{同時に進めていく}{時間はかかる}{探索処理}{見通しが悪くなる}{捗り始めた}{事象処理整理}{希哲16年4月21日}{Aejs の事象委譲}{開発}{さることながら}...=}(68)

{希哲16年4月21日の開発 K#F85E/A-E74C-FDDC}

=}
{進捗記録}{大きな違和感}{見做せる}{フォント記法}{希哲16年1月24日の進捗時限}{希哲16年1月24日の進捗}{希哲16年1月24日}{あった}{相応しい}{思った}...=}(22)

{希哲16年1月24日12歩 K#F85E/A-E74C-35D1}

進捗時限記録中略

8歩検討し始めた「フォント記法」に相応しい記号流石に無いかと思ったが,驚くべきことに,これがあった

@ なら,文字そのものを対象とする記号見做せるし,〈at〉の意としても大きな違和感無い。例えば,以下のように使えるかもしれない。

@0.8em;serif@あいうえお@@
@<@大きい文字@@
@>@小さい文字@@
=}
{色見本}{色見本記法}{進捗記録}{文字装飾記法}{簡易的}{直感的に使える}{出揃った}{希哲16年1月23日12歩}{色記法}{希哲16年1月23日の進捗時限}...=}(36)

{希哲16年1月23日16歩 K#F85E/A-E74C-79E5}

進捗時限記録中略

12歩で概ね文字装飾記法出揃ったが,ここまで来たら「色記法」も欲しくなってきたので急遽検討して終了

流石にもう直感的に使える記号残っていないだろうと思ったが,% がまた悪くない原色割合とその組み合わせだ。

例えば,%red%赤い文字%%%#FFFFFF%白い文字%% という表現が出来るかもしれない。%white:red%白い背景に赤い文字%% というように背景色指定出来るようにすれば,簡易的色見本も出来る。装体調整について考えることはく,色見本記法考えていたので丁度良い

{デラング}{進捗記録}{廃止}{組み合わせた}{キーボード記法}{見送った}{書き間違い}{下境界線}{上境界線}{邪魔臭い}...=}(111)

{希哲16年1月17日17歩 K#F85E/A-E74C-835A}

キーボード記法改良終了

従来二重角括弧を使った [[X]] 記法に加え,アンダースコア組み合わせた [_X_] 記法使えるようにした

旧記法近いうちに廃止し,ウィキ互換輪結記法転用する。ハッシュタグ同様,単純に全知検索飛ばすだけだが,他サービスからの移行者デライト触りやすくなったり,デライト向け文書書き直しやすくする効果見込める

大きな用途変更であるため,時印によって適用版存切り替えることになりそうだ。

11日14歩検討方向性定まっていた旧記法導入した昨年3月11日はまだデラング整備最初期で,あまり他サービス他言語との互換性重視しておらず,他サービス採用例多かった二重角括弧による輪結キーボード記法使うことも,独自性を出すのに良いだろうという程度にしか考えていなかった

最近デラングが,デライトにとっての利益損なわない限り他サービス他言語との互換性最大化するという方針になっていることに加え,単純に旧記法視認性の悪さ気になっていたこともあった。最近ではほとんど自分で使っていなかった

[[Ctrl]] のようにキー名長さがあればまだいいが,[[X]] では流石に記号邪魔臭い[_X_] という記法は当時検討した記憶があるが,[X] に対して物足りず決め手に欠ける感じたか,なんとなく見送っていた[[X]] は「キー立体感を表現しているように見えなくもない」希哲15年3月11日2歩思っていたが,<kbd>装体デライトも含めて,四方み,立体感を出すため上境界線よりも下境界線目立たせるという形になることが多いため [_X_] の方がむしろ装体近い

逆括点を使った [`X`] という記法採用例を見かけて悪くない思ったが,まだ普及度低い上,これは `[X]` との書き間違い続出しそうだと感じたたため見送った[_X_] ならその問題もなく,直感性でこれに勝るものはなさそうだ。

<kbd>入れ子にすることも出来るので,[_Ctrl_] + [_X_] のような組み合わせ記法として扱うことを考えたが,実用上大きな変化はないはずなので後回し

{流石に}

{}