{副日記}{デラング}{今の}{十分高い}{損はしない}{どう転んでも}{顕著に}{パンくず記法実装}{大きな狙い}{月別}...=}(132)

{希哲16年3月5日の日記 K#F85E/E74C-6986}

一昨日から始めていた輪郭整備目下課題だったまとめ作業統合し,「大輪郭整備」として継続することにした。この上旬中に,昨年から引きずっている全てのまとめ作業片付けることを目指す

この期間開発作業必要性時間対効果十分高い部分限って行うことにした。大輪郭整備没頭するため,すぐ片付けられるこまごまとした問題明日まとめて片付けることにした。


昨日いったんまとめ作業集中することにしたが,この時点では前次記法実装をした先月24日からのまとめ作業想定していた

しかし,一昨日輪郭整備手応え思いのほかく,昨日止まらなかったこの勢いで,昨年から引きずっているまとめ作業片付くのではないか,と考え始めたのが昨晩就寝直前だった。

数週間ならともかく,数ヶ月範囲になると局所的なまとめ作業」では埒が明かない。その上,連日新たな収穫がある。というわけで24日以前のまとめ作業諦めかけていたが,輪郭整備という形で外堀を埋めるようにまとめていくのが意外と近道かもしれないと思えた

最近出来たパンくず記法前次記法効用がやはり大きい主たる上位階層パンくず記法で,下位階層強調輪符交えつつ箇条書き記法で,前次関係前次記法で,と基本的な輪郭間関係書き込みやすくなり,これまでになっていた無数の輪郭描写急速に充実してきている

一昨日からは関連の輪郭整備本格化し,これがまとめ作業効率化繋がりうることに気付いたこれまで日記にせよ副日記にせよ,年別月別には整理されていなかったずっとやりたいとは思っていたものの,時間対効果疑問があった。当然書き込む手間多少増すが,今のデラングなら閲覧性操作性改善がそれよりずっと大きい終わらないまとめ作業十分に成熟したデラングやるなら最良の時期だろう。

当然現状課題当努整理にも,献典整備にもなるが,もう一つの大きな狙いとして SEO がある。パンくず記法実装をした1月14日頃から顕著に検索演心からの評価上がり,検索流入増えているどう転んでも損はしない作業になるだろう。


6日振り返り日記

=}
{進捗記録}{高い}{希哲16年1月31日の開発}{希哲16年1月31日14歩}{見送ってきた}{別の記法}{必要性に乏しい}{閲覧性}{重い強調輪符}{予想される}...=}(97)

{希哲16年1月31日13歩 K#F85E/E74C-0A95}

進捗時限記録中略

閲覧専用模動強調輪符多重輪括弧についての整理終了


多重輪括弧は,単純に外側の輪括弧をそのまま全て表示する仕様まとめていくことにした。この場合,閲覧専用模動でも輪結になる。役割を考えると,この場合の輪結先閲覧専用模動ではなく後景一覧あるいは重い強調輪符との組み合わせ輪郭ページにすべきか。

直近の検討では,全知検索における多重輪括弧(個数にかかわらず)輪括弧1対だけ表示し,閲覧専用模動における二重輪結化のみ,三重以上で輪括弧表示する,といったように模動によって表示仕方変えるつもりだった。

これは,輪括弧輪結化する“水準”を表すものと考えれば自然な記法思えたが,模動にかかわらず輪括弧表示させたいという時にわざわざ {{{あれ K#XXXX/XXXX}}}書かなければならないなど,実際には煩雑紛らわしくなることが予想される。現に,こう説明してみても分かりにくい

この複雑な仕様必要なことがあるとすれば,閲覧専用模動強調輪括弧表示もせずに輪符輪結化したいという場合だが,閲覧専用模動用途全知検索との使い分け考える必要性に乏しい相応しい別の記法がありそうだ(これは次歩方針解決か)


二重輪符」や「多重輪符」という用語考えたが,このあたりは将来的に輪符の入れ子にもかかわりそうなので,もう少し整理したい。

輪符の入れ子から検討しているものの,必要性に対する複雑化懸念から見送ってきた。ただ,あれば表現の幅広がるのは間違いないので,将来的に対応する可能性高い


強調輪符閲覧専用模動でも輪結化するという方針維持する

最近全知検索では重い強調輪符のみ輪結先後景一覧ではなく輪郭ページにする方針固まり,より文書として読みやすい形で表現出来るようになるだろう。

閲覧専用模動構想初期に比べて,まず全知検索閲覧性十分なものにするという方向軌道修正している昨年12月6日の開発における輪結装体調整もその一環だった)ため,全知検索閲覧専用模動での表現差異必要最小限留め全知検索読みやすいように書いた文書自然に閲覧専用模動にも適したになるようにしたい。

{デライト}{開発}{開発記録}{見てもらえる}{見れる環境}{上信時}{大した}{代替形式}{写真投稿者}{WebP 統一}...=}(31)

{希哲15年12月3日の開発 K#F85E/E74C-0931}

9月3日の開発では見送ることにした添付画像WebP 統一だが,写真投稿者という立場改めて検討し,ここで統一してしまうことを決めた

デライト画像素材などは代替形式用意することに大したコストはかからないため現状維持として,添付画像に関しては原則として上信時WebP 変換する。

文字献典基礎にしていることはデライト強みなので,ここは割り切り,見れる環境見てもらえればいい,と写真投稿者という立場でも思えたことが決め手だった。

=}
{希哲館事業}{『希哲日記』}{希哲15年}{思い立つ}{時間潰し}{引きずっていく}{生身の人間}{背負える}{思い出せた}{昔の自分}...=}(100)

{希哲15年11月17日の日記 K#F85E/E74C-677F}

しっかり運動したせいか,昨晩よく眠れた最近睡眠の質落ちている感じていたが,やはり運動不足大きいようだ。

から調子が良かったが,まだ疲労感抜け切っていないため,午後からはのんびり過ごした

身体内部的消耗への懸念から今年一杯は休養必要かもしれないと思っていたものの,このまま無理せず少しずつ調子を整えていけば1週間程度で高進捗回復力釣り合ってきそうだ。急がば回れとはよく言ったものだ。

希哲館事業重圧なんて本来生身の人間まともに背負えるものではない,ということを忘れる身を滅ぼすすっかり日常になり麻痺していた。休み休み引きずっていく,くらいの心構え丁度良いのだろう。


今日はふと思い立って近くの快活CLUB行ってみた大人になってから漫画を読むことがほとんどないので,久しぶりに読みたい思っていた

漫画喫茶は,むかし時間潰しで何度か入った都内があるが,狭い汚い煙草臭いとあまり良い印象が無かったので,適当な所に入るのも気が進まなかった

そこで,昔一度だけ行った記憶がある近くの快活CLUB思い出した。確か日本橋転居する直前くらいの時期だったから,10年以上前のことだ。当時は漫画を読むためではなく,ノート PC持ち込んで仕事をしようとしていた気がする自宅での作業がなかなか捗らずあちこち移動しながら作業環境変えてみていた頃だ。いま自宅作業没頭出来るようになっていることを考える凄まじい進歩だ。

評判が良いだけあって快適良い気分転換になったが,試行錯誤していた昔の自分思い出せたことも大きな収穫だった。ますます今の環境大事にしようと思えた

{デライト}{希哲館事業}{『希哲日記』}{新型コロナウイルスのワクチン接種}{希哲15年9月の月記}{被ってみた}{助けられてきた}{売っていない}{金の心配}{手にしている}...=}(75)

{希哲15年9月26日の日記 K#F85E/E74C-534A}

今日は1回目新型コロナワクチン接種から出かけ,少しぶらぶら歩いた

時間かの岐路時間んで歩んできたこの9年だが,もし金を選んで,今と同じくらい奇跡的成功し,数百億円やら数千億円やらの金を手にしていたらどうなっていたか,などと考えた

やはり,希哲館事業をここまで持ってくるには,そこから更に10年前後かかるだろう。それも奇跡的に上手く行っての話だ。時機を逃せば,どれだけ金をかけても時間をかけても無理だろう。しかし,今の希哲館事業なら金はどこまでも,どうとでもなる。

どこにも売っていない,誰も持っていない物は時間から生み出すしかない。金は後から付いてくる。この考え正しかった。どれだけ金を積んでも手に入れられないデライトという至宝を,いま私は手にしていて,金の心配まで無くなったのだから。

ってからは作業場周りの大掃除をした。積年垢を落とせたようで清々しく,気持ち良かった

色々な思い入れのある音楽聴きながら,色々な思い入れのある物の埃を取っていると,ここにいたるまでの思い出走馬灯のようにってくる。思わず感極まってしまった。

つくづく恵まれ助けられてきた人生だった。今度こそ自分が助けられるように頑張らなくてはならない,と思えた


注文していたニット帽届いたので入浴後に被ってみた

目立って悪いところもなく,記憶している限り手触り愛用していた物に近いが,やはり何年も使っていたものの代わりとしては多少違和感がある。以前の物も最初はそんな感じだった気もする。使っていれば馴染むのかもしれない。

=}
{デライト}{隠し}{『希哲日記』}{希哲15年9月の月記}{KNEST 隠し実装}{空想的な}{時間を充てる}{本格的に}{変えていなかった}{間違える}...=}(137)

{希哲15年9月15日の日記 K#F85E/E74C-6D50}

昨日KNEST 隠し実装の再開決めたのが寝る頃で,消化不良だったため,今月中間まとめ兼ねて頭の整理をしておくことにした。再開によってデライト収益目標達成展望急に明るくなったような気がしたが,それが何故なのか理解出来ていなかった

そもそも今月に入ってから,新生デライト開発はまたもや不思議な軌道を描いていた。機能整備進めようという意識とは裏腹に,実際には高速化開発環境整備知機駒手整備手定め環境整備デバッグ環境整備多くの時間を割いた。また脱線しつつあるなと感じてはいたが,収穫大きかったので成り行き任せにしていた。これが KNEST 隠し実装の再開繋がったのは,単なる偶然ではなさそうだ。

いま思えば,8月頃からデライト収益目標達成に向けた具体的な道筋がこれまでにない鮮明さで見えてきて,具体的な数字掴めてくるにつれ,一つの不安浮上していた。それは,デライトにおける性能面の課題だった。現実装では,収益目標達成に必要握接量捌けないのは明らかだった。

ただ,これまでの自分なら,そんなことは気にせず問題が起きたらその時に乗り越えればいい,という感覚突き進んでいただろうし,意識の上ではまだそのつもりだった。無意識下でそれに反するような行動をしていたのは,日に日に増していくデライトの成功に対する現実感のせいでもあっただろう。空想的な見通しの甘さ許容出来なくなっていた。

今のデライトは,デライト高速化着実進展によって性能面でも健闘しているが,それは低負荷状態の0.1秒単位でのページ表示速度を上げていくようなもので,握接集中対策への突破口は見えていなかった。

その明らかな理由KNEST 隠し実装停滞であるということと,いまその再開最良の時期訪れていることに気付いた。この時,一気に展望明るくなったように感じた。これまでの不可解軌跡も,ここに導かれていたのだと思えた

現在,高速化機能整備文書整備同時進行させることにしているが,KNEST 隠し実装中断した5月から急速に発展展望が開けていた機能整備文書整備に対し,切り札を失ったままでいたのが高速化だった。ここでそれが復活したわけだ。

KNEST 隠し実装中断したのは,実装方針への迷いからだった。隠し初期設計間違える足枷になりやすく,早まった最適化になりかねない。しかし,7月から8月にかけて新生デライト像が固まったことで実装見通し劇的に改善している。これから機能整備文書整備を進めて集客本格化させようというところで,性能問題での機会損失極力避けたい確かに再開するとしたらこれ以上ない時期だ。


10月中のデライト収益目標達成に向けて組計調整することを決めたのは7日だったが,まだ月内達成可能性も見ていたため,ここまではあえて態勢変えていなかったKNEST 隠し実装の再開という大義名分も出来たところで,本格的に頭を切り替えることにした。

今月後半雑務処理をしっかりこなしたいので外出も多くなる見通しだが,とりあえず,中旬一杯は KNEST 隠し実装開発時間充て様子を見る

16日振り返り日記

{思えた}

{}