{デライト}{写真}{『希哲日記』}{持って行く}{考えて}{思うべき}{音楽に浸る}{聴き過ぎ}{休憩時}{長時間運転}...=}(189)

{希哲15年11月30日の日記 K#F85E/E74C-4D72}

昼頃Galaxy S21 5G届いたので早速出与え移行回線切り替え作業済ませた出与え移行前回の経験もあり円滑だった。ほぼ同時届いたスマホケース6155GS21BO良い感じだった。

手定め撮影出かけてみたが,S21 のカメラ噂に違わず素晴らしかった美しい風景適当にでも撮った写真見返すと,肉眼見た時の感動しっかり蘇ってくる。これまで使ってきたカメラではなかなか味わえなかった感覚で,撮るのが純粋に楽しいS8そこそこ綺麗に味気無い写真撮れるという印象だったし,CX1撮影者技術大きく依存するカメラだったので気楽さがなかった。

S8 より少し大きいものの取り回しの良さ理想的で,スマホケースとの相性想像以上に良い手帳型増す大きさ計算に入れていなかったので,尚更小さめ機種にしておいて良かった4年近く使って何度も落とした S8無傷だったのはケースおかげ感じていたため,また同じようなもの欲しかった


自転車ぶらぶら走りながら写真を撮るという一見素朴な行為が,このになると最先端かつ極めて贅沢体験なのだと気付いた

立地の良い希哲荘があり,気持ち良く乗れる自転車があり,ぶらぶらしていられる時間的精神的余裕があり……といったことは勿論,よく考えると技術的にも難しいことだ。最新のスマホカメラでなければ画質手軽さをこの水準両立させることは出来なかっただろうし,保存配信効率観点から WebP でなければデライト多量写真を扱うことも難しかっただろう。対応環境十分な普及率達してデライトの WebP 対応進められるようになったのはつい3ヶ月ほど前のことだ。

そして何よりデライトがなければここまでの意義感じることも出来なかった。私にとって,デライトという個人知識管理における最高級サービス以上の贅沢品はない,ということも再確認出来た


この勢いで,また自転車音楽が聴けるように骨伝導イヤホン注文しかけたが,これはやめておいた

よく考えてみると,最近運転中はかなり敏感になっている悪くないとはいえ安物部類に入る折り畳み自転車なので異音がないか気になるということもあるし,最近の風潮手伝って安全運転への意識が高まっていることもある。ちょうど Speed P8手放した頃からここ10年弱の間,自転車への視線厳しくなる一方だ。責任の重さ考えれば,注意力削ぐ要素わざわざ増やしたくない。その点でイヤホンの種類関係ない

私の場合,作業中などに音楽を聴く機会いくらでもあるし,聴き過ぎ感すらあるので,ちょっとしたサイクリングなら耳休めだと思えばいい。音楽恋しくなるほどの長時間運転なら,折角イヤホンケース買ったのだから持って行って休憩時けばいい。音楽に浸りながら自転車に乗る,なんてことはもはやファンタジーだと思うべきなのかもしれない。

ここまで考えて,少し調べてみると,どうも骨伝導イヤホン都道府県の条例的に怪しいらしいということを知った。特に千葉県の条例骨伝導イヤホン含めて禁止解釈出来るようになっている。無駄遣いせずに済んだ

12月7日振り返り日記

=}
{デライト}{写真}{『希哲日記』}{散歩}{日中}{買う}{持つ}{思い立つ}{模体}{21VW-206G}...=}(219)

{希哲15年11月21日の日記 K#F85E/E74C-D3A2}

ついに自転車を買った前々からぼんやり欲しいとは思っていたが,なかなか模体モデル決まらず,大して必要にも迫られず踏ん切りがつかなかった

金風以後市内中心買い出し事務的な用事歩き回ることも増え自転車くらいは必要かと強く感じるようになっていた。散歩徒歩行ける所はほとんど行き尽くしてしまい,少し飽きつつある買い出しに関しては,ネットスーパー利用することも考えたものの,店舗には店舗の面白さ便利さがあり,篭りがち仕事合間良い運動気分転換になっているので,自転車さえあれば不満はない

実家にいくつかあった自転車は,盗まれたのか持って行ったのか,いつの間にか無くなっている最近惹かれていたのはダホン K3 だが,今のところそこまでの可搬性必要ない。となると走行性能費用対効果低過ぎる

もうこの際,実用性最低限見た目があればつなぎとしてシティサイクルでもいいかと思い立ち,昼前から散歩がてら自転車屋巡ってみることにした。最初近所でよく前を通る小さな自転車屋入ってみたが,品揃え少な過ぎたため,少し離れた大型専門店まで足を延ばした

ここは流石に品揃え豊富で,いくつか惹かれる模体見つかった一番気に入ったのは一通り装備が付いた20インチ折り畳み自転車だった。趣味用自転車特有面倒臭さがなく,適度お洒落感はある。

この系統だと2種類,かなり似た形状のものがあり,一方はフォルクスワーゲン2021年型 VW-206G本体価格3万円台半ば,もう一方は1万円ほど安い独自ブランド模体だった。そもそもつなぎなので最初は安い方でいいかと思ったが,よく見る細部美しさ価格なりの差があり,結構迷った。結局,ここで妥協するなら1万円くらいのシティサイクル大差ないことに気付いて VW-206G買った防犯登録保証保守サービス整備防犯用品一通り付け4万3千円ちょっとで,すぐに乗って帰れた。

最初は1年くらいつなぎってくれればいいかと思っていたものの,ってみると,意外にも自転車欲あっさり満たされてしまった。元々合理的移動手段として欲しかっただけで趣味として追求したいわけではなかったし,この模体自体の費用対効果期待以上高かった

走行性能は,ぶらぶら走る程度なら以前所有していたダホンSpeed P8変わらない印象で,10万円ちょっとまでの20インチ自転車ではどれと比べても大差ないだろう。都内で見かける自転車大半より見栄えも良い

外観に関しては,そもそもこの形状一番好みだったことに買ってから気付いた最低限装備しか付けていなかった Speed P8似ているとは初見では感じなかったが,後で写真見比べる骨格驚くほど似ていた愛嬌かっこよさ兼ね備えるこの感じ20インチ折り畳み自転車が元々ツボだったのかもしれない。新しい2022年型ではフレーム形状変わってしまっているので買わなかったかもしれない。そう思うとしばらくはこれでいいやという気もするし,後継車ハードル高そうだ。

見た目優先折り畳み機能使い道はあまり考えていなかったが,ってみると玄関置いておくのが最適という結論になり,結果的にこの点でも大正解だった。

およそ10年ぶり自転車には感慨深いものがあり,まであちこち走った自転車よく乗っていた時期長くないものの,平日日中でも毎日のように Speed P8都心走り回っていたので,想い出濃い天気は悪かったが,涼しくて好都合だった。

考えてみれば,デルンの実用化引き換え自転車も自転車でぶらぶら走るゆとり失ったようなもので,デライト自転車組み合わせ新しい体験もたらしてくれそうだ。最近睡眠の質課題なので運動機会増えたのも嬉しいってぼんやり考え事をしているよりはサイクリングでもしていた方がいい。

22日振り返り日記

{ぶらぶら走る}

{}