{希哲15年4月26日の開発}{捨て難い}{前後景継承}{希哲15年4月26日の進捗時限}{希哲15年4月26日の進捗}{希哲15年4月26日}{手定め済み}{自我アイコン設定機能実装}{出振るい済み}{引き入れ}...=}(37)

{希哲15年4月26日11歩 K#F85E/A-E74C-E243}

ここで新規描出フォームの「前後景継承」機能を K#F85E での録入り以外では無効化しておくことにした。

これまで,吊るし輪郭がある状態では新規描出フォーム前景あるいは後景に吊るし輪郭の前景あるいは後景が追加されていた。

これは使いようによっては便利なものだが,予めこれを想定して輪郭を作っておく必要があり,気軽に使いにくいという問題があった。実際,ほとんど私しか使っておらず,意図しない使い方も散見された。

特に,自我アイコン設定機能実装以後,アイコンによっては見た目があまりよくないという問題もあった。特に私のように顔写真を使っている場合,『マルコヴィッチの穴』髣髴とさせるなかなか奇妙絵面になっていた。

個人的にも,ほとんどツイスト進捗時限記録でしか使っていない機能ではあったが,単一輪郭引き入れ手段が他にあるのに比べて,これはここでしか使えないものだったので捨て難かった。

何らかの切り替え手段を用意することを考えていたが,なかなかこれといったがまとまらないため,一番簡単な方法として,当面は自分専用の機能にしておくことにした。

出振るい済み手定め済み

=}
{デライト高速化}{希哲15年3月11日の開発}{保存方式}{譜類添付機能}{希哲15年3月11日の進捗時限}{希哲15年3月11日の進捗}{希哲15年3月11日}{自我アイコン設定機能実装}{描出公開原則}{上信}...=}(40)

{希哲15年3月11日11歩 K#F85E/A-E74C-8A64}

デライトではこれまで意図的に避けてきた譜類添付機能について検討

1MB未満程度の比較的小さな譜類であれば許容してもいいかもしれない。

自我アイコン設定機能実装を通して libxtd はある程度整えてあり,拡張子を利用した保存方式は個人的にも使い慣れ,捌き手の対応も出来ている。

後は,kn sync で実現している上信フォームで出来るようにすれば良いだけで,実装自体はすぐにでも出来る。

残る問題は,用合い運用だ。用合いはどうとでもなるとして,特に運用上の問題を解消しておきたい。

そもそも現状,描出自体はいくらでも出来るので,用者毎に制限をかける必要は特にない。

描出公開原則があることと無料であること,デライト高速化が視野に入っていることも大きい。倉庫のような使い方はされにくいだろうし,契約ではないので,手に負えなくなればその時点で無効化するなり出来る。

出与え URI のようなものを使われるくらいなら,上信してもらった方が効率的でもある。

それによって良い献典になるのであれば積極的に使ってもらった方がいいくらいかもしれない。

1輪郭につき1MB未満,拡張子制限付きで検討しておく。

{希哲15年2月12日の開発}{端末間}{横向き}{568px}{希哲15年2月12日の進捗時限}{希哲15年2月12日の進捗}{希哲15年2月12日}{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{引き入れ}...=}(46)

{希哲15年2月12日5歩 K#F85E/A-E74C-974E}

デライト文書整備「使い方」構成を練る。

個人機向けと諸場端末向けで説明を分ける方向検討していたが,これは共通化してしまうことにした。

自我アイコン設定機能実装を通して鼻付き吹き描き領当てがほぼ共通化されたこと,昨日引き入れ操作をほぼ共通化したことで,表示操作ともに端末間での差異がほとんど無くなったことによる。併用することも多いはずなので,この状態で説明し分けるのは無駄だろう。

結果として今のデライト単純性柔軟性を極めて高度両立させている。これを強みとして活かしたい。

これに伴ない,画面撮り横幅統一することにした。個人機で見ても違和感がなく,スマートフォンで見ても細か過ぎないという点で,現在最小横幅の基準にしている iPhone 5横向き幅(568px)を採用することにした。今後は宣伝用の画面撮りも含めてこの横幅を基準にする。

画面撮り時の横幅は少し前からよく考えていたのでちょうど良かった。これまでは普段自分で使っているをそのまま使うことが多かったが,要点を伝えるには無駄が大きいと感じていた。適当に縮めると統一感が無くなるという問題もあった。

{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{領当て調整}{希哲15年2月7日}{思い付き}{希哲15年2月}{頭脳の鏡}{第三次宣伝攻勢}{気恥ずかしい}{私の顔写真・竜胆蛍付き}...=}(39)

{希哲15年2月7日の日記 K#F85E/A-E74C-09EB}

デライト開発快調は続き,念願自我アイコン設定機能実装一段落した。想定よりずっと早くそれなりの形になったのは嬉しい

これで今月予定していた大きな作業文書整備のみとなった。当努自体は他にも色々あるが,現時点優先順位を付けるのが難しい文書整備が終わった時点で第三次宣伝攻勢に入り,不具合修正最適化領当て調整など細かい作業をしながら反応を見て次の当努を決めたい。

手定め用のつもりだった自分のアイコンにも大分慣れ,愛着すらわいてきた。

思い付きで咄嗟に作って Mastodon で使い始めたこのアイコンだが,流石にデライト最初にするには過ぎると感じていた。とはいえ,わざわざ綺麗に撮り直すのも気恥ずかしいので惰性で使い続けていた。

デライトが「頭脳の鏡」だと考えると,の付いた越しのも,これはこれで味わいがあるような気がしてきた。

=}
{自我アイコン設定機能実装}{自我アイコン仕様}{no-cache}{隠し方針}{通信効率}{個人情報特定}{希哲15年2月7日}{困難さ}{描写部}{画像譜類}...=}(27)

{希哲15年2月7日の開発 K#F85E/A-E74C-9F39}

19時過ぎには自我アイコン設定機能実装を概ね完了自我アイコン仕様もそれなりにまとまった(9歩)。

通信効率表現力画像譜類選択肢個人情報特定困難さなどを総合し,サイズ100KB制限することにした。

隠し方針は悩みどころだったが,結局 Cache-Controlno-cache にしておくことで様子見

他,描写部展開をどうするかという問題についても良い暫定措置が出来,長文が読みにくい問題はとりあえず解消した(12歩)。

{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月7日の開発}{希哲15年2月7日の進捗時限}{希哲15年2月7日の進捗}{希哲15年2月7日}{必要最低限}{隠し破り}{隠し戦略}{厳密化}{進捗記録}...=}(22)

{希哲15年2月7日9歩 K#F85E/A-E74C-B91A}

進捗時限記録中略)

4歩から6歩ほどかけて自我アイコン設定機能実装を概ね完了デライト設定画面の様子)。

PNGJPEG に対応,空で送信すると設定されたアイコン削除など必要最低限機能は揃った。

ただ,やはり隠し戦略は難しい。見本表示では隠し破りを付けたが,どこまで厳密化すべきか悩む

{自我アイコン設定機能実装}{デライト文書整備}{希哲15年2月6日}{振り返り日記}{『希哲日記』}{デライト開発}{快調}{進捗}{目標}{日記}...=}(11)
{自我アイコン設定機能実装}{div()}{希哲15年2月6日}{上信系}{上信}{}{領当て}{交度}{希哲7年}{multipart/form-data}...=}(27)

{希哲15年2月6日の開発 K#F85E/A-E74C-69AF}

自我アイコン設定機能実装

周りの領当て調整を済ませてから上信系実装に入り,libxtd整理しながら上信実験成功

ここは 最初期希哲7年頃)に実験して成功した記憶があったが,その後必要に迫られず放置しているうちに最新の Cμ 仕様との乖離が大きくなり陳腐化,当の交度散逸しているという状況だった。

最近では最も気の重い実装箇所だったが,multipart/form-data切り分け処理に関しては,それにも使えるように当時作っておいた汎用函数 div() が残っていたこと,基本的な手順は頭に入っていたことで覚悟していたよりずっと早く見通しが立った。

{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月6日の開発}{div()}{希哲15年2月6日の進捗時限}{希哲15年2月6日の進捗}{希哲15年2月6日}{上信系}{上信}{譜類}{27時}...=}(22)
{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月7日12歩}{希哲15年2月5日}{独自アイコン}{自我アイコン}{検索演心教育}{吊るし検索}{自輪郭検索}{不格好}{厳密化}...=}(26)

{希哲15年2月5日の開発 K#F85E/A-E74C-211B}

自輪郭検索厳密化作業に入る。

細かい問題は概ね修正したが,吊るし検索との調整に難しい部分があったこと,意外に現行仕様も悪くない気がしてきたことでいったん保留することにした。

右上の×に自輪郭検索を反映させようとしていたが,よく考えてみれば自輪郭検索に戻るのは自我アイコンから出来るので現行仕様で十分かもしれない。これは独自アイコンにしてみたことによる心証の変化か。

その他,場筋の問題で機能しない部分が多くあった正規 URI 経由の輪郭ページ修正正常化するなどした。これのせいで外部サイトで正規 URI を紹介出来ず不格好だったので良かった。ついでに長らく設定していなかった canonical も設定し,検索演心教育上の効果も見込める。

自我アイコン設定機能実装再開する前に片付けておきたかった細々とした問題は片付いたため,明日から再開する。