{希哲16年6月3日の開発}{希哲16年6月3日の進捗}{利点が多かった}{小さな補足}{小さな注意書き}{加えても}{書き込んでいる}{並べて書く}{暇がなかった}{注意補足記法の様子}...=}(66)

{希哲16年6月3日10歩 K#F85E/E74C-DC5F}

点検まとめをして注意補足記法実装いったん終了十分使えるものにはなったので,ラベルアイコン対応後回しにする注意補足記法の様子

結局注意補足記法は以下のような形になった(「注意補足記法が出来ました!」より)

<!--
これは編集用コメントです。表示されません。
-->

!--
*これは小さな注意書きです*(`!` で開始)。目立たせる必要のない義務的な表示などに向きます。
--

!!--
*これは普通の注意書きです*(`!!` で開始)。軽い警告などに適しています。
--

!!!--
*これは重い注意書きです*(`!!!` で開始)。重要事項などの表示に適しています。
--

!?--
*これは普通の補足です*(`!?` で開始)。読み飛ばしても構わない程度の補足に適しています。
--

!??--
*これはより有用な補足です*(`!??` で開始)。推奨事項やヒントなどの表示に適しています。
--

当時詳しく書いている暇がなかったが,この方針2月27日の開発まとまったものだ。

注意記法補足記法に関しては当初 !? だけで書き分けるつもりだった1月24日16歩が,いざ ? だけを並べて書くと,補足というより疑問点書き込んでいるように見えてしまうことに気付いた最初一律 ! にする方が ?加えても気付き」「発見」のような意味合い感じられ補足記法調和すること,編注記法からの派生であることがより分かりやすいこと,小さな注意書き小さな補足区別難しさ役割重複避けられることなど,利点が多かった

結果的に注意記法補足記法一体感強くなったため,名称とりあえず注意補足記法」としている。

{進捗記録}{表示させたい}{大分類}{最初から}{記法的}{強調度}{希哲16年1月26日の進捗時限}{希哲16年1月26日の進捗}{希哲16年1月26日}{注意記法}...=}(42)

{希哲16年1月26日18歩 K#F85E/E74C-5EC9}

補足記法注意記法拡張性について検討して終了

この手の記法最初から役割細分化し過ぎると気軽に使いにく応用が効かず,記法的統一感もなくなりがちであるため,大分類として補足注意に分け,強調度任意ラベル指定出来るように設計している。

ただ,将来的に役割応じてアイコン表示させたいといった要求が出てくる可能性もあり,その拡張性確保しておきたい。

とりあえずアイコンを指定する記法考えておくことにした。それと例えば !! 注意 -- のように所定ラベルを同時に指定した時に注意書き用のアイコン表示する,といった拡張考えられる

=}
{進捗記録}{区切り線記法}{素出}{--?}{書き分けたい}{?--}{!--}{--!}{輩符}{区別しにくい}...=}(34)

{希哲16年1月26日15歩 K#F85E/E74C-869A}

進捗時限記録中略前後

注意記法補足記法区切り線記法併用についての整理終了

!--?--始まる場合の装体は,小書きにするだけでは周囲区別しにくいため区切り線を付けようかと思っていたが,普通の区切り線との併用がしにくそうなので,区切り線機能とは切り離すことにした。

素出上で書き分けたい場合は輩符の数を変えるなどしてもらえばいい。

区切り線を引くことを --!--?明示させてもいいかもしれないと思ったが,かえってややこしくなるか。

=}
{進捗記録}{文字装飾記法}{<small>}{置き換えられる}{補足部区}{注意部区}{一段階目}{希哲16年1月24日4歩}{強調度}{注意記法}...=}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。


そもそも注意書き目立つように書かれるものばかりではない,というところに引っかかっていた

二段階三段階かは迷ったが,二段階にして後から追加出来なくなるよりは,三段階にして一段階目無用の長物になる後悔の方が小さい


当初,記号の数で「重要度」を表すことにしていたが,内容重要性装体目立たせ方は必ずしも一致しないので,「強調度」程度の意味合いにしておくべきかもしれない。


ダッシュ記法への応用考えた

例えばデラング文書では,目次項目末尾<small>----輪郭記法</small> などと書いているが,これを ?----輪郭記法置き換えられるかもしれない。

23日12歩書いた小書き括弧記法を使わずに文字を小さくしたいと思うことはたまにあった」とはこのことだったが,あくまでも文字装飾記法の一種である文字サイズ記法フォント記法<small> 相当の表現完全に代替は出来ない。

{HTML}{デラング}{進捗記録}{!--}{--!}{役割的}{記法的}{汎用志向}{区別しにくい}{最初の案}...=}(51)

{希哲16年1月24日4歩 K#F85E/E74C-2164}

進捗時限記録前略

補足記法注意記法についての再検討終了

20日4歩を以下のように修正した補足記法!? にする)

!--
軽い注意書き
--

!!--
重い注意書き
--

!!?? から認識する20日4歩では,ある程度整えた文章ならともかく,砕けた文章との相性が悪いチャット掲示板の投稿くらいの文章では,疑問符感嘆符だけを並べ感情表現することはある。汎用志向デラングでは問題だろう。

最初の案から,開始記号終了記号区別しにくいため終了記号には区切り線使うことを考えていたので,自然に区切り線組み合わせることを考えた

偶然だが,これが記法的にも役割的にも HTML込め言 <!-- ... -->似ているのに気付いたことも採用への好材料となった。!-- ではなく --! を使うことも考えていた

{デラング}{ラテン文字}{進捗記録}{パンくず記法}{注意記法}{補足記法}{折り畳み記法}{感じさせてくれる}{歴史的な意義}{今となっては}...=}(166)

{希哲16年1月20日8歩 K#F85E/E74C-2FC4}

進捗時限記録中略

ひょんなことから予てから課題だった折り畳み記法急速にまとまった

折り畳み記法は,他の部区記法組み合わせ使える汎用的な記法として実装していくことにした。以下のように,部区開始行末^加えることで,その部区見出しなら階層下内容折り畳まれるようにする。厳密に言えば見出し階層下内容含む部区ではないが,例外的に扱う

・リストの折り畳み ^
  ・折り畳まれる項目

* 折り畳む見出し ^
折り畳まれる内容

+{埋め込みの折り畳み K#XXXX} ^

検討中,これがネタバレNSFW のような閲覧注意内容使えそうなことにも気付いた

きっかけからまとまるまで

補足記法・注意記法についての検討で,終了記号区切り線--)も使えるようにすることを考えた時,以下のように区切り線亜種として ^^ を使って折り畳めることをしてもいいのではないかと思い付いたことがきっかけだった。

?? 補足
補足内容
^^

この終了記号のように,他の部区にも統一的に応用出来る記法があれば何かと可能性が広がる。そこであれこれ検討してみると,部区終了記号だけでなく開始記号側にも分かりやすい目印欲しくなった。むしろそちらの方が自然場合多い

^対応する記号なら v考えられるが, などと異なり自然言語扱うデラングラテン文字導入しにくい日本語はともかく外国語問題が起きないとも限らない

何より下向きの三角形一般に展開されていることを表す記号なので,折り畳まれている記号として v開始記号添えるのは直感的ではない。となると,<>デラングではある程度活用方向性決まっているので,矢印的に使えそうASCII 記号^ しかない。

ここで,「行末^」を思いついた。これなら折り畳み記号としての直感性もあり,他記法とも組み合わせやすいパンくず記法で「行末>」を採用する直前にあっただが,微妙な違和感があり回避していた。この直感大当たりだった。

そして終了記号^^ とも整合的見える……と考え出したところで,今度はこっちの問題気になってきた。まず,日本人感覚ではぱっと見顔文字見える。そこで,--亜種であることが分かりやすいように --^考えてみたが,空行挟まない特定の文字指しているような記号見える

そもそも開始行末1個あれば,特別な終了記号要らないことに気付くまで時間はかからなかった結果的に非常にすっきりしたになった。

他の検討案

昨年6月18日の開発時点からは,以下2案があった。

++ ラベル
折り畳まれる内容
--

? ラベル
折り畳まれる内容
!

前者がこれまでの最新案で,区切り線--対応させて,++使うツリー開閉記号しばしば +-使われることに引っかけただったが,埋め込み記法渡括記法との紛らわしさから現時点での採用考えにくい。特に最近では ++使った行内埋め込み記法有力視していることもあった。無理に区別出来なくはないが,意味的な整合性確保するのが難しい

後者は,補足記法注意記法方向性固まった今となっては採用余地皆無だが,当時から今回の検討きっかけになった補足記法との組み合わせ考えていたことを示すであり,歴史的な意義感じさせてくれるものではある。

{進捗記録}{注意記法}{補足記法}{希哲16年1月20日8歩}{3個}{ややこしくなりそう}{4個}{2個}{記号の数}{直感的な記法}...=}(37)

{希哲16年1月20日4歩 K#F85E/E74C-D402}

進捗時限記録前略

補足記法注意記法についての検討終了

概ね以下のような形で実装していくことにした。

??
軽い補足
??

???
重い補足
???

!!
軽い注意書き
!!

!!!
重い注意書き
!!!

終了記号には開始記号のほか区切り線--)を使うことも出来る。また,開始記号に続けてラベル指定出来るようにする。


少し前から,この手の記法導入するとしたらどうするか考えていたが,これ以上直感的な記法無さそうなのでこの方向固めることにした。

記号の数は,2個以上4個未満4個以上軽重基準にしようと思ったが,ややこしくなりそうなので2個3個以上単純化した。

{折り畳む}{補足記法}{折り畳み記法について}{渡括}=}(4)

{折り畳み記法は渡括記法と融合させた方がいい気がする K#D657/F9C8}

「気がする」だけで確乎たる根拠があるわけではないです。

一応の理由はあります。

ある文章を折り畳みたい状況を考えると、
「その情報は知識として描き出したいけどその輪郭の中では邪魔」
という場面ではないでしょうか。

その状況って渡括による輪郭埋め込みの一場面として考えられませんかね。
確実に埋め込み先の輪郭の一部をなす要素(だから引き入れとかりんけつでは結びつきが弱すぎる)だけど、実態としては独立的に存在していた方が見通し・都合が良い、という。

個人的な感覚だと、渡括は物凄く大きな概念であり、その膨大な用途の一つに「折り畳み記法を使いたい状況」があるような感じです。

=}
{補足記法}

{}