{用者}{HTML}{HTML5}{デラング}{進捗記録}{高い}{あれ}{役割を持たせる}{役割を持つ}{緩衝的}...=}(248)

{希哲16年2月15日10歩 K#F85E/E74C-2CA8}

進捗時限記録中略

昨日寝る直前にまた脳爆発があり,今朝にかけて文字装飾記法タグ記法周りの概念整理仕様整理急速に進んだ

文字装飾記法は,「文字装飾を伴う慣用表現」のための記法位置付けることにした。太字記法##斜体記法//下線記法__打ち消し線記法~~翌日のまとめで「打ち消し記法」から改称4記法基本とし,それぞれ所定装体スタイルを伴う <b><i><u><s> HTML 要素対応する

@ を使った文字サイズ記法% を使った色記法検討していたが,タグ記法概念が出来たことで中途半端なものになるため,これは廃案とする。

文字装飾記法はこれがほぼ完成形か。

検討過程

3つ検討方針

実装自体は容易部類で,記法概ね固まっていたにもかかわらず文字装飾記法実装踏み切れなかった理由として意味論的な問題があり,これが思いのほか難題だった。実装方針3通り考えられる

  1. 完全に意味論的な記法にする
  2. 完全に装飾的な記法にする
  3. 意味論装飾重ね合わせた記法にする

記法趣旨からしても,軽量標記マークアップ言語特性を考えても,1つ目に無理があるのは明らかだ。対応する HTML<b><i><u><s> は,私が何度解説を読んでもややこし感じる代物だ。それを多くの人正しく理解して使うのは不可能だろう。そもそも「文字装飾記法」という分かりやすい説明体系捨てることになるが,代替案があるわけでもない。

かといって,2つ目ももったいない。要は <span>装体指定だけにするということだが,例えば,太字にはしたいが <b> にはしたくない場合打ち消し線引きたい<s> にはしたくない場合がどれだけあるのかと考えると,無難通り越して臆病過ぎる失う可接性アクセシビリティ応用可能性釣り合わない

最終的に採用することになった3つ目も,全く考えなかったわけではないが,柔軟性に欠け,前の2つの悪い所組み合わされる気もして,有力案にはなっていなかった。

タグ記法による書き分け

この膠着状態変えたのは,前日概念としてまとまったばかりのタグ記法だった。

これまで,デラングにおける HTML は,どうしてもデラング出来ない表現をしたい場合などの“抜け道”とか“救済措置”に近い位置付けで,積極的に使うことを想定していなかった。実際個人的にはほとんど使っておらず放置している不具合多い部分だった。

デラングタグ記法として間接的に HTML使うことで,略記法導入可能になり,HTML 側の仕様変更に対しても一定の緩衝帯設けることが出来る。ここに来て初めて文字装飾記法でも「書き分け」が考えられるようになった文字装飾記法対応しうるのが全て1文字要素だったことも幸いした

昨日寝る直前に,##太字的な表現##<{font-weight:bold}>太字</> のように書き分けるよりも,##太字##<b>太字的な表現</b> のように書き分ける方がマシであることに気付いて,1つ目の実装方針完全に潰せた

これにより一時的に2つ目の実装方針再浮上したが,標準的に使う記法として標準的な用途最適化不足なのはやはり否めなかった

決着

最終的に,「文字装飾を伴う慣用表現」という用者自然に理解出来る範囲での意味論的位置付け与え逸脱する用途ならタグ記法書き分けるのが使用頻度に対して最適だろうという結論に達した。3つ目の実装方針洗練させた格好になる。

例えば##太字## は「太字装体<b>」に対応する装体邪魔なら <b>太字的な表現</b>書けるし,意味邪魔なら <{font-weight:bold}>太字</>略記法検討段階のように書けるが,これらの場合稀少なのは明らかで,記述量上手く釣り合うワープロならともかく,軽量標記言語手書きしようという人にとって難しい使い分けではないだろう。

そもそも<b><i><u><s> は,古くからある視覚的要素HTML5慣用的な用途引き継いで意味論化されたものなので,「文字装飾を伴う慣用表現」と非常に相性が良い相互変換にも全く問題ない

何より,直感的に入力すれば構造的に出力されるというデラングの理想適っている

文字サイズ記法色記法廃案

文字装飾記法を「文字装飾を伴う慣用表現」と位置付けたことで,慣用表現を持たない文字サイズ記法色記法仲間外れになるが,タグ記法によって出る幕がなくなった感があるので,ここで廃案にすることとした。

第一に,タグ記法略記法整備した方が一貫性応用可能性高い特定プロパティ省略出来るようにし,<{white}>白い文字</> のように書ければ,%white%白い文字%% と書くのと記述量大差ない

もともとパラメーター必要とする記法異質感はあり,文字装飾記法統一感損うかという懸念はあったので丁度良かった

波及的検討

波及的に,いくつかこまごまとした検討進んだ

組み合わせは「」ではなく「入れ子」へ

これまで,複数文字装飾記法組み合わせ#/太字と斜体/# のように,「記号を1つずつ逆さにした終了記号挟む」といったややこしい説明考えていたが,##//太字と斜体//## のような「入れ子」を #/太字と斜体/#短縮出来るという考え方にした方が分かりやすいため改めることにした。

タグ記法発展

今回検討で,タグ記法早くも実践的な役割を持つことになり,デラングにおける存在感一気に増した

タグ記法HTML仕様変更対する緩衝的役割を持たせること,要素名省略<span> にすることを考え始めた

{デライト}{HTML}{デラング}{進捗記録}{含まれる}{第三次デライト市場戦略}{第二次デライト市場戦略}{廃止}{越えて}{デライト市場戦略}...=}(187)

{希哲16年1月29日9歩 K#F85E/E74C-CC5B}

進捗時限記録中略

デライト市場戦略についての検討終了

デラングによる「対 Markdown 戦略」を市場戦略一環として加えることにした。昨日こんなツイスト書いてみて,デラングデライト市場戦略の中で大きな役割担えることを確信した

デライト市場戦略これまで

デライト市場戦略は,まず対 Roam Research 戦略中核としたところから始まり第二次市場戦略以後は対 Notion 戦略一環位置付けていた。要は,旧来個人知識管理通類限界越えようとするこれらのサービス流行利用して,最も根源的に個人知識管理革新目指すデライト売り込む,という目論見だった。

しかし,英語圏での事情多少異なるようだが,少なくとも日本ではどちらもそこまで大きなうねりにはなっていない。一番勢いのある Notion ですら,まだ「一部界隈の流行」の域を出ていない個人知識管理サービス市場も,全体としてそこまで拡大しているようには見えない

結局のところ,デライト必要になるというのは「既存の個人知識管理通類限界を感じている人」なわけで,その広がってくれることがデライトにとって一番の追い風だ。その当てが外れた格好になっていた。

個人知識管理サービス市場への苛立ち

第二次市場戦略以後は,こうした外部環境への依存から脱却しているので致命的な問題にはならなかったものの,個人知識管理サービス市場の拡大遅さに対する苛立ちというのは常にあった。

個人知識管理サービス」という枠組みこだわるべきではないのかもしれない,とも考えた

極端な話デライトを「ゲーム」として売り込むのはどうかと考えたことすらある。「マインドクラフト」という言葉造ったこともあるが,テキストによる箱庭ゲームと言えなくもないし,ゲームなら独自用語の多さも独特な世界観演出になる。

そこまで行かなくとも,KNS なのだから SNS 方面に売り込むかなどとも考えたが,結局,根想からこれまで練り上げてきたものを考えると,そう簡単な話ではない。中途半端あれこれやればますますややこしいものになってしまう。

個人知識管理サービス市場狭さ越えて

最近デラング整備急速な進展により,他の軽標記言語との比較研究も進む中で,Markdown想像以上に様々な分野浸透していることに気付いた

個人知識管理サービスでいえば,EvernoteNotionRoam Research と,これまでデライト意識することの多かったサービスはほぼ Markdown 対応であり,別種のサービス選り手などへの広がり非常に大きい。つまり,比較対象として,より幅広い関心集められる

これこそ,常々感じていた個人知識管理サービス市場狭さ」を越えていく道筋ではないかと思うようになった。

市場戦略としてのデラング

デラングはもともと「DIL」と呼んでいたデルン最初期から独立した言語だった。というのも,デルン初期実装では今でいう描写に使う言語選択式であり,プルダウンメニューから txtHTML などとともに DIL選択出来る,という設計だった。

ただ,長い描出経験の中でほぼ必要なかったので,単純化志向するデライト中心移行する過程でこの選択方式廃止となった。

この時点で,デラングにも岐路があった。単なる「デライト記法」の内部名称となるか,軽標記言語としてあえて主張するかだ。後者を取ったのは,「デラング」を正式名称として採用することにした昨年3月3日4歩のことだった。

デライト記法」,あるいは当時考えていた描写記法」とすると閉鎖的恣意的なものという印象を与えてしまうが,「デラング」という言語とすることで外向き体系的印象を与える。もちろん,当時から Markdown意識してはいたが,そこまで大きな位置付けではなかった。やはり,デラング整備進展とともに認識深まった感がある

それこそ,デラングMarkdown のように注目を集めるようになったら,デライト多大な利益がもたらされることは考えるまでもない知能増幅サービスとしてのデライト自体よりも,軽標記言語としてのデラングの方がはるかにその役割理解しやすいことを考えれば,そこまで非現実的でもないし,その技術手応え十二分にある。

まだデラング中心の「第四次デライト市場戦略」にすべきというほどの確信があるわけではなく,デラング整備新生デライト開発含まれるので,第三次デライト市場戦略有力武器加わったというところか。

{そこそこの自由}{求めていない}{完全な自由}{OSS 愛好者}{希哲16年1月8日のツイスト}{希哲16年1月8日}{多くない}{間違える}{使わない}{求めている}...=}(17)
{進捗記録}{廃止}{希哲15年12月13日の開発}{冗長過ぎる}{application/x-kn-acv}{揺らいだ}{KNIF_ 接頭子}{KFF- 接頭子}{KFF}{KN-ACV}...=}(113)

{希哲15年12月13日4歩 K#F85E/E74C-143E}

アンダースコア略記法内包子におけるアンダースコア記法廃止についての検討終了

現状譜類名(例:._acv台録名(例:/_kn/駒手名(例:_knなどにアンダースコア接頭子略記法として多用していた時期名残り多くあるが,ほとんど活用していないため,いったん廃止することを決めた

アンダースコア略記法やその応用記法問題は,明示性簡潔性ともに中途半端で,現実には使いにくいというにある。より簡潔な記法冗長な記法があると使い分け方無駄増えややこしいし,使い所無い

知機駒手では大分前から _kn よりも kn使うようになっているが,9月9日13歩以後はこの kn省けるようにしたため,_出番完全に無くなってしまった結局 _ よりも kn使ってしまう理由は,どうせ面倒臭いなら分かりやすい方が良い,ということだった気がする

これまでの経験上十分明示的な冗長記法短縮記法2つまとめていくのが一番良さそうだ。


KNIF使っていたアンダースコア記法廃止し,代わりに kn- 接頭子導入することを決めた

例えば,これまでの ._acv冗長表記.kn-acv短縮表記.acv となる。知機駒手同様,混同の恐れが無い場合は原則として短縮表記用いる

.kn.acv のようにすることも考えたが,一つの拡張子として認識されないと不都合なこともあるので,MIME 型application/x-kn-acv正式名称初期合わせるKNIF の各形式与える正式名称は,旧称 KFF の時は KFF- 接頭子KNIF になってから KN-ACV のような KN- 接頭子になり,一時 KNIF_ 接頭子揺らいだこともあったが冗長過ぎる,これを機に KN- 接頭子確定する


アンダースコア記法依存した実装排除しながら段階的置換進めていく

=}
{デライト}{進捗記録}{廃止}{Markdown}{希哲15年7月6日の開発}{希哲15年7月6日の進捗時限}{希哲15年7月6日の進捗}{希哲15年7月6日}{表示環境}{読み手の好み}...=}(72)

{希哲15年7月6日8歩 K#F85E/E74C-87B0}

デラング整備段落記法段落装体改行仕様再検討

いったん終了。

これまで,段落間の余白0.5emほど開けて1em分の字下げtext-indent設定していたが,自動字下げ廃止し,代わりに字下げ記法導入することにした。

字下げ記法では,行頭に所定のスペース(例えば日本語なら全角スペース1つ)を置くことで text-indent設定出来るようにする。Markdown 等で採用されている4つの半角スペースでの交度記法などの導入をどうするかはまだ決まっていないため,まずは衝突しないように限定的な導入に留める。

また,改行については,これまで通り1行の空行段落分けに使い,半行分の余白を開ける。2行の空行で1行分の余白,それ以降は1行分ずつ余白を追加していくように装体厳密化する。

字下げ記法により改行無しで段落を表現出来るようにすることも検討する。この場合,段落間余白無しで字下げのみを使った段落表現も出来るようにする。

これにより,多様段落装体対応出来る。


段落の字下げは,段落間の余白とともに文書の性質書き手読み手の好みによって制御出来るようにしておいた方がデライト活用範囲広がるだろう。

従来の段落装体は恐らくデルン最初期調整したもので,長い文章を書く時は便利に感じていたが,例えば,どんな表示環境でも改行されないような一言程度でも字下げが入るため,内容によっては不自然行頭が揃っていないように見える,といった問題があった。

段落間の余白を広げ過ぎると縦の空間消費し過ぎかえって視認性問題があるため,代わりに字下げ導入したような微かな記憶がある。

ただ,日本語版 Wikipedia でも英語版 Wikipedia でも0.5emの段落間余白で字下げ無しという装体なので,特別読みにくいということもない。

最初は字下げ無しを指定出来るような記法導入することを考えたが,そんなややこしいことをするくらいならこちらの方がすっきりするだろう。

{デライト}{一日一文}{知能増幅技術}{希哲館}{希哲館事業}{新技術}{文化施設}{輪郭法の歴史}{希哲館事業の歴史}{建築構想}...=}(66)

{なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか K#F85E/E74C-6F49}

私は希哲館事業,希哲館事業とよく書いているが,それについてまとまった文章がほとんど無い。近いうちに解説文を書くつもりだが,今日は簡単に,「なぜデライトに希哲館事業が必要だったのか」を書いてみたい。

希哲館事業とは,簡単に言えば,「社会輪郭法最大限活用出来るようにするための事業」だ。輪郭法というのはデライト原理にもなっている理論で,このような技術実装し,普及活動を担い,より良い活用の仕方を探求しているわけだ。


希哲館事業の歴史は,輪郭法の歴史と同じくらい長い。というのも,輪郭法を私が閃いたのとほとんど同時に生まれたからだ。

私が17歳で輪郭法を閃いた時,これが知能増幅(IA)技術につながることに気付いた。それと同時に,単なる技術に留まらない可能性課題があることにも気付いた。これは現代人人生観世界観政治経済あり方をも大きく変える発明になる。少年時代の私はそう直感した。

そこで,輪郭法とその応用技術中心に,超現代的な全く新しい思想体系社会基盤構築する事業構想した。これがつまり,希哲館事業の青写真だ。

希哲館」は,事業の拠点となる機関文化施設として構想したもので,建築構想でもある。その名には,輪郭法による「希哲フィロソフィー」の復興という思いを込めた。希哲元(2007)年11月1日希哲館事業は発足した。


個人知識管理というものを突き詰めていくと,それは知能増幅技術になる。そして知能増幅技術には,それを取り巻くあらゆる課題に対応する包括的事業必要になる。デライトに興味があっただけなのに,希哲館事業なんてややこしいものが出てきて面喰らった人も多いだろうが,全て必然だ。そして,それだけの背景を持っているのは,世界を見渡してもデライトしかない。

もう一つ,希哲館事業自体が,知能増幅技術としてのデライトの「デモンストレーション」になっているという側面がある。どんな新技術にも,見本になるものが要る。人類史上最大の事業構想とも言える希哲館事業構想以上にデライトの性能実証するものは無いだろう。

{デラング}{平仮名}{進捗記録}{領当て}{デラング記法}{希哲15年3月23日の開発}{ややこしい}{見え方ボタン}{閉じるボタン}{最有力候補}...=}(72)

{希哲15年3月23日7歩 K#F85E/E74C-66D7}

デラング整備,「描き方ボタン」について仕様をまとめて終了。

デラング多機能化に伴い,学習宣伝等の観点から,他輪郭描写素文をもっと閲覧しやすくする必要が出てきた。

現状,Ctrl + ダブルクリックで閲覧することは出来るものの,ボタン自輪郭描き直しボタンのみ表示しているため,説明されなければどのように素文を見るのか初心者には分からない。

描き直しボタン追加時からしばらく全ての輪郭でそのまま表示していたが,紛らわしく,用合いもずっとごちゃごちゃしている時期だったため他輪郭では非表示にするようになった。

調整して復活させることは度々考えてきた。そのたび見送っていた大きな理由に,良い表現が見つからないということがあった。特にボタンラベル等に使う文言難しかった

簡潔かつ直感的ということで最有力候補は「覗く」だったが,漢字を使うと少し印象が硬い,平仮名で「のぞく」では「除く」と紛らわしい,語感もあまり良くない,そもそも何を覗くのか初見分かりやすいとも言えない,と一番マシな案が難点だらけだった。

今回の再考で,「描き方」が使えることに気付いた

描き直しボタンアイコン領当てはそのままに,ボタンラベルは「描き方」に変える。機能描写部Ctrl + ダブルクリックした時同様,描写欄のみ開く。

知名欄でも一部デラング記法を使えるようにする予定はあるが,利用頻度を考えると余計に感じることが多いだろう。従って,描写部が無い他輪郭では引き続き非表示とする。見る手段がないわけではないので困ることは少ないはずだ。

描き方ボタンで開いた場合,完了ボタンはもう少し自然に閉じるボタンにする。「見え方ボタン」にするのも面白いかと思ったが,かえってややこしいかもしれない。

「〜で描き直す」「〜で完了」から変えていなかった通注も「〜で描き方を見る」「〜で閉じる」とする。

=}
{ややこしい}

{}