{出振るい}{Aejs 整備}{第四次宣伝攻勢}{省けた}{小さくなかった}{設計面}{第四次生活習慣改善の再開}{暖かくなってきた}{大事を取っていた}{生活習慣の乱れ}...=}(156)

{希哲16年3月15日の日記 K#F85E/E74C-4AA3}

12日脳爆発引きずってまだ脳疲労感残っていた一ヶ月分にも相当するであろう収穫だったのだから仕方ないと,気分転換兼ねて半年ほど放置していた Aejs 整備再開してみることにした。

まずは交度見直し軽く違了修正程度出来ればいい始めたものの,驚くべきことに,作業の続きよく捗った。これだけ間があくと,作業方針思い出すのと再整理時間がかかるのではないかと思っていたが,むしろ中断前より捗った気がする。この半年間での環境整備設計方針洗練知見の蓄積がそれだけ大きかったのだろう。当時は,ゆとりがなく混沌とした状況でもあった。

金風中断してからなかなか再開出来ず中途半端な状態出振るい出来ず前縁周り作業非常に進めにくい状況ではあったが,この間の収穫考えれば仕方ない思っていた設計面仕様面での変化小さくなかったので,再修正手間省けた唯一懸念だった作業再開にかかる負担全くと言っていいほど無かったのだから,仕方ないどころか大正解だったと言うべきだろう。

Aejs 整備中断経緯について記録振り返っている内に,もう一つの放置課題だった KNEST 隠し実装についても再整理急速に進んだ

輪郭選り手抜控機能整備がなかなか進まなかったことで Aejs 整備入ったのが昨年9月9日だった。14日11歩最後にそれも止まり,代わりに HTML 隠し実装からの KNEST 隠し実装重点を移すことにした。頭の整理をしているうちに18日になり,金風起きた以後は何度か再開試みている継続出来ず,そのまま第二次快調期突入した。

金風があまりに大きい出来事だったので,このあたりで記憶分断されている感覚ずっとあった特に Aejs 整備KNEST 隠し実装は,第二次快調期でも置き去りになっていた部分心残りだった。第四次宣伝攻勢向けて新生デライト開発佳境というところで二つ強力な武器上手く取り戻せた言うまでもなく極めて大きな収穫だ。

ただ,結局どっちを向いても脳爆発で,脳疲労癒えなかった


今日疲労回復のため休みにしたが,次回陶練からランニング再開することにした。

これも第二次快調期からほとんど出来なくなっていた忙しさもあったが,生活習慣の乱れ寒さ重なり,1月には風邪を引いたりもしていたため,大事を取っていた最近は少しずつ生活習慣改善再開出来,暖かくなってきたので大丈夫だろう。

最近の生活習慣改善を「第四次生活習慣改善」とするかと考えたところで,すでに金風以後生活習慣改善して使っていたことを思い出した用語として考えた12月9日から間もなく第二次快調期入ったので,目まぐるしさ忘れていたのだろう。とりあえず第四次生活習慣改善の再開」としておくことにした。


16日振り返り日記

{希哲館事業}{『希哲日記』}{散歩}{陶練}{希哲15年9月の月記}{出掛けやすくなった}{帽子を被る}{やらなくてはならないこと}{思えてきた}{調べてみる}...=}(70)

{希哲15年9月24日の日記 K#F85E/E74C-0C5C}

18日大きな出来事そろそろ名前を付けないと参照しにくいなと色々考えていた

散歩中,「神風」は何かと紛らわしいかなどと考えながら,「金風かねかぜ」という名前思い付いた。最初は駄洒落の域を出ず,流石に露骨過ぎて品がないのですぐ思い止まった

しかし,後で調べてみると,秋風意味する金風きんぷう」という漢語があるらしい。偶然にしては出来過ぎだが,「金風かねかぜ」が急に運命的思えてきた。とりあえずこう呼んでおくことにした。


金風が吹いてから一週間ほど経つが,余裕が出来た分だけやりたいことやらなくてはならないこと増え,結局気楽なことは何もない。もっとも,ここで“上がり”だと思って気を抜いていたら,それはそれで心配だ。良いことなのだろう。

散歩で,もはや“聖地”となった土手の方までいてみれば,なにか別の感慨湧いてくるのではないかと思ったが,そんなこともなかった。

金風デライトの成功をより早く確実に大きくする奇跡的追い風ではあったが,それによって私の生活希哲館事業方向性変わるわけではない。向かい風追い風変わったわけでもなく,もともと追い風が吹いていた所に重なってきたようなものだ。そういう意味では,そもそも実感すべきことなど無かったのかもしれない。


帽子を被る習慣取り戻し,散歩出掛けやすくなった

久しぶりに陶練再開出来,気持ち良かった

25日振り返り日記

=}
{整清記録}{掻き出す}{やわ}{吹きかける}{使い続けた}{まともに}{AT-HPP300}{断線}{直らなかった}{故障原因}...=}(85)

{希哲15年9月21日の整清 K#F85E/E74C-3F04}

事務的な整理2時間ほど家事など。

イヤホン買い替え

一昨日あたりから調子が悪くなっていたイヤホン買い替えた

何を使っていたのかも忘れていたが,いつものオーディオテクニカ適当に選んだATH-CKR50で,これまで使っていた ATH-CKR30上位製品だった。デザイン好みだったのかもしれない。

これまで使っていたのは昨年6月3日つなぎのつもりで買ったものだが,一日中何かしら聴いていることが多いため,無線イヤホン充電などの点で,ヘッドホン取り回しなどの点でやはり選びにくい

故障原因は最初,接触不良の類かと思い接点復活剤を使ってみたが直らなかった症状からして典型的断線だったようだが,ちょうどおかしくなった前日水分検出されたという警告が出ていたので関連があると思い込んでいた

イヤホン断線駄目にすることが多いことを反省し,これからはもう少し丁寧に扱うことにした。使っていない時でも付けっぱなしでポケットバッグから乱雑出し入れすることが多かった。今後は出来るだけケースに入れておくことにした。オーディオテクニカ製のケースを見つけたのでそれも注文しておいた。

キーボード清掃

今日から清掃エアダスター導入したため,まずは12年以上もまともに清掃せずに使い続けた HHKB Professional2試してみることにした。

キーを全てして吹きかけてみたが,そんなにやわではなかった。いったん綿棒掻き出してから細かい埃をエアダスター吹き飛ばし,キーきながら戻した

見違えるように綺麗になり,打鍵滑らかになったように感じる長い目で見れば作業効率にも影響するだろうが,まずは精神衛生上の効果大きかった

{デライト}{希哲館事業}{『希哲日記』}{陶練}{希哲15年9月の月記}{KNEST 隠し実装}{急いできた}{身体が鈍る}{気持ちの切り替え}{あらゆる面}...=}(77)

{希哲15年9月20日の日記 K#F85E/E74C-370D}

一昨日決まった早速実行してもらい,希哲館事業慢性的な財政難いったん解消した。今日はそれに関する事務的な用事あちこち歩き回った

絶対的独立性維持収益性極大化両立させようとしてきた希哲館事業にとって,財政難発足以来の難題だった。それを解決する手段デライトであり,収益目標達成急いできた理由だ。

今回,全く想像しなかったわけではないが,現実的な想定の内には到底入らなかった「棚ぼた」的な解決を見ることになった。事業現状を思えば夢のような話で,いまだに,でも見ているのではないかと落ち着かない気分でいる。疲れが取れてきて,整理が進むにつれ少しずつ実感がわいてきた。

今後の組計根本的に見直す必要があるが,まだ若干頭が混乱している。とりあえず,下旬KNEST 隠し実装整清時間をあてたい。

収益目標達成まではと後回しにしてきたことが多々あるため,「生活理腑」としての整清も進め,あらゆる面見通し改善し,身軽さちたい。書類整理もやらなくてはと思いつつずっと放置してしまっている。先日身体が鈍っていることを実感してきたところなので,そろそろ陶練再開したい。当然,デライトの早期成功をより早く,より確実に,ということも考えなくてはならないので,時間配分は少し難しい

用事ついでに散髪もしてきたし,キリの良いでもある。ここから気持ち切り替えていく。

=}
{デライト}{希哲館事業}{『希哲日記』}{続ける}{希哲15年9月の月記}{KNEST 隠し実装}{老い先短い}{寂しさ}{冒険の終わり}{破滅前提}...=}(114)

{希哲15年9月19日の日記 K#F85E/E74C-8EF8}

一昨日は一昨日で,久しぶりによく身体を動かして気持ち良かったもののまだ筋肉痛残り昨日は昨日でくらくらするような環境激変があり,肉体的にも精神的にもかなりの消耗感じた。今日も定休通りに休んだが,まだ回復した気がしない。

この変化デライト希哲館事業盤石安泰かという心境になりかけ,律動的集中生活を終えることも考えた。しかし,それもこれまでの適度な緊張感があってのことなので,収益目標達成までは引き続き新生デライト開発極力集中する生活続けることにした。もう油断さえしなければいくらでも粘れる

つい一週間前の日記には,否が応でも気分重苦しくなる状況だから意識的利楽しようと書いていたわずか一週間後には否が応でも気が緩む状況になっているのだから,まだ頭が混乱している。

本来なら喜ぶべきことのはずが,なぜか明るい気分というわけでもない。半分くらいは疲れのせいかもしれないが,希哲館事業安定してしまうことに対する複雑な心境もある。

そもそも,希哲館事業は,「どう頑張っても万に一つも成功しない仕事」として始めたものだ。楽しかった破滅前提大冒険が,千に一つ百に一つ十に一つ成功近付くにつれ,つまらない事務処理になっていくような気が薄々していた。いまやデライト希哲館事業も,手堅くやってさえいれば成功約束されたも同然だ。

もっと若い頃の自分なら,あえて踏み外すようなことをしたかもしれないが,もうそれが許される年齢でもない。失敗して自滅するだけなら何のことはない。周囲に対する責任重過ぎる老い先短い両親家庭を持った達,散々世話をかけたり世話してやれなかったりした親戚達のがいちいち浮かんでしまうことなんては無かった。友人にもデライト用者にも社会にもがある。何より,希哲館事業がそこまでの冒険必要としていない以上,もはや冒険に“物語”が無い。

この冒険の終わり寂しさ乗り越えつまらなさ背負っていくことが大人になるということなのか,などとぼんやり考えたり,KNEST 隠し実装小手調べをしたりして過ごした一日だった。

=}
{希哲15年9月18日}

{}