{最大の暗部}{手動開始}{無期限保留}{相性問題}{用者体験の向上}{払って}{そこまでの}{懸念される}{保守性の低下}{避けられそうになかった}...=}(145)

{希哲16年7月21日の開発 K#F85E/E74C-7F30}

無番輪符改良完了した。これでデルン長年の課題だった輪郭間輪結における知番依存解消した作業中輪符補完機能についての閃きがあり,脳爆発始まった


輪郭選り手上での輪符補完機能は,省割キーあるいはカーソルのある輪括弧表示されるボタン押すことで開始することにした。省割キー仮に Ctrl + {想定しておく。

また,これを機にタッチ端末向け記号入力ボタン本格的に検討することにした。軽量標記言語中心とした用合い課題として記号入力煩雑さがあったため,その解決策兼ねる

ここでようやく輪符補完機能実装イメージまとまった最近のデライト開発では最大の暗部になっていた部分で,極めて大きな収穫言える


漠然と輪郭小窓実装含めていた輪符補完機能だが,ここだけ実装イメージまとまらなかった一時後回しにすることを考えていた理由だった。

原因は,輪符補完自動開始前提としていたことだった。自動開始となると入力中デラング正確に解釈する必要があるが,デラング複雑性考えると交度の肥大化避けられそうになかった深刻な保守性の低下請い手低速化懸念される

更に問題なのは,そこまでの実装コスト払っても,用者体験の向上繋がるとは限らないということだった。この手の挙動好き嫌いがかなり分かれる上に環境との相性問題大きい多くの人満足する水準にしようと思えばキリがない

これが選り手複雑化避けてきた理由だったが,ある程度輪郭間輪結容易になる無番輪符改良もあってこの方針再評価したところだった。輪郭選り手ほぼ現状維持輪符補完機能無期限保留にすることを一度考えてから中間的な方式可能性気付いた

手動開始なら十分な単純性保てるので,検討していた高度な機能無効化する機能」も省ける全体として劇的に洗練された


輪郭小窓あくまでも補助的な用合いなので,実装進める前に基礎的な輪符機能見直す必要がある,と考えて入った無番輪符改良だったが,これが大正解だった。

元はと言えば第二次知番改良出来た自我知番省略機能知番略記法との整合性をとるために考え始めたことで,6月予定を変え第二次知番改良入ったのも直感だった。一時保留考えた輪郭小窓実装あえて入ったのも直感だった。また直感に救われた

{希哲16年6月17日の開発}{希哲16年6月17日の進捗}{第二次知番改良}{他人に見せる}{飛ばしている}{転送する}{他自我内検索}{辿った}{希哲16年6月17日の進捗時限}{希哲16年6月17日}...=}(60)

{希哲16年6月17日6歩 K#F85E/E74C-FED5}

{一日一文}{希哲16年5月17日の開発}{希哲16年5月17日の進捗}{新しい目印}{変わらなくなった}{目立たなくなる}{動的に}{効果は大きい}{発見しやすくなる}{機能の違い}...=}(89)

{希哲16年5月17日14歩 K#F85E/E74C-776A}

中景輪符改良

輪郭ページ知名選り手以外の知番輪結最大化アイコン追加していったん終了小さい変化だが効果は大きいだろう。

中景輪符知名輪結知番輪結役割動かしようがない旧デルン実装では,知名輪結輪郭ページび,再検索用に ?輪結置いていたが,再検索多用するので直感的な方がいい。輪符における知名知番役割から考えても単純性保ちつつ整合性を取るとこの形になってしまう。問題点として,初心者にはそれぞれの役割分かりにくかった

他方高さ固定解除する方法分かりにくいという問題もあった。最近最大化アイコン使った輪結をどこかに置くことを考えていたが,知番輪結同じ機能を別の輪結持たせる混乱を招く結局知番輪結固定輪結であり特定の輪郭注目する機能兼ねている,ということを自然に学べる用合い望ましい。ということで知番輪結一部であることが分かるようにした。

これによって,知番輪結機能分かりやすくなり,知名輪結との機能の違い発見しやすくなるだろう。

最近の一日一文で,読者高さ固定解除する方法気付きにくいという問題尚更気になっていた動的に解除する手段考えているが,これはこれで先々でも使えるだろう。

第零番節の省略自我知番の省略可能になることで知番目立たなくなるが,これで丁度良い感じになりそうだ。3月31日の開発輪郭ページ前後景検索ページ外観変わらなくなったため,新しい目印としても丁度良い

=}
{デライト}{一日一文}{希哲館事業}{希哲16年5月4日の睡眠}{大事に}{書けてしまった}{勢いのある文章}{全く同じこと}{書けなかった}{力み過ぎた}...=}(90)

{希哲16年5月5日の日記 K#F85E/E74C-8CBD}

今朝自分の不注意により赤ん坊殺しかけてしまう悪夢目覚めた睡眠記録かなり強烈なだったので,一日中何か考えざるをえなかったしいて教訓見出すとすれば,状況よく見て,大事なもの見失うな,ということか。

物質的にも人間的にも恵まれた環境も,希哲館事業とこのデライト恵まれた状況も,やっていることとんでもなさ考えれば全て奇跡中の奇跡だ。本物の赤ん坊もちろんデライト大きな可能性秘めた赤ん坊みたいなものだろう。焦らず弛まず粘り強く大事に守り育てていかなくてはならない。

体験してはいけないことを夢の中体験して自分を見つめ直すことが出来たのだから,幸運だったのかもしれない。


ここで少し最近の状況考えると,「平常心行く」と考えていた割に,黄金週間前半力み過ぎた。そのおかげ書けなかった一日一文書けたりもしたが,なまじ勢いのある文章書けてしまったことで気持ち前のめりになっていた。この間得たもの余裕換えそろそろ平常心取り戻したい

黄金週間はあくまでも世間年度始め慌しさから落ち着く節目として重要なのであって,特にデライト宣伝適した期間というわけではない。無理に詰め込む必要はない昨年今頃全く同じこと考えていたのを思い出した

{新生デライト}{上手くまとめる}{一定の水準}{大きな印迫}{暫定実装}{争っている}{具体的な作業}{大きな当努}{合間合間}{どうであれ}...=}(113)

{希哲16年4月3日の日記 K#F85E/E74C-2AE0}

のんびり作業しながら開発組計について整理した最近の脳爆発でまた混沌としてきた頭の中がだいぶ整理出来脳疲労感一気に和らいだ良い休日の過ごし方だ。


まず,第四次宣伝攻勢は,遅くとも黄金週間初日29日には始める多少の助走期間欲しいので,下旬出来るだけ早い内始めたい。その前に新生デライトの完成,と行きたいところだが,やや無理がある無理をして不眠不休やれば出来ないこともないだろうが,今のところそこまでの必要感じていない

無理のないところで,6月までの新生デライトの完成目指すことにした。ちょうど6月まで様子を見ることにしていたが,新生デライトさえ出来れば収益どうであれどうとでもなる。これが現状の最適解だろう。

宣伝認知されてから実際に流入始まるまでには多少の時間差もある。第四次宣伝攻勢前には,新生デライト当努のうち,訴求効果必要性高いものを優先して詰め込む

こまごまとした問題合間合間片付けるとして,大きな当努では,まず輪郭選り手抜控機能整備片付けたい今のところ最も長く中途半端なまま引きずっている当努で,心理的負担大きい先日終えた Aejs 整備目的でもあった。KNEST 隠し実装昨年から中断しているが,これは具体的な作業がほとんど出来なかったため,状態としては他の当努大差ない

その次は,Aejs 整備の再開前の Cμ 文字列処理改良り,1月29日12歩決めた通り,続いて描写渡括実装入る。さらにその次の優先順位をめぐって頭の中争っているのが,輪郭小窓暫定実装公開設定機能部分実装だ。どちらも用者体験にとって大きな印迫がある。集客する以上,高速化文書整備デラング整備一定の水準以上に進めておく必要がある

これらを黄金週間前に上手くまとめることが当面の目標になりそうだ。

{最近の}

{}