{写真}{進捗記録}{ネット環境整備}{希哲15年10月26日の整清}{激しかった}{様子を見たい}{使えている}{非常に快適}{22時過ぎ}{手の届きやすい位置}...=}(71)

{希哲15年10月26日10歩 K#F85E/A-E74C-3205}

ネット環境整備USB 配線整理

Archer T4U PlusUSB 3.0 対応なので USB 3.0 ポートが使えればと思ったが,とりあえず他のポートUSB 配線整理済ませておいた

T4U Plus設定作業を始めた13時頃から22時過ぎ現在まで,T2U Nano で見られたような不安定化は一度も見られず,非常に快適使えている。もう数日様子を見たいが,これがほぼ完成形だと思って良さそうだ。

全体的に各周辺機器配置く,抜き挿し頻度の高いポート手の届きやすい位置に来るようにと,合理的になった。各機器動作確認済み

一応写真撮っておいた

=}
{進捗記録}{Slackware 時代}{ネット環境整備}{希哲15年10月26日の開発}{希哲15年10月26日の整清}{内部配線}{試していない}{良い復習}{弄っていなかった}{変わらなかった}...=}(70)

{希哲15年10月26日9歩 K#F85E/A-E74C-A67B}

ネット環境整備配線整理過程SLFS における USB 3.0 ポート認識不良についての調査始めたものの,未解決保留

主力機には筐体前面背面にそれぞれ2つずつ USB 3.0 ポートがあるが,Linux では Slackware 時代からいまいち使えた試しがない。それもそのはずで,どうも USB 3.0 ホストコントローラー認識されていない最初から Windows仮想機でしか入れていないので,Linux 固有問題かもしれない。

lspci では Etron TechnologyEJ168 が見えるがドライバ表示がなく lsusb では表示されない。

怪しいのは UEFI核脳構配起動応付あたりだが,今のところよく分かっていない。UEFI 設定見直した明らかおかしい所は見つからなかった

核脳構配では,そもそも USB 3.0有効にしていなかったので CONFIG_USB_XHCI_HCD=yCONFIG_USB_XHCI_PCI=y加えて核脳再構築をしたが,相変わらず。更に CONFIG_USB_XHCI_PLATFORM=y を加えても変わらなかった

これまで使っていた Linux 核脳 vmlinuz-4.9.9-slfs-t2希哲11年6月28日備立したもので,しばらく弄っていなかったので,良い復習にはなった。今回の備立は一応 vmlinuz-4.9.9-slfs-t3 としておいた。今後何かと調整しやすくなるだろう。

起動応付変更はまだ試していないが,急ぐことでもないので今日はこの辺でやめておいた。

内部配線問題もありそうな気がしてきたので,今度の主力機清掃時に確認してみる。

{進捗記録}{希哲15年10月15日の整清}{内装的}{左向き}{5GHz帯}{無くなった}{余計な障害物}{ベランダ側}{右向き}{囲まれていた}...=}(54)

{希哲15年10月15日1歩 K#F85E/A-E74C-A809}

だいぶ見通し良くなったところで作業場清掃終了


これを機に表示機後ろ筐体前面に来る形で置いていた主力機を,右に筐体前面が来る形に逆転させることにした。この作業場になってから,配線の都合などでずっと左向きだったが,最近の整理で大分すっきりして動かしやすくなった

無線 LAN 子機Archer T2U Nano通信がたまに止まってしまうのが気になっていたが,一番安定する筐体前面USB ポート見るからに電波の届き悪そうだった壁際主力機筐体表示機デスク囲まれていた

最初,筐体背面ポートを使った理由だったが,こちらはこちらで給電問題なのか前面ポートよりずっと不安定だった。

右向きにしたことで,2階ベランダ側に置いてある路定機ルーターとの間に余計な障害物無くなった5GHz帯では大きな差だろう。

内装的にも配線見えにくくなり,作業場がよりすっきりして見えるようになった。

=}
{進捗記録}{希哲15年10月14日の整清}{USB 配線整理}{綺麗にまとまった}{動作不良}{USB 3.0 ポート}{1つ}{中段}{入力装置}{2つ}...=}(48)

{希哲15年10月14日5歩 K#F85E/A-E74C-884A}

主力機USB 機器整理

以下のような配置綺麗にまとまったため,いったん終了。これまで特に配置を決めず,適当にしていたので清掃後復元面倒だった。今後はこれを叩き台調整していく。

=}
{筐体背面}

{}