{状況次第}{どちらにでも転べる}{気を付ける}{食事内容}{迷いが生じた}{戻せそう}{良いきっかけ}{律動的集中生活}{睡眠時間帯}{希哲15年8月12日}...=}(44)

{希哲15年8月12日の日記 K#F85E/A-E74C-4FF2}

そろそろ温存していた短期集中生活に入っていい頃かと考えたが,結局,生活律動矯正を続けながらの「律動的集中生活」に入ることにした。

これまでの「短期集中生活」は,生活律動無視ひたすら仕事をする生活を指していたが,第三次生活習慣改善を経て,心境が変わっていることに気付いた

7月1日の日記にもあるが,生活律動を保ちながらも限界に近い高進捗は出せるという経験が出来た。その後,生活律動の乱れ目立つようになったが,現状でも寝て起きる生活は出来ており,何か良いきっかけでもあれば,すぐに理想の生活律動戻せそうではある。

これまでのように極端短期集中生活に入るべきか,生活律動矯正を続けるべきか,ここで迷いが生じた

結局,睡眠時間帯食事内容にだけ気を付け,あとは最大限仕事時間注ぎ込むことにし,これを「律動的集中生活」と呼ぶことにした。

これなら状況次第どちらにでも転べる時機待つ必要期限定める必要もないので,早速始めることにした。

13日振り返り日記

{持ち越す}{一日一文}{日本はどう逆転するか}{鍛え上げられた}{執筆作業}{1万字}{563輪}{希哲15年6月30日17歩}{希哲15年6月30日の開発}{デルン史上最長文}...=}(42)

{希哲15年6月30日の日記 K#F85E/A-E74C-59CA}

,少し迷ったが,どう頑張っても今日中に終わりそうにないデラング文書整備に対し,頑張れば何とか終わりそうということで一日一文日本はどう逆転するか」を書き上げることに専念した。

来月に引き摺ると開発りそうでもあり,とにかく,精神衛生的に持ち越したくない一心でひたすら書いた

結局,26時過ぎにようやくまとまった

この時点で前景輪563輪デラング処理後文字数1万字近くと,記憶にある限りデルン史上最長文となった。17歩以降記録していないが,単純計算30歩は越えただろう。

開発でも執筆作業から得た進展があり,私自身もデライトもだいぶ鍛え上げられた献典整備という点でも大きな画期になりそうだ。

第三次生活習慣改善後,恐らく初めての深夜までの作業だったが,本来なら追い込みの時期だ。27時に寝られれば十分だろう。

7月1日振り返り日記

=}
{新生デライト}{一日一文}{新しい可能性}{希哲15年9月}{努力のしよう}{人間の限界}{最善の道}{詰め込んだ}{長めの散歩}{知の行進}...=}(59)

{希哲15年6月22日の日記 K#F85E/A-E74C-4FA5}

少し生活律動が乱れかけているため,抑制的に過ごし,長めの散歩をしながら5月からこれまでを振り返り,今後の組計スケジュールについて頭の中整理した。

しかし,散歩から帰ると良い思いつきがあり,まとめていたらまた就床時間に遅れてしまった。ここ数日こんなことが多い。


デライト収益目標に関しては,月内の達成期待せず,7月中旬目安とすることにした。

4月の終わりにデライトの早期成功確信してから,安心感解放感からやりたいことをとにかく詰め込んだ2ヶ月だった。

なぜか5月に入ってから生活習慣改善急速に進み,デライト高速化を中心にするはずがほとんどデラング整備一辺倒だった。結果として,自分でも驚くほどデラングでは色々なことが出来るようになった。新生デライト視野に入った。今のところ,これが最善の道だったのだろうという確信はある。

一方で,当然ながら組計にはかなり無理が出てきた。今頃デライト収益目標達成を果しているはずだったが,これはかなり難しいだろう。4日の時点で7月中旬までの組計調整は出来ていたが,まだ見込み修正するには早いと思っていた。

これだけ予定外作業を詰め込んで今の今まで希望が持てていたのは,第三次黄金状態の回復によるところが大きい。

いずれにせよ,今は人間の限界と言えるところまで力を引き出しているので,これ以上努力のしようもあまり無い。今のところ9月一杯まではこの調子で行けそうなので,ただ“行進”を続けられる限り続けることを考えたい。


一日一文もかなり長くなっているが,これはこれで新しい可能性を感じている。

まだ時期尚早という考えで,希哲館事業構想についてまとまった文章を書かなかった時期が長いので,新境地には違いない。

ただ,目先のことを考えると,当たる外れるかの「賭け」ではあるとも感じている。

23日振り返り日記

=}
{第三次黄金状態の回復}{第三次黄金状態}{整えた}{定常化}{忘れそう}{よく分からない}{温かい快感}{粗探し}{成り行き任せ}{親玉}...=}(88)

{希哲15年6月7日の日記 K#F85E/A-E74C-2F4A}

一日の間に,第二次黄金状態から第三次黄金状態への移行観測,これをもって「第三次黄金状態の回復」とした。

経験上新黄金状態では時間の体感密度が数倍になる。この一ヶ月が数ヶ月にも感じられるわけで,時期状況を踏まえれば極めて大きな収穫と言える。


日中は,輪郭整備から朝の一日一文への流れも非常に上手く行き,以降は握接遮断をすることで集中力維持成功デライト開発にもよく集中出来た。ただ,から些細なことで苛立ちを感じることが多いのが不思議だった。

変化を感じ始めたのは,夕方散歩に出た頃からだ。

第三次生活習慣改善が進んでからもなかなか改善しなかった胃腸の調子睡眠の質右目の三重瞼など,こまごまとした問題にも改善が見えるようになり,いよいよ問題という問題も無くなってきた。しいて気になることと言えば,食事がまだ成り行き任せなことくらいだが,もはや粗探しに近い。

組計スケジュール環境もほぼ完璧に整っている。これはもう「黄金生活」と言っていいのではないか。雑魚一掃し,あとはデライト収益目標達成という親玉を残すのみという状況だ。自然と焦点も定まってくる。

……そんなことを考えながら歩いていると,身体奥底から温かい快感が湧き出し,全身を満たしていくような感覚を覚えた。この感覚は,間違いな第三次黄金状態のそれだった。

面白いことに,苛立ちからの発現過程が最初に第三次黄金状態を体験した時によく似ている希哲14年7月4日の日記


昨年末の日記で,一時失なっていた黄金状態取り戻したというようなことを書いている。それから1月までは黄金状態についての言及がいくつかあるが,それ以後は黄金状態について書かなくなっている。体調記録にも「特に異常無し」とだけ書くことが多かった。

その頃から状況心境の変化が激しくなり,自分の状態冷静認識することが難しくなっていた。変わっているのか,変わっていないのか,変わったとしてもそれがごく一時的なものかもしれず,そもそもそんなことを考えている余裕が無いことも多く,そうこうしているうちに黄金状態の感覚も忘れそうだった。簡単に言えば「よく分からない」状態だった。

思い出してから振り返れば,この間はせいぜい第一次黄金状態がほとんど,ときどき第二次黄金状態がある程度だっただろう。第三次黄金状態があれば記録していないわけがない。

新黄金状態自体,もともと超黄金状態規則正しい生活の中で定常化したものだ。生活不安定化している時に得られるものではないのだろう。

これも,「黄金生活」などという言葉が頭に浮かぶくらいに生活整えた成果か。

8日振り返り日記

{舞覧環境}{希哲15年6月6日}{21時就床}{輪郭整備}{朝の一日一文}{迷った}{快調期}{中途覚醒}{第三次生活習慣改善}{握接遮断}...=}(45)

{希哲15年6月6日の日記 K#F85E/A-E74C-A44F}

理想的21時就床生活律動にもだいぶ慣れ昨日までに組計スケジュール環境万端い,これで万全の態勢が出来た,と意気揚々に一日を始めたものの,いまひとつ進捗は伸びなかった。とはいえ,これだけ状態が良いので流石に「上の下」ではある。

急速気分緩和した時に起こりがちなことだが,やや思考散漫だった。

快調期に入りあまり必要性を感じなくなったことと舞覧環境更新3月15日7歩したことでいったん解除していた握接遮断を明日から再開してみることにした。明日から朝の一日一文前に輪郭整備も始めることにしたので少し迷ったが,情報収集必要時間帯作業集中したい時間帯で切り替えるなどしてメリハリを付ける。

その他,良い兆候としては,ここ数日で睡眠の質改善が見られる。中途覚醒が減り,熟睡感が得られるようになってきた。第三次生活習慣改善後もなかなか改善せず課題と感じていた。

=}
{新生デライト}{一日一文}{淡々と}{希哲15年7月中旬}{綺麗に片付く}{事務的な問題}{希哲15年6月4日}{デライトの早期成功}{組計調整}{新生デライト宣言}...=}(40)

{希哲15年6月4日の日記 K#F85E/A-E74C-34C3}

一日一文も書き切れず,開発作業にもいまいち集中出来なかった。その代わり,雑念になっていた細々とした事務的な問題綺麗に片付き,7月中旬まではデライト開発没頭出来る環境整った

デライトの早期成功確実視出来るようになったのはいいが,先月はその安心感から比較的長期大局を取った作業を挟むことや生活習慣改善のような調整が増えた。それに対し,デライト収益目標達成に向けての組計スケジュールは変わらず6月分までしか確保していなかったため,ゆとりが無くなっていた。

これでデライト開発現況にあった組計調整が出来たことになる。あとは淡々とデライトの成功に向けた「行進」を進めていけばいい。

中旬には第四次宣伝攻勢を始めたいので,15日デラング整備文書整備,その他機能整備までを一段落させた「新生デライト宣言目安としておくことにした。

5日振り返り日記

{時間を巻き戻す}{良い調子}{希哲15年5月の月記}{希哲15年5月31日}{特別な日}{最大の収穫}{希哲15年6月}{デラング整備}{第三次生活習慣改善}{頑張ろう}...=}(33)

{希哲15年5月31日の日記 K#F85E/A-E74C-5447}

今日も良い調子で過ごせた。

せめてデラング整備一区切り付けたかったが,月末なので適当な所で中断月記を付けながら今月振り返りをした。

こうしてみるとデライト開発にもそれなりの進展があったが,何より生活習慣改善最大の収穫だった。全くの想定外で,当初は選択肢にすら無かったことながら,これに勝る収穫も考えにくい。月初時間を巻き戻せたとしても,これを選ぶだろう。

今月は“特別な日”もあり,気持ち区切りとしても大きな月だった。

ここまで健康で,身内にも大事なく,仕事順調に進んでいる奇跡のような幸運感謝しつつ,また来月頑張ろう

=}
{希哲15年5月の月記}{右目の三重瞼}{希哲15年5月25日}{振り返り日記}{第三次生活習慣改善}{贅沢な悩み}{はっきり}{2日間}{『希哲日記』}{デライト開発}...=}(19)

{希哲15年5月25日の日記 K#F85E/A-E74C-FB7C}

また一日外出。この2日間で,6月一杯まで落ち着いてデライト開発を進めるための仕事をしてきた。これも幸運なことだった。


生活習慣改善成果か,昨年から気になっていた右目の三重瞼はっきりとした改善が見られ,嬉しかった。贅沢な悩みだが,色々な問題解消するにつれ余計気になっていた。

26日振り返り日記

=}
{KNEST 隠し実装}{睡眠}{希哲15年5月の月記}{デラング}{脳のお告げ}{希哲15年5月下旬}{3〜4週間}{1〜2週間}{未実装記法}{戸惑い}...=}(82)

{希哲15年5月11日の日記 K#F85E/A-E74C-CC6D}

しっかり睡眠を取り,9時には仕事を始めることが出来た。重めの一日一文も書いたが,開発作業にも集中することが出来た。また理想の生活律動に近付けた。

ただ,途中で少し考え事にふけってしまい,思ったより進捗は伸びなかった。昼過ぎには10歩を越えていたため,178歩で終わるかと思っていたが,また14歩で終わりそうだ。こんな考え事だけで終わる日も珍しくなかったことを思えば大きな進歩か。


その考え事というのは,今月上旬振り返りと今後の展望についてだった。

生活習慣改善が自分でも信じられないほど進んだ上旬だったが,デライト開発では目立った収穫が無いように思えた(後で考えればルビ記法は小さくなかったが)。それでも,生活習慣改善の方があまりにも意外発展だったので,戸惑いつつもまあ悪いとも言えないか……などと考えていた。

しかし,これも意外なことに,デライト開発の展望も別に悪化してはいない。むしろ,デライトの成功がより明確想像しやすくなっているような気さえした。

この上旬に開発で何があったのかよくよく考えてみると,高速化の要だった KNEST 隠し実装はもう少し時間をかけて全体的整備することになり,その前に軽く済ませておこうとしたデラング不具合修正も,2日間睨めっこした挙句,もっと広範囲見直し必要判断したところだった。

結果として,KNEST 隠しでは隠し同期実装水平拡大の開始,デラングでは仕様が決まっている未実装記法の一斉実装まで視野に入ってきた。それもこの中旬でだ。

今月頭の時点では1〜2週間程度の視野無理判断していた課題が,3〜4週間に視野を広げることで効率的解決出来そうな状況になっている。しかも,それに耐えうる生活律動も出来ている。下旬あたりの収益目標達成狙い撃ちするかのような調子だ。

そう意識的に考えたわけではない。柔軟性のためにあえて無計画無期限作業を進めてきたが,そのせいで近視眼的になっていたのも確かだ。それを勝手計算に入れ,修正していたことに,ついさっき気付いたのだ。その帰結もことごとく妥当と来ている。

時々あることだが,いつ体験しても不思議なものだ。いつも救われてきた“脳のお告げ”なので,大人しく従っておくことにした。