{最近の変化}{これこそ}{これからは}{中層}{中層の文体}{深層の文体}{表層の文体}{捉えていた}{敏感に}{今後は}...=}(107)

{希哲16年5月9日の日記 K#F85E/E74C-81EE}

昨日それなりに精神力使ってしまったので,半休にした。事務的な用事片付け組計調整出来デライト宣伝でも良い手応えがありと充実していた

引き続き6月新生デライト完成目標とするが,不測の事態想定7月まではゆとりを持たせることにした。いずれにせよ新生デライトの完成完全なデライトの成功直結する状況だ。十分な宣伝をしつつ,この期間確実に新生デライトを完成させられるかどうか。その時間配分全てがかかっている


黄金週間総括は,ちょっとした時間まとまりそうにないので,いったん断念することにした。そのうち振り返ることもあるだろう。

これまでの献典課題解消するような新しい文体出来たこと,それにより自分の中でデライト現実感ぐっと増したこと,その背景希哲館訳語なども含めて希哲館事業構想全体円熟があること,デライト一夜革命向けた本格的な伐木」が始まったのだということ,等々短い間色々な思い気付きがあった。いま文章にするには複雑過ぎる

初めてこの心境の変化気付いたのは夢の中だった。あのひどい悪夢は,大惨事起こる直前まで,最近の変化をこう前向き考えるようになったという良い夢だった。潜在意識心境の変化敏感に捉えていたのだろう。

一日一文新しい文体自然にツイストにも影響していたが,今後は一日一文ツイスト文体意識的に統一することにした。これまでいわば深層の文体中心たまに表層の文体」を使う程度だったが,「中層の文体」が加わり,これからは表層中層献典厚み増していくだろう。これこそ伐木」だ。

{HTML}{HTML5}{進捗記録}{AsciiDoc}{主述記法}{決め手に欠ける}{優先的に}{普及状況}{寄せておく}{重視すべき}...=}(75)

{希哲16年1月15日6歩 K#F85E/E74C-98C8}

進捗時限記録中略

<dl>対応する語釈記法仮称についての検討終了

まずは,AsciiDoc複数行ラベル記法取り入れることにした。


以前から 氏が使っていたことで AsciiDoc 風記法導入考えるようになったが,末尾::名称空間知符として多用していたため,語句:: 定義単一行ラベル記法導入するとおかしくなる輪郭がいくらかあるという問題があった。

ただ,最近この手の文字列交度記法利用統一すべきという考えまとまっているため,移行作業問題はあるものの仕様として導入することに問題はなくなった。そこで,すぐに取り入れても問題なさそう複数行ラベル記法から取り入れ,どう拡張するかは追い追い考えていくことにした。

記法名仮に語釈記法」とした。HTML5<dl>〈definition list〉から〈description list〉意味合い変わっているが,語句に対する説明という大まか意味には適っている

AsciiDocラベル記法はもっと汎用的使えるものらしいが,デライト重視すべき HTML では意味付け重要なので,とりあえず <dl>用途寄せておく


他に,Markdown Extra などで採用されている行頭 :記法検討した。記法として悪くはないが,普及状況いまいちで,優先的に採用するには決め手に欠ける

=}
{希哲館事業}{『希哲日記』}{散歩}{浦安本館構想}{出来ること}{位置付けている}{頻繁な往復}{最重要拠点}{現実的な問題}{寿命を縮めた}...=}(94)

{希哲15年10月3日の日記 K#F85E/E74C-358A}

定休日なので利楽して過ごした。ここしばらく,休日といっても何かしら作業をせずにいられなかったが,この日は久しぶりにぼーっと出来た。

金風以後,事務的な問題片付きつつあるが,それよりも,人生設計人生観問題にまで波及しているのがなかなか重たい。とにかく色々なことしみじみ考えてしまう

特に急浮上していたのが「鎌倉問題」だった。発足から間もなく出来た鎌倉本館構想とともに私と希哲館事業歩んできた。これを抜本的見直す必要感じていた

2時間ほどぶらぶら散歩をしながら考えた結果浦安分館浦安本館に,鎌倉本館鎌倉分館に,希哲館本館位置付け交代させることにした。

希哲館事業にとっては画期的方針転換だが,意外にもあっさり決断出来た。環境に対する認識の変化事業足回りに対する意識高まり等,この十余年積み重ねがあったところで,金風決定打になったのだろう。気付けば,鎌倉こだわる理由も無くなっていた。最初開拓者精神思い出せば尚更だ。

3月頃に鎌倉の物件探しから鎌倉本館構想再燃したが,これがかえって構想寿命を縮めた気がする。より現実的考えるようになったことで,より現実的な問題浮かび上がってしまった。

浦安最重要拠点の一つと位置付けている以上は,鎌倉に移っても頻繁な往復をすることになる。いずれにせよ,交通網経済基盤観点から浦安の方を軸にせざるをえない。日本橋経験を踏まえても,鎌倉に限らず,今の環境以上に希哲館事業適した環境考えにくい鎌倉分館別荘などを通して鎌倉との繋がりは持てるし,名目実質一致させただけで,実際に出来ること大差ないのかもしれない。

早速,久しぶりに思い出した娃天地区構想も含めて,鎌倉本館構想から浦安本館構想への再構成始めた

4日振り返り日記

{希哲館事業}{『希哲日記』}{デライト}{希哲15年9月の月記}{重苦しくなる}{気分が晴れなかった}{掴めた}{十分な睡眠を取る}{短くなっていた}{心理的負担}...=}(86)

{希哲15年9月12日の日記 K#F85E/E74C-69BB}

今週に入り,ますます状況良くなる一方……なはずなのに,妙に気分が晴れなかった理由について考えていた

やはり,デライトの早期成功,引いては希哲館事業の成功もはや夢ではない,というのがかえって重いのだろう。希哲館事業は「人類史上最大の事業構想」なのだから,営利事業として成功することなど歴史的偉業であって,そう簡単に行くわけがない……そんな言い訳開き直りももう出来ない。思えば気楽なものだった。

いまの希哲館事業は,努力次第で十分経営的軌道に乗る状態だ。それが出来ていないということは努力不足だということだ。最近,デライト運営状況に対する自分の見方厳しくなっているし,あれもこれもしなければと気持ちが逸り,それに追い付いていないことに,これまで感じたことのないような焦り悔しさ込み上げてくる

希哲館事業が負っている社会的責任のようなこともよく考えるようになった。これまで全くと言っていいほど利益を生み出さなかった事業にこれだけの時間注ぎ込んでこれたには,身内はもちろん,間接的にも社会にかけてきた多大負担迷惑がある。その歴史も,元を辿れば,かれこれ四半世紀になる。希哲館事業の成功以外では返せない借りだ。

そんなことを考えていれば,否が応でも気分重苦しくなるし,無意識のうちにも自分を追い込みがちになる。ここからデライト収益目標達成までが一番苦しい過渡期なのかもしれない。

ただ,過度な緊張感百害あって一利なしだ。無駄な心理的負担能率が落ち,判断誤らせる。ここからは休息もしっかり取り,意識的心身利楽させることにした。この状況適度な緊張感保つにはそれくらいで丁度良いだろう。睡眠時間平均的短くなっていたため,まずは十分な睡眠を取ることから意識していく。

なんにせよ,得体の知れない感情正体掴めたことは大きな収穫だった。

{考えるようになった}

{}