{Aejs 整備}{第四次宣伝攻勢}{省けた}{小さくなかった}{設計面}{第四次生活習慣改善の再開}{暖かくなってきた}{大事を取っていた}{生活習慣の乱れ}{癒えなかった}...=}(156)

{希哲16年3月15日の日記 K#F85E/A-E74C-4AA3}

12日脳爆発引きずってまだ脳疲労感残っていた一ヶ月分にも相当するであろう収穫だったのだから仕方ないと,気分転換兼ねて半年ほど放置していた Aejs 整備再開してみることにした。

まずは交度見直し軽く違了修正程度出来ればいい始めたものの,驚くべきことに,作業の続きよく捗った。これだけ間があくと,作業方針思い出すのと再整理時間がかかるのではないかと思っていたが,むしろ中断前より捗った気がする。この半年間での環境整備設計方針洗練知見の蓄積がそれだけ大きかったのだろう。当時は,ゆとりがなく混沌とした状況でもあった。

金風中断してからなかなか再開出来ず中途半端な状態出振るい出来ず前縁周り作業非常に進めにくい状況ではあったが,この間の収穫考えれば仕方ない思っていた設計面仕様面での変化小さくなかったので,再修正手間省けた唯一懸念だった作業再開にかかる負担全くと言っていいほど無かったのだから,仕方ないどころか大正解だったと言うべきだろう。

Aejs 整備中断経緯について記録振り返っている内に,もう一つの放置課題だった KNEST 隠し実装についても再整理急速に進んだ

輪郭選り手抜控機能整備がなかなか進まなかったことで Aejs 整備入ったのが昨年9月9日だった。14日11歩最後にそれも止まり,代わりに HTML 隠し実装からの KNEST 隠し実装重点を移すことにした。頭の整理をしているうちに18日になり,金風起きた以後は何度か再開試みている継続出来ず,そのまま第二次快調期突入した。

金風があまりに大きい出来事だったので,このあたりで記憶分断されている感覚ずっとあった特に Aejs 整備KNEST 隠し実装は,第二次快調期でも置き去りになっていた部分心残りだった。第四次宣伝攻勢向けて新生デライト開発佳境というところで二つ強力な武器上手く取り戻せた言うまでもなく極めて大きな収穫だ。

ただ,結局どっちを向いても脳爆発で,脳疲労癒えなかった


今日疲労回復のため休みにしたが,次回陶練からランニング再開することにした。

これも第二次快調期からほとんど出来なくなっていた忙しさもあったが,生活習慣の乱れ寒さ重なり,1月には風邪を引いたりもしていたため,大事を取っていた最近は少しずつ生活習慣改善再開出来,暖かくなってきたので大丈夫だろう。

最近の生活習慣改善を「第四次生活習慣改善」とするかと考えたところで,すでに金風以後生活習慣改善して使っていたことを思い出した用語として考えた12月9日から間もなく第二次快調期入ったので,目まぐるしさ忘れていたのだろう。とりあえず第四次生活習慣改善の再開」としておくことにした。


16日振り返り日記

{希哲16年3月12日の開発}{希哲16年3月12日の進捗}{積極的な活用}{完成した}{編み出した}{面白いこと}{どちらも}{出来ていなかった}{付加的}{避けられない}...=}(143)

{希哲16年3月12日14歩 K#F85E/A-E74C-2A34}

進捗時限記録中略

今後の Dex 設計方針についての検討終了これから越化参照大活躍しそうだ。


まず,課題だった脚注記法実装方針について検討している内に,越化参照部区間通信活用出来ることに気付いた

部区毎に越化条件変化などがあることから,各記法解釈部区個体任せたい。しかし,脚注記法のように最上位部区との出与え共有必要記法もある。

このような場合単純に考えれば指示体通して部区個体間で変数共有するということになるが,この種の記法増えるたびに目的別指示体増やすのは設計として美しくない汎用的な変数一つ集約するのも,効率性厳密性観点から難がある

ここでふと,越化参照使えることに気付いた下位部区個体中途解釈した記法には目印となる越化参照を付け,上位部区個体変換処理完了させる

これに似た部区間通信手法Dex 初期実装から現 &_skp;使い続けているが,どちらかというと「邪道」だと感じていたため,意図的に応用範囲広げなかった紆余曲折を経て,これが一番単純性効率性保守性バランスが良いということが分かった

これで脚注記法目次記法実装容易になった。他にも,輪郭情報参照必要記法など,部区間通信必要場面全般越化参照活用出来るだろう。


もう一つ,処理済み対象識別に関しても進展があった。

1月21日4歩で,&_tgt;&_fin; のような目印付加することを考えていたが,付加的越化参照では結局正規表現の複雑化避けられないため,実用化出来ていなかった

昨日終えた客体表現への書き換えDex 初期実装交度整理している時,再置換避けるため記法一部越化参照当時の疑似実体参照置換する手法使っていたことを思い出した。これもあまり積極的に応用範囲広げなかった手法だが,思っていたより合理的であることに気付いた

例えばhttp&_http; のように一時的に置換してしまえばいい。考えてみれば単純なことだが,灯台下暗しのごとく単純なこと真価理解するには時間がかかるということを改めて学んだ経験不足だと,どうしてもより高度そうなことに目移りしてしまう。


面白いことに,どちらも原点回帰のような発見だった。

直感編み出した Dex 初期実装手法再評価する十分な経験出来たこともあるが,「越化参照」という概念完成し積極的な活用考えられるようになったことも大きいのだろう。中途半端だった「疑似実体参照」から発展したのはつい先月のことだ。

=}
{希哲館事業}{新生デライト}{範枠}{希哲16年2月24日}{『希哲日記』}{読む}{展開する}{導入したかった}{良い思い付き}{本当は}...=}(69)

{希哲16年2月24日の日記 K#F85E/A-E74C-D547}

{高い}{消え入る}{垢抜けない}{L字型}{Markdown の見出し記法}{二本線}{使っていた}{見出し装体素案}{見出し装体}{思い出した}...=}(31)

{見出しについて思い出したこと K#F85E/A-E74C-0235}

余談ですが,L字型見出しスタイルは昔希哲館のサイト使っていたことがあったのを,おかげで思い出しました

というより,L字型自体は CSS見出し的なものを装飾するのに,昔から(とりあえずこれでみたいな感じで)よく使われているパターンなので,自然に試したのだと思います。 さんのアイデア面白いのはそれを複数本にするというところだと思うのですが,最初の第1階層がデザインとして野暮ったい上につまらない(昔の CSS 解説サイトみたい)のが個人的には痛いです。この第1階層は実際に使ってみても想像以上にダサい代物であるということは黒歴史として後世に伝えていきたいです。

それが階層の表現であることに気付く前に,とりあえず折り曲げてみた感じに見えてしまうというか……。デザインにおけるダサさというのは,要は「削れるものをとりあえずくっつけている」感じなのです。「いるかそれ?」と思われたら負けで,それが垢抜けない印象になるわけです。その意味では,むしろ「(見本のように)並べてみないと良さが分からないデザイン」になっていると思います。

ちなみに,その案に一貫性があるとすれば下層に行くに従って左線の数が増えていくことになりますが,この方式は階層的に小さい見出しが不必要な目立ち方をする上に気持ち悪いことになるのは目に見えているな,と思ってにしたのが見出し装体素案です。


経験上,見出しはとにかく目立つ要素で,下手に凝ろうとするとデザイン的な事故になる可能性高いので,「引き算」が重要と感じています。

その帰結が,文字下線だけで階層を表現する,という現在のスタイルです。初見では目立たない単なる区切り線ですが,二本線が次第に消え入るような一貫した表現で,階層を判別する必要十分な機能を持たせています。おまけに,デライトでも導入予定の Markdown の見出し記法にも一致しています。自分でいうのも何ですが,これ以上の案を出す,というのは結構難しいデザインの課題だと思います。

ただ,デザインというのは感覚でするものでも好き嫌いでするものでもないので,納得出来ないことをどんどん投げつけてくれる さんとのこういう議論言語化のために非常に有意義だとも感じています。

{使っていた}

{}