}{どうであれ}...=}(113)

{希哲16年4月3日の日記 K#F85E/A-E74C-2AE0}

のんびり作業しながら開発組計について整理した最近の脳爆発でまた混沌としてきた頭の中がだいぶ整理出来脳疲労感一気に和らいだ良い休日の過ごし方だ。


まず,第四次宣伝攻勢は,遅くとも黄金週間初日29日には始める多少の助走期間欲しいので,下旬出来るだけ早い内始めたい。その前に新生デライトの完成,と行きたいところだが,やや無理がある無理をして不眠不休やれば出来ないこともないだろうが,今のところそこまでの必要感じていない

無理のないところで,6月までの新生デライトの完成目指すことにした。ちょうど6月まで様子を見ることにしていたが,新生デライトさえ出来れば収益どうであれどうとでもなる。これが現状の最適解だろう。

宣伝認知されてから実際に流入始まるまでには多少の時間差もある。第四次宣伝攻勢前には,新生デライト当努のうち,訴求効果必要性高いものを優先して詰め込む

こまごまとした問題合間合間片付けるとして,大きな当努では,まず輪郭選り手抜控機能整備片付けたい今のところ最も長く中途半端なまま引きずっている当努で,心理的負担大きい先日終えた Aejs 整備目的でもあった。KNEST 隠し実装昨年から中断しているが,これは具体的な作業がほとんど出来なかったため,状態としては他の当努大差ない

その次は,Aejs 整備の再開前の Cμ 文字列処理改良り,1月29日12歩決めた通り,続いて描写渡括実装入る。さらにその次の優先順位をめぐって頭の中争っているのが,輪郭小窓暫定実装公開設定機能部分実装だ。どちらも用者体験にとって大きな印迫がある。集客する以上,高速化文書整備デラング整備一定の水準以上に進めておく必要がある

これらを黄金週間前に上手くまとめることが当面の目標になりそうだ。

{デラング}{進捗記録}{交度}{デライト}{`whr_kw()`}{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{どうとでもなる}

{}