{希哲館事業}{一日一文}{『希哲日記』}{希哲16年1月}{デライト}{見ていく}{極めて良好}{遅くとも}{大々成功}{越したことはない}...=}(93)

{希哲15年11月1日の日記 K#F85E/A-E74C-5B91}

希哲館史上最高の環境希哲館創立14周年迎え15年目始めることが出来た。

5時前起床は出来ず,若干気怠さ感じることもあったが,9時からの8時間執務ばら成しよく作業進め日課それなりにこなし,終わってみれば気持ちの良い一日だった。朝の日課再開出来,久しぶりに一日一文書けた一日一文長引準備運動程度だったが,新生デライト開発の再開果せた


今日から,当面の目標をこれまでの「デライト収益目標達成」ではなく「デライト収益乗軌化」とすることにした。

思えば,「デライト収益目標達成」には,この水準環境を整える資金調達という意味もあり,必ずしも持続性求めていたわけではなかった。その目的金風果してくれた今,次に考えるべきことは,デライト成長軌道に乗せることだ。「デライト収益化」から「デライト収益目標達成」に表現変えた時同様,また一つ踏み込めるようになったということだろう。

金風によって長期的観点を持ちやすくなっているが,弛緩しやすい状況でもあるため,常に月内目標達成目指すという方針はまだ維持しておく。つまり,現在の目標11月中のデライト収益乗軌化だ。

金風以前でも,希哲館事業何十年でも耐えうる持続性確保していたが,問題開発生活ゆとりだった。そのゆとりももう尽きるか,という時に金風が起きてくれた。今のところ,来年中頃まではゆとりある開発生活を送れる見通しだ。

ゆとりのある内にデライト収益乗軌化を果せればそれに越したことはないので,「デライトの早期成功」の目安としている来年1月までの乗軌化大々成功遅くとも来年中頃までの乗軌化大成功といったところだろう。

金風直前の状況でも楽観的だったのは,極めて良好開発状況があり,収益目標達成への手応え感じていたからだ。いつ収益目標達成出来てもおかしくない思っていた。そこでこれだけのゆとりが出来たのだから,失敗想像する方が難しい状況にある。

あとは,毎日やるべきこと出来ているかどうかだけしっかり見ていく

{希哲館}{希哲館事業}{『希哲日記』}{デライト}{ネット環境整備}{綺麗な展開}{公式に}{政治的独立性}{拭えない}{誤解の余地}...=}(133)

{希哲15年10月31日の日記 K#F85E/A-E74C-BA88}

今日までに途中まとめ作業片付けてから明日希哲館創立14周年迎えようと思っていたが,順調に改善している生活律動のため,無理せず来月持ち越すことにした。雑多な考え事頭が一杯だったところに,たまたま被った第49回衆議院議員総選挙のせいでまた一つ重い考え事が出来てしまった。

新生デライト開発の再開とともに朝の日課再開するつもりだったので,ネット環境整備ドメイン名完全集約についてのまとめ月記穴埋めは,朝の輪郭整備少しずつでも片付けていくことにした。

結局金風希哲館事業14年目最後を飾ることになった。15年目デライト収益目標達成せば,それはそれで綺麗な展開だ。


今回の総選挙では,記憶にある限り初めて白票を投じてきた。

私の政治思想明快既成政治勢力一線を画しているが,これは選挙権得た20歳の頃には概ね固まっていた。従って,既成政党政治家積極的に支持することはない,という立場一貫している。ただ,この立場正しく投票行動反映させるのは難しいとも感じていた

これまでの選挙振り返ると,ほぼ野党への消極的投票消極的野党支持棄権のどちらかだった。黙って投票するなら白票よりは消極的野党支持の方が有効だろうと思っていたし,希哲館事業成り行きの方が日本にとって重大な政治問題であるという考えで,寸刻を惜しむような時期には堂々と棄権してきた。

今回白票を投じることになった理由としては,デライト上で投票記録を取ることを考えるようになっていたことが大きい。これまでは,投票に行ったとしても適当な野党野党候補に入れるだけだったため,投票先に関しては記録もしていなければほとんど覚えてもいなかった。

しかし,希哲館執務長としての投票行動公式に記録公開することを考えると,消極的支持とはいえ特定政党や特定候補者名前を出すことは誤解を招きかねず,極力避けたい棄権にも政治参加否定するような別の誤解を招く可能性がある。となると,白票を投じるしかないことになる。

こう考えて投票を終えた後で,第25回参議院議員通常選挙時のように具体的な投票先を明かさない消極的野党支持という選択肢もあることに気付いたが,それにしても誤解の余地はあり,不透明感拭えない。結局,白票一番潔い。「希哲党」と書きたい気持ちもあったが,今は迷惑行為にしかならないだろう。

公開前提とするなら,白票にも希哲館政治的独立性表明する手段としての意義見出せなくもない。希哲党結党実現するまでは,この「白票原則」を採用することにした。長年すっきりしない問題だったので,これはこれで大きな収穫だった。

=}
{デライト開発}{デラング}{『希哲日記』}{希哲11年}{手定め}{遠ざかる}{遅らせた意義}{引っかかっていた}{待っていた}{落ちていた}...=}(93)

{希哲15年10月27日の日記 K#F85E/A-E74C-57D7}

昨日開発環境整備一環として消極的に考えていた SLFS 開発の再開だが,献典整備としての可能性もあることに気付き,新生デライト開発とともに再開することを決めた

当然ながら無駄に新生デライト開発圧迫するわけにはいかないので,相乗効果生み出すようにやっていきたい

SLFS希哲11年実用化してから,あえて深追いすることを避けてきた。ほとんどは実用上の問題が生じた時に設定パッケージ引装などを行うくらいで,それも SLFS 開発というよりは用者として使っているという感覚であり,事実上開発停止状態に近かった。

直接収益化結び付けるのは極めて困難予想されたため,パッケージ下信ダウンロード引装インストール手定めにかかる時間最小化するための極力良いネット環境高性能開発機,そして十分な時間用意する必要があると考えていた

SLFS希哲社にとっても大きな財産だったが,自分で使っているだけということに「死蔵」というべきもったいなさ常々感じていた時間の経過とともに忘れていること増え保守性落ちていた。これを改めて実感したのが昨日の核脳カーネル周りの調査だった。

SLFS 開発から遠ざかるようになっておよそ一年後デライト開発に入り,デラングも含めて描出環境描出手法飛躍的な発展遂げ今にいたる。希哲11年に比べ,技術記録もはるかに描き出しやすくなっている金風によって多少の時間的余裕も出来た。

こうした環境の変化によって,気付けば十分な時間対効果見込めるようになっている。SLFS にもようやく世に出せる時が来たということだろう。新生デライト開発の再開前に何かが引っかかっていたが,この時を待っていたのかもしれない。それなら遅らせた意義もある。


昨日に続き5時前起床は出来たが,短時間睡眠続きなので早く寝ることにした。

28日振り返り日記

=}
{『希哲日記』}{}{ネット環境整備}{多過ぎた}{腰を据える}{もう一息}{残した}{希哲15年10月25日}{まとめ作業}{新生デライト開発の再開}...=}(45)

{希哲15年10月25日の日記 K#F85E/A-E74C-CEE4}

新生デライト開発を再開する前に,中途半端ネット環境整備ドメイン名完全集約についてのまとめ作業終わらせようとネット環境整備の方から着手した。

ネット環境整備に関しては安定性若干課題残したまま一段落としたが,折角ここまで整備したのに惜し思えてきたもう一息なので,この不安定性早めに解消してしまうことにした。

もう25日なので,デライト収益目標に関しては今月中の達成断念し,11月腰を据え取り組むことにした。

新生デライト開発没頭出来るよう,今のうちに月記穴埋めもしておきたいと考えると,今月整理整備まとめ割り切るべきかもしれない。むしろその方が希哲館創立14周年気持ち良く迎えられる気がする。それでも収穫多過ぎたくらいだ。

=}
{6時間睡眠}{『希哲日記』}{調子が狂う}{早まらない}{調子が整う}{希哲15年10月20日}{新生デライト開発の再開}{少しずつ}{出来ていない}{寝てしまう}...=}(23)

{希哲15年10月20日の日記 K#F85E/A-E74C-32FE}

少しずつ調子が整ってきているような気はするが,まだとりとめのない考え事が多く,新生デライト開発の再開には至らなかった。

一つの原因として,睡眠調整が思うように出来ていないということがある。最近6時間睡眠程度にして早起きしようと思っても二度寝三度寝して8時間前後寝てしまうので,起床時間早まらない。結局,執務開始からすぐ昼食休憩になったり,なにかと調子が狂う

こうなったら本当に早く寝るしかない。

=}
{『希哲日記』}{思い立つ}{ネット環境整備}{良しとする}{開発上}{重荷を下ろせた}{切り離せない}{詳しいこと}{重要な問題}{希哲館事業最初期}...=}(60)

{希哲15年10月18日の日記 K#F85E/A-E74C-470D}

新生デライト開発の再開機に明日から朝の日課朝の輪郭整備朝の一日一文再開することにした。律動的集中生活に入る前の生活様式戻ることになる。


ネット環境整備についてなど溜まったまとめ作業片付けてから開発に入ろうと思っていたが,ふと思い立ってドメイン名管理方針検討に入ったことで思いのほか消耗し,新生デライト開発の再開お預けとなった。

公式運用するドメイン名kitetu.comkitetsu.com のみに絞り込むドメイン名完全集約」の方針決定した。詳しいことは後でその輪郭まとめることにした。

途中,昨日から急激冷え込んできたので風邪でも引いたかと思うくらいに気持ち悪くなったが,どうもそれだけ重い問題だったようだ。

ドメイン名希哲館事業最初期から戦略的重要な問題であり,希哲館事業の歴史とは切り離せない関係にある。振り返れば本当に色々な試行錯誤をしてきたので,色々なこと思い出してしまうし,考え込んでしまった。全ては kitetu.com へのドメイン名統一までに必要な寄り道だったのだろうと思う。

ドメイン名完全集約を決めたことでまた一つ重荷を下ろせた。これも開発上収穫と言えなくもないので良しとする

19日振り返り日記

=}
{新生デライト開発の再開}

{}