{進捗記録}{文字装飾記法}{`<small>`}{置き換えられる}{補足部区}{注意部区}{一段階目}{希哲16年1月24日4歩}{強調度}{注意記法}...=}(73)

{希哲16年1月24日16歩 K#F85E/A-E74C-1FEF}

注意記法補足記法についての再検討終了

4歩を以下のように修正した。強調度に応じて三段階となる補足記法同様

!--
小さな注意書き
--

!!--
通常の注意書き
--

!!!--
重要な注意書き
--

装体は,23日2歩下敷きに,境界線背景色無しで font-size: 0.8em 程度にした小書きのものを加える。この場合,一段階目注意部区補足部区装体的に区別出来なくなるが,そもそも小さな注意書き補足違い曖昧なものなので自然といえば自然だ。


そもそも注意書き目立つように書かれるものばかりではない,というところに引っかかっていた

二段階三段階かは迷ったが,二段階にして後から追加出来なくなるよりは,三段階にして一段階目無用の長物になる後悔の方が小さい


当初,記号の数で「重要度」を表すことにしていたが,内容重要性装体目立たせ方は必ずしも一致しないので,「強調度」程度の意味合いにしておくべきかもしれない。


ダッシュ記法への応用考えた

例えばデラング文書では,目次項目末尾<small>----輪郭記法</small> などと書いているが,これを ?----輪郭記法置き換えられるかもしれない。

23日12歩書いた小書き括弧記法を使わずに文字を小さくしたいと思うことはたまにあった」とはこのことだったが,あくまでも文字装飾記法の一種である文字サイズ記法フォント記法<small> 相当の表現完全に代替は出来ない。

=}
{デラング}{進捗記録}{交度}{デライト}{`whr_kw()`}{希哲15年8月23日の開発}{検索語変換}{どうとでもなる}{条件次第}{OR 検索}...=}(70)

{希哲15年8月23日7歩 K#F85E/A-E74C-ECC6}

全知検索整備についての検討終了

全文検索にはとりあえず pg_bigm採用しておくことにした。知名検索でも中間一致検索性能課題だったので,これも解決出来そうだ。後方一致検索に関しては,PostgreSQL 9.1 から reverse()組み込み函数として提供されるようになっているので問題ないだろう。

後縁実装どうとでもなるが,難しいのは用合いだ。全知検索窓をこれ以上ごちゃごちゃさせたくないので,まずは検索演算子として各種機能実装したい。これに関しても,だいぶまとまってきた

カンマAND 検索に使うという構想があったが,& ボタンとの兼ね合いもあるので,まずは無難&AND で AND 検索,|OROR 検索対応することにした。除外検索条件次第- を使えるようにしてもいいだろう。

部分一致検索については,省略記号 ...ダッシュ記法応用した ---対応する。

描写検索については,基本的には昨年7月27日3歩方針踏襲し,末尾に ?? を加える形で対応することにした。デラングとの兼ね合い検索寸片をどうするかという課題は残るが,デライトではそれほど多用するものではないので,まずは普通に引っかかるだけで十分だろう。

一つの可能性として,検索ボタンダブルクリックダブルクリック検索対象切り替える機能があってもいいかもしれない。

いずれにせよ,まずは既存の検索語変換交度whr_kw()まとめる作業から始めることになるだろう。

=}
{進捗記録}{輪郭整備}{廃止}{輩符}{希哲15年7月10日の開発}{柔軟な調整}{希哲15年7月10日}{希哲15年7月10日の進捗時限}{希哲15年7月10日の進捗}{英数字}...=}(35)

{希哲15年7月10日11歩 K#F85E/A-E74C-1FD5}

輪郭整備をしながら全知検索について少し見直し

英数字とそれ以外の文字の間にある半角スペースは,意味影響を与えるものではないので無視するように修正することにした。

これを機に,検索語変換する函数導入し,柔軟な調整が出来るようにしておくことにした。


部分一致検索についても再考

現状の輩符を使った方法は,除外検索と紛らわしく,接頭辞接尾辞駒手応付記法とも紛らわしいという問題があるため廃止... に置き換える方針を決めていた希哲14年7月27日3歩が,ダッシュ記法からの連想-- が使えそうなことに気付いた

=}
{デラング}{進捗記録}{Markdown}{文字装飾記法}{下線記法}{斜体記法}{太字記法}{打ち消し線記法}{希哲15年6月23日の開発}{希哲15年6月23日10歩}...=}(29)

{希哲15年6月23日9歩 K#F85E/A-E74C-F7CB}

デラングのこまごまとした記法についていくつか思いつきがあり整理

主に下線記法打ち消し記法斜体記法太字記法など書式関連のもの。書式の例示など,文書の意味を変えずに使えるものもあった方が良い。

以下のような形で検討

_下線_
__下線__
++太字++
//斜体//
~~打ち消し~~

下線記法アンダースコアを使っておけば間違いないだろう。上線記法には ^ が使えそうだ。

太字記法++ を使うのが直感に適うか。何となく ins 要素に使えそうだが,対義となる --ダッシュ記法で使えない。ins 要素や del 要素を直接書く機会は少ないだろうが,どのみち必要であれば別の記法を考える必要がある。

斜体記法スラッシュに様々な用法があるため迷ったが,二重にすることで実現出来そうだ。

打ち消し記法はとりあえず Markdown 式を採用し,将来的に ==二重線が引けるなど拡張しても良さそうだと思ったが,見出し記法と紛らわしい。--ダッシュ記法との兼ね合いで使えない。

{開発}{デラング}{開発記録}{`letter-spacing`}{Android}{iOS}{倍角ダッシュ}{倍角ダッシュ問題}{希哲15年6月19日の日記}{複数段落引用記法}...=}(72)

{希哲15年6月19日の開発 K#F85E/A-E74C-A3FD}

デラング整備

とりあえず細かい記法実装から済ませてしまうことにし,かねてから考えていたダッシュ記法出典記法実装,概ね満足出来るものになった。当初はそれほど期待していなかったが,想像以上表現の幅が広がりそうだ(公式解説)。

ダッシュ記法

ダッシュ記法は,特に扱いにくい倍角ダッシュが簡単に扱えるようになったのが想像以上に大きい。

この問題は,昔,『道草録』記事名に使おうとしてから認識していた(「Org-Mode の機能、組み込み LaTeX — その1」)が,いまだにこれといった解決策が無く,日本語電子文書課題になっているので,それなりの宣伝効果もありそうだ。

最初,エムダッシュU+2014を2つ繋げて,CSS で何とか調整しようと考えたが,フォントによって太さ長さ統一感がなく,負の letter-spacing で間が開かないようにすると短過ぎて倍角ダッシュに見えなかったりした。しかも,環境によっては重なった部分が濃く見えて結局綺麗な倍角ダッシュにならないという問題に気付き,これは断念した。

最終的に,罫線素片U+2500を使うことにした。罫線を作るための文字である性質上,letter-spacing が 0 であれば隙間が出来ないことはほぼ保証されている。SLFSAndroidWindowsmacOSiOS確認した。

罫線素片による倍角ダッシュの表現はよく見られるものだが,同時によく指摘される問題点として,これがダッシュであるという意図表現出来ないというものがある。例えば,縦書き表示した時に横棒のままになってしまうことがある。

これを踏まえて最初にエムダッシュを利用しようとしたのだが,よく考えると,デラングであれば,ダッシュ記法という仕様によって意図保存しつつ,表示上最適化に徹することが出来る。

出典記法

ダッシュ記法と引用記法の組み合わせとも言える出典記法も実装出来た。

複数段落引用記法の終了記号との兼ね合いをどうするかと思っていたが,これは単純に,出典記法を終了記号としても扱うことで上手く解決した。

ここも意外に他の軽標記言語では面倒だったりするので,デラングの小さな売りになりそうだ。

その他

成果想像以上だったが,これらを実装するのに想像以上に多くの障害があった。

特に,正規表現周りで躓くことが多く,正規表現の扱い方について見直す良い機会にもなった。

{手定め}{ダッシュ記法}=}(2)
{ダッシュ記法}

{}