{希哲15年2月12日6歩}{希哲15年2月7日の開発}{功を奏する}{希哲15年2月7日の進捗時限}{希哲15年2月7日の進捗}{希哲15年2月7日}{描写部}{出振るい}{輪郭ページ}{max-height}...=}(30)

{希哲15年2月7日12歩 K#F85E/A-E74C-777F}

デライトの現実装問題点として,描写部高さ固定されているため長文が読みにくいというのがあったが,ふと,輪郭ページ正規 URI)で高さ固定を解除するだけで十分なのではないかと気付き作業開始,完了出振るい済み。

展開用のボタンでも付けて,輪郭ページでは初期状態で展開,という仕様想定していたが,中途半端なボタンを付けるくらいならこれで十分だろう。

一昨日の開発輪郭ページ正常化したことが功を奏したか。

{希哲15年2月7日の開発}{通信コスト}{no-cache}{要確認}{隠し方針}{希哲15年2月7日の進捗時限}{希哲15年2月7日の進捗}{希哲15年2月7日}{自我アイコン}{検討}...=}(19)
{自我アイコン設定機能実装}{希哲15年2月7日の開発}{希哲15年2月7日の進捗時限}{希哲15年2月7日の進捗}{希哲15年2月7日}{必要最低限}{隠し破り}{隠し戦略}{厳密化}{進捗記録}...=}(22)

{希哲15年2月7日9歩 K#F85E/A-E74C-B91A}

進捗時限記録中略)

4歩から6歩ほどかけて自我アイコン設定機能実装を概ね完了デライト設定画面の様子)。

PNGJPEG に対応,空で送信すると設定されたアイコン削除など必要最低限機能は揃った。

ただ,やはり隠し戦略は難しい。見本表示では隠し破りを付けたが,どこまで厳密化すべきか悩む