{開発}{開発記録}{道手}{正規表現の単純化}{希哲15年6月19日の開発}{客体指向正規表現}{正規表現の複雑化}{Objex}{類型化}{類型化正規表現}...=}(27)

{希哲15年6月20日の開発 K#F85E/A-E74C-EADA}

定休日だったが,昨日の開発で感じた正規表現周りの課題についてよく考え,概ね方針まとまった

名前付きキャプチャを利用することも考えたが,保守性を考えると中途半端だ。そもそも正規表現は可読性が良いものではないので,正規表現の複雑化は避けたい。

正規表現の単純化をしつつ保守性機能性を保つ手段として,とりあえず特定正規表現の類型クラス採用することにした。これで複数の正規表現をまとめやすくなり,道手メソッドを通して参照厳密化出来る。

これを「類型化正規表現」と呼ぶべきか「客体オブジェクト指向正規表現」と呼ぶべきか少し迷った。「Objex」という略称は捨てがたいが,より厳密な前者で呼んでおくことにした。

{希哲15年6月19日の開発}

{}