{違了処理整備}{出振るい}{踏み切れた}{radial-gradient()}{作れた}{理想的な陰影}{簡単なようで}{実験していた}{画段}{色々な場面}...=}(204)

{希哲16年3月28日の開発 K#F85E/E74C-5B9D}

KNEST 隠し実装の再開金風といった出来事中断していた昨年9月以来,初めての Aejs出振るい終えた最初微調整程度でとりあえず出振るい目指すつもりだったが,あっという間下見機能陰影付きスクロール形になり,一応の新輪郭選り手」が出来た

外観操作性ともに洗練された新輪郭選り手日々の描出がより快適になることはもちろん下見機能手定め領当て調整大幅に効率化することによりデラング整備加速するだろう。そもそも Aejs出振るい出来なかったことで前縁関して出来ること限られていたため,その障害無くなったことが大きい

新輪郭選り手

今回出振るい以前を「旧輪郭選り手」,以後を「新輪郭選り手」と仮に呼んでいる

新輪郭選り手では,@oln.bld詰め込んでいた選り手関連機能@oln.edr_dln.bld@oln.edr_knm.bld整理し,複雑な機能見通し良く管理出来るようになった。これにより,保守性もちろん全体として見触れ大きく改善した。

まず,これまで知名選り手角丸長方形で,描写選り手吹き描き合わせた眼形表示していたが,両方開いている場合は「合体選り手」として眼形になるようにした画面撮り新規描出フォーム再描出フォーム旧輪郭選り手では単独開いた場合外観変わらず調和感欠けていた画面撮り新規描出フォーム再描出フォーム挙動もより連動的になり,自然になった。

描写選り手右脇適当に付けていた取り消しボタンも,合体選り手では知名選り手描写選り手同時に閉じる機能分かりやすくなり,見た目洗練された

描出ボタン22日9歩方針まとめ目障りにならないデザイン保ちつつ初心者にも分かりやすいものに出来た

挙動面では,違了処理整備若干表示タイミングなどに出来ていたぎこちなさ解消出来た外していた選り手溶暗溶明動き付け復活させ,滑らか見えるようになった。

まだ様子見必要だが,違了処理整備のあたりから出来ていた不具合解消期待出来る。特に描写選り手二重いたり,デラング記法消去して再描出してしまう不具合稀に起こるのが気になっていた

今回目玉となった下見機能は,思わぬ形あっさりまとまった感触く,色々な場面活躍してくれるだろう。

陰影付きスクロール

26日14歩出来た陰影付きスクロール同時に出振るいした画面撮り下見機能にも有用気付いたことで実装踏み切れた

背景色溶暗していく「溶暗付きスクロール」として考え始めたのは昨年3月11日9歩だったが,空行続くこともあり閲覧性必要な描写部には不向き気付いてからは,薄い陰影付ける方向実験していた

これも簡単なようで調整難しかった陰影がかかる高さ濃さ画段微妙な緩急調整繰り返し,さりげなく,かつ分かりやすい理想的な陰影ようやく作れた一時linear-gradient() ではなく radial-gradient() を使って中央丸みのある陰影試したが,交度部区などに重なった時に視認出来なくなるためやめた

諸場舞覧などスクロールバー出ない舞覧スクロール可能であることが非常に分かりにくいという用合い上欠陥がこれで解消したスクロールバーの出る舞覧でもより直感的スクロール可能であることが分かるようになり,効果大きい

{用者}{希哲16年3月12日の開発}{希哲16年3月12日の進捗}{`}{解釈出来る}{完了させた}{中途半端な実装}{使用経験}{書き換えずに済む}{意図の明示}...=}(133)

{希哲16年3月12日7歩 K#F85E/E74C-8A2F}

交度記法改良

以下の作業終えたため,ここでいったん終了

これにより,デラング記法例示洗練された

```txt
これまでのデラング記法の例示
```

``dlng
これからのデラング記法の例示
``

交度部区記法開始記号終了記号については,これまで ``` 固定だったため,交度部区記法内で交度部区記法について例示出来ないという問題があった

行内交度記法逆括点の数を調整出来るようにして1月17日15歩から,この方式統一することを考えていた

これを機に逆括点の数は2個でもとした。区切り線記法最初から Markdown などで一般的な3個以上ではなく2個以上-導入したが,交度部区記法では確信が持てなかった

交度部区記法実装からちょうど一年経ち3個以上でなければならない理由はない,と使用経験から判断したなんなら1個でも解釈上問題はないはずだが,目印としての機能考える2個限度だろう。他の記法との統一感もある。


これまで外部ライブラリhighlight.js任せだった交度部区記法言語名自主的に管理する第一歩として,取り急ぎデラングνS対応した

デラングdelangdlngdlntxt に,cuucppに,νsvsjs に,それぞれ Dex 側で変換するとりあえず大文字小文字区別しない

これまではデラングtxt などと書いていたが,意図の明示という観点から問題があった。これなら今後構文ハイライト対応した時に書き換えずに済む

言語名対応関係については実装委ねるべきかとも考えたが,将来的に混乱の元になりそうな部分なので,対応関係言語仕様規定し,構文ハイライトなどは任意実装とすることにした。

また,用者未定義言語名使用出来るように,例えば ```newlang(oldlang) のように代替言語名指定出来る記法検討開始している


1月17日15歩で,外側逆括点の数を調整出来る仕様にしたが,`` `a` `` のように外側より少ない個数でないと上手く解釈出来ないなど中途半端な実装だったことを思い出し実装完了させた

これで ` ``a`` ` でも `` `a` `` でも `` `a`` でも,対応する逆括点さえ判別出来れば問題なく解釈出来るようになった。


全て手定め出振るい済み

=}
{色見本}{検討中のデラング記法}{デラング記法}{👀}{交度記法}{基本}=}(6)

{色見本記法 K#F85E/E74C-AFB9}

  • %%(red)%%(#00FF00)%%(rgb(0,0,255)) のように,2個以上の %CSS色表記色見本表示出来る。
    • % で色の配合を表現している。
    • 色分け図表の凡例にも使える。
  • %%%(red)%%%%(red) のように,% 1個毎に8px幅が広がる。
  • %%`red`red`red`%%red のように,行内交度記法と組み合わせると交度の前か後ろに表示出来る。

検討中

%black%    <!-- 小さな色見本を表示 -->
%%`black`  <!-- 指定内容の前に色見本を表示 -->
`black`%%  <!-- 指定内容の後に色見本を表示 -->

%%`black;white`%% <!-- 大きな色見本を交度付きで表示 -->

%%black;white
白文字に黒背景
%%

<{white%black}>白文字に黒背景</>
<{white;%black}>白文字に黒背景</>
<{%black;white}>白文字に黒背景</>
<{black}>黒文字</>
<{black%}>黒文字</>
<{%black}>黒背景</>
{デラング記法}

{}