{需要がある}{地味ながら}{厳密に考える}{見分けが付く}{開いている時}{実装出来た}{現仕様}{万能ではない}{`resize: vertical`}{高過ぎず}...=}(115)

{希哲16年3月30日の開発 K#F85E/A-E74C-7061}

描写欄高さ問題きっかけ自動リサイズ機能字数計実装出来た。ほか装体調整など。

出振るい済み

自動リサイズ機能

旧輪郭選り手では,描写欄出放り高さ新規描出フォーム10em再描出フォーム15emとしていたが,新輪郭選り手ではたまたま15em統一されていた画面撮り10emでは長文書きにくいのでこれはこれでいいかと思ったが,やはり新規描出フォーム一言だけや知名だけの描出使うことも多いためこの高さでは邪魔臭い

ここで,予てからぼんやり検討していた自動リサイズ機能導入考えた一応 resize: vertical設定してあるが,万能ではない10emから20em程度までの範囲で,改行毎に自動リサイズさせる。導入予定字数計では字数情報必要になるため,一緒に行数保持させることにした。

実際に試してみると,1em刻みでも2em刻みでも違和感があったため,10emから19emまで1.5em刻みリサイズするようにした画面撮り初期状態最大自動リサイズ19emだと個人機でも低過ぎず高過ぎずスマートフォン縦向き柔品キーボード表示させてもちょうど収まる程度の高さになる。折り返し多い1行もありうるため,厳密にするなら字数考えるべきだが,とりあえずはこれで様子を見ることにした。

再描出フォームに関しては,さほど目立つものでもなく,描写部高さ合わせて描写欄開くようになっている現仕様悪くないので,現状維持様子見しておく。

字数計

字数行数保持出来たことで字数計難無く実装出来た描出ボタン時印左側邪魔にならないように表示させてみた字数計の様子

下見字数分けようかと思っていたが,下見開いている時下見字数置換すれば十分であることに気付いた一応見分けが付くようにに「」を付けるようにした。

これも,厳密に考える特殊な文字符号などを考慮する必要があるが,キリがないのでとりあえず .length による概算でよしとしておく。

字数計は,地味ながら意外に需要があることを市場調査通して知った自分でもたまに欲しくなることがあった。

{デラング}{ラテン文字}{進捗記録}{パンくず記法}{注意記法}{補足記法}{折り畳み記法}{感じさせてくれる}{歴史的な意義}{今となっては}...=}(166)

{希哲16年1月20日8歩 K#F85E/A-E74C-2FC4}

進捗時限記録中略

ひょんなことから予てから課題だった折り畳み記法急速にまとまった

折り畳み記法は,他の部区記法組み合わせ使える汎用的な記法として実装していくことにした。以下のように,部区開始行末^加えることで,その部区見出しなら階層下内容折り畳まれるようにする。厳密に言えば見出し階層下内容含む部区ではないが,例外的に扱う

・リストの折り畳み ^
  ・折り畳まれる項目

* 折り畳む見出し ^
折り畳まれる内容

+{埋め込みの折り畳み K#XXXX} ^

検討中,これがネタバレNSFW のような閲覧注意内容使えそうなことにも気付いた

きっかけからまとまるまで

補足記法・注意記法についての検討で,終了記号区切り線--)も使えるようにすることを考えた時,以下のように区切り線亜種として ^^ を使って折り畳めることをしてもいいのではないかと思い付いたことがきっかけだった。

?? 補足
補足内容
^^

この終了記号のように,他の部区にも統一的に応用出来る記法があれば何かと可能性が広がる。そこであれこれ検討してみると,部区終了記号だけでなく開始記号側にも分かりやすい目印欲しくなった。むしろそちらの方が自然場合多い

^対応する記号なら v考えられるが, などと異なり自然言語扱うデラングラテン文字導入しにくい日本語はともかく外国語問題が起きないとも限らない

何より下向きの三角形一般に展開されていることを表す記号なので,折り畳まれている記号として v開始記号添えるのは直感的ではない。となると,<>デラングではある程度活用方向性決まっているので,矢印的に使えそうASCII 記号^ しかない。

ここで,「行末^」を思いついた。これなら折り畳み記号としての直感性もあり,他記法とも組み合わせやすいパンくず記法で「行末>」を採用する直前にあっただが,微妙な違和感があり回避していた。この直感大当たりだった。

そして終了記号^^ とも整合的見える……と考え出したところで,今度はこっちの問題気になってきた。まず,日本人感覚ではぱっと見顔文字見える。そこで,--亜種であることが分かりやすいように --^考えてみたが,空行挟まない特定の文字指しているような記号見える

そもそも開始行末1個あれば,特別な終了記号要らないことに気付くまで時間はかからなかった結果的に非常にすっきりしたになった。

他の検討案

昨年6月18日の開発時点からは,以下2案があった。

++ ラベル
折り畳まれる内容
--

? ラベル
折り畳まれる内容
!

前者がこれまでの最新案で,区切り線--対応させて,++使うツリー開閉記号しばしば +-使われることに引っかけただったが,埋め込み記法渡括記法との紛らわしさから現時点での採用考えにくい。特に最近では ++使った行内埋め込み記法有力視していることもあった。無理に区別出来なくはないが,意味的な整合性確保するのが難しい

後者は,補足記法注意記法方向性固まった今となっては採用余地皆無だが,当時から今回の検討きっかけになった補足記法との組み合わせ考えていたことを示すであり,歴史的な意義感じさせてくれるものではある。

{文字サイズ}{進捗記録}{目立たな過ぎる}{装体の調整}{読みにくさ}{短い URL}{事情が異なる}{ちょっと長い}{文書の傾向}{検討していた}...=}(94)

{希哲16年1月19日1歩 K#F85E/A-E74C-5396}

デライト装体調整URL 装体調整終了

直書き URL<a.URI>font-size: 0.9em等幅フォントにしたURL 装体調整前後字間無し昨年6月30日の開発からだが維持する。

直書き URL のある描写読みにくい問題はずっと以前から感じていて,何度か調整しているが,一昨日の開発中にふと,「文字サイズ小さくしていない」ことに気付いた

昨年6月30日の開発字間無しにしているが,等幅フォントにして変に目立ち過ぎるという理由したりもしている。この時になぜ文字サイズ小さくするという発想がなかったのか不思議だ。他にも問題山積していて思考時間割けず灯台の下まで目が行かなかったか。

今回<kbd><code>装体について考えていたところだったので,その関連気付けたのだろう。

文字サイズはやはり0.9em丁度良い0.8emにすると長い URL はともかく短い URL提示する時に今度は目立たな過ぎる


これにより,十分凝縮されメリハリが付いたので,予てから検討していた長い URL の省略については保留とすることにした。

長い URL の省略は,簡単なようでいざ導入しようとすると意外と難しい問題がある。

まず,デライト上文書の傾向からいっても,「ちょっと長い」程度の URL省略したくない。URL全体情報として有用場合しばしばある。このあたりはマイクロブログなどとは事情が異なる

では,どこで省略すべきかという問題になるが,長い URL許容すればするほど比較的短い URL読みにくさ解消されないというジレンマがあった。これは装体の調整解決した。

そもそも輪結記法[ ... ]もあるので,現状維持で特に困ることはないだろう。そのうち https://example.com/abc ... xyx のような省略記法導入してもいい。

ただ,パーセント符号化復号はしたい。これは昨年3月22日2歩決めていたことだが,少し面倒臭い部分がありいまだに実現していない。

{開発}{開発記録}{選り手}{編集モードと閲覧モードが切り替わる欠点}{規模的に}{欲しくなってきた}{書いてきた}{かなりの長文}{反して}{問題らしさ}...=}(65)

{希哲16年1月4日の開発 K#F85E/A-E74C-441F}

雑多な考え事


SLFS起動管理系整えたことで,そろそろ画面管理系欲しくなってきた規模的に早期独自実装視野に入る


知機における自我認証PAM採用検討画面管理系について考えていたところで気付いた


現状輪郭選り手問題として,文章においても部分編集がしにくいという問題があり,用者からも指摘されている

予てから問題だとは思いつつ,その感覚的な問題らしさ反してかなりの長文書いてきたがあまり困ったことがないのが不思議だった。よく考えてみると,長文であればあるほど誤字脱字気になる箇所増えるし,まず修正箇所一点に収まることがないので,結局,最初からざっと点検しつつあちこち修正する,という作業をしていることが多い。こういう修正仕方だと,最初から全体選り手いてしまった方が無駄な表示切り替えなどがなく,かえって効率的とも言える。

とはいえ,こればかりは書き手によるところが大きく,手段多いに越したことはないので,部品単位編集一種として段落毎の編集可能にするなどで対応することになるだろう。

{予てから}

{}