{希哲15年4月19日}{抜控}{抜控記録}=}(3)
{希哲15年4月19日}{睡眠記録}{7時間睡眠}{睡眠}=}(4)
{希哲15年4月の月記}{呼びかけ}{学べる}{律動感}{内容不足}{気を引き締める}{お祝い気分}{軽い風邪}{希哲15年4月19日}{一日一文}...=}(56)

{希哲15年4月19日の日記 K#F85E/A-E74C-0F65}

退院し,赤ん坊を連れてやってきた。今日から1週間ほど滞在する予定だ。長女も一緒のはずだったが,軽い風邪を引いていたため一旦帰った。

初めて抱く赤ん坊は言わずもがな可愛いものの,当面の共同生活がどれだけデライト開発影響するかは未知数だ。少し前から決まっていたことながら,何とも言えず組計上はあえて無視していた。今日は何かと手伝いもありお祝い気分でもあり,一日一文を書くので精一杯だった。

ここまでは短期集中生活後に十分取れていなかった休養だと思えばまだ問題ではないが,これ以上デライト開発失速させないように気を引き締める


一日一文書き方について少し考えた。

まず,一日の最後に書こうとすると気力が残っていないということがあるため,執務の中程で気分転換も兼ねて書くようにする。読まれやすい時間帯も考えると,18時前後が最適だろう。

題材選びはやはり難しい。書きたいことは山ほどあるが,1時間程度でまとめられることとなると限られてくる。大きく・重くなり過ぎたり,逆に内容不足になったりする。これは日頃ネタを溜めておくしかないか。


偶然にも昨日聞き始めた浪曲役立つかもしれない。

赤ん坊泣き声や突然の呼びかけに応えなければならない状況では楽曲より聴きやすい。ラジオのように気が散る情報は少なく,動画のように視覚を奪うこともないため,比較的集中力を保ちやすい気がする。文章律動感学べる

=}
{希哲15年4月19日}{画面記録}=}(2)
{希哲15年4月19日}{開発}{開発記録}=}(3)
{希哲15年4月19日}{整清記録}{整清}=}(3)
{希哲15年4月19日}{陶練記録}{陶練}=}(3)
{希哲15年4月19日}{体調記録}{体調}=}(3)
{希哲15年4月19日}
{}