{一日一文}{デライト一日一文}{ウェブ黄金時代}{Apple}{草稿}=}(5)

{ウェブ黄金時代と Apple のジレンマ K#F85E/A-E74C-8E4A}

(書きかけ)

ワールド ワイド ウェブは,アプリ開発盤本プラットフォームとして成熟しつつある。「ウェブ黄金時代」はすぐそこまで来ていると思う。

目覚ましい進歩」とか「急速な進歩」と言っていいのかは分からない。20年以上前からウェブはその時代なりの進歩的存在だったし,大袈裟期待がかけられては失望され,ということを繰り返してきた。今ですら「所詮はウェブ」などと口にする人は少なくない。毀誉褒貶とは無関係に,長年の着実進歩があって今のウェブがある。個人的には,その進歩の速さというよりも,粘り強さに対する感心に近い驚嘆を覚えている。

私自身,ウェブにあまり期待していない開発者の一人だった。

もともと,希哲社は「虎哲」という次世代盤本開発を目指していた。デライトでも使っている輪郭法譜類司組ファイルシステム応用し,全く新しい勘報コンピューティング実現する……そんな途方もない夢だった。ビル・ゲイツWinFS 構想に近かったのかもしれない。

そこまでのことを考えると,中途半端論組プログラミング言語

=}
{フリーソフィー}{希哲15年4月6日}{希哲15年4月6日のツイスト}{ウェブ黄金時代}{PhWA}{デライト}{ツイスト}{到来}{フリーミアム}=}(9)
{使い果した}{希哲15年4月中旬}{思いも寄らない}{目が回る}{希哲15年3月19日}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{ウェブ黄金時代}{希哲15年5月1日}{デライト収益目標達成}...=}(61)

{希哲15年3月19日の日記 K#F85E/A-E74C-7CAC}

ここ数日,目が回るような思考変化神経悲鳴をあげているのが分かる。たまに車酔いしたような気分になる。今日は久しぶりにから活動を始めることが出来たが,この調子なので残りの半休にして少し心身休めた。

雑務を片付けていると思いも寄らない形で組計見通しが良くなり,4月中旬まではこのままデライト開発没頭出来る可能性が高くなった。

5月1日までの収益目標達成睨むなら,いずれにせよその頃には決定的手応えを得る必要がある。4月中に売上確実視させるだけで事実上の収益目標達成であり,出来なかったとしても立て直し容易い

より高い完成度新生デライト目指す第三次市場戦略では,品質向上にかける開発時間をどれだけ確保出来るかがであり,思いがけずその鍵を拾ってしまったことになる。第二次市場戦略からの転換結果的大正解となった。

最近よく感じていたことだが,「ウェブ黄金時代」とでもいうべきこの時代最適技術構想,そして潤沢開発時間を有していることほど柔品開発者としての幸運はない。これを無駄にしたら罰が当たりそうだ。

流石にこんな悪運使い果した気がするので,この一ヶ月で何としてでも決着を付けたい。

=}
{ウェブ黄金時代}{PWA}{ウェブ相振り}{宇田川の用語}=}(4)
{ウェブ黄金時代}
{}