{御しやすい}{希哲15年8月24日}{考え尽くした}{救われてきた}{何度となく}{上手く行っている}{追いつかない}{乗っている}{良くなっている}{気持ちのゆとり}...=}(75)

{希哲15年8月23日の日記 K#F85E/A-E74C-979F}

開発では全知検索整備についての検討急進展し,新生デライト全文検索など一通り検索機能盛り込める見通しとなった。

新生デライト開発デライト収益目標達成も,日に日に展望明るくなり,期待感も高まっているが,一方で,不思議な不安もある。

これは恐らく,意思思考齟齬の大きさによるものだろう。今月は,先月まとまった新生デライトの要件実装する作業没頭するつもりだった。ところが,実際にはここまで検討作業がやたら捗るばかりで,実装作業はほとんど進んでいない

振り返ってみれば,無闇手を動かすより考えるべきこと多かったのも確かだ。それによって困っているかというと,まだ気持ちのゆとりもあり,総合的状況はむしろ良くなっているようにすら思える

結局,意識出来ないほど膨大情報を,意識が追いつかない速さ処理させているということなのだろう。これだけ想定外のことをしていながら,なぜ上手く行っているのか,もはや自分でも分からない

今日の全知検索整備検討にしても,やろうと思って始めたわけではなく,なんとなく考え始めたするするまとまった。本当は輪郭選り手整備を進めたかったが,結果をみれば確かにこれで良かったと認めざるをえない。

こんなことは過去にも何度となくあったし,それに救われてきた。しかし,景色がどれだけ良くなっていようと,何度経験していようと,全く自分言うことをきかない乗っているのは不安なものだ。ましてやこれまでにない山場でだ。とにかく心臓に悪い

そろそろ考えるべきことはほぼ考え尽くしたはずなので,明日にはもう少し御しやすいになっていることを願う

=}
{想像しやすくなった}{挟み方}{輪郭小窓実装}{伝えられる}{深層的}{限られた利素}{客層}{デライトらしい}{デライトならでは}{伝え方}...=}(105)

{希哲15年8月11日の日記 K#F85E/A-E74C-C1AF}

当面の作業目標定まり,ここ数日,晴れそう晴れなかったもやもやようやく晴れた

新生デライト開発では,開発効率に加えて収益目標達成に繋がる集客効果加味して作業優先順位を付けなければならない,というところまでは考えていたが,各付徴集客効果をどう見極めるかというところまで思考が及んでおらず,この先の作業の進め方はまだぼんやりしていた。

それなり休養思考時間を取ったにもかかわらず,いまいち調子が戻り切らないとここ数日感じていたが,気付いてみればこれが原因だったようだ。先月下旬から色々なことがあり過ぎ,疲労の蓄積のせいかなどと思っていたため,昨日から半休にしていた。

何気なく,このごろ個人知識管理サービス市場についての情報収集をしていないなと思い少し話題を拾ってみたところ,Notion の流行にも一服感があり,やはりまだこの手のアプリサービス用者には迷いがあると感じた。デライトは,その迷いを断てる明確強力根想を持つ唯一サービスだ。問題はその伝え方だろう。

ここまで考えて,デライトならではの,デライトらしい付徴優先させるという基準があることに気付いた他所にもある付徴取り揃えることは最終的新生デライト目指すところではあるが,その途上収益目標達成狙うのであれば,まずデライト真価を見せなければならない。これで一気優先順位が付けやすくなった。

集客といっても,デライト限られた利素を考えれば,重要なのは“客層”だ。その意味で今のデライトは恵まれている。これをどこまで拡大していけるかが問題だ。その点でも,表面的部分よりも深層的な部分でデライトを伝えられるようにしなくてはならない。

となれば,新生デライトの要件としてまとめた作業項目のうち,優先すべきは輪郭小窓デラング整備ということになる。換配確認機能実装まで輪郭選り手整備を進めたらいったんデラング整備に戻る,ということまでは決めていたため,その後は出来るだけ早く輪郭小窓実装着手15日までの一段落目指すことにした。その後はまたデラング整備に戻り,20日までにデラング文書整備を含めて一段落させることを目指す。

さらに,デライト開発における高速化文書整備機能整備はそれぞれ並列化同時進行させることにした。高速化は握接量に対する相対的なものでどこで十分ということはなく,文書整備もデラング文書整備のように機能整備と交差させながら進めた方が効率的だ。

これで,柔軟性を残しつつ当面作業見通しがだいぶ良くなり,デライト宣伝挟み方考えやすくなった。何より,「新生デライト開発途上での収益目標達成」が具体的想像しやすくなったということが大きい

12日振り返り日記

=}
{見せたくない}{判断を誤る}{危なかった}{考え出す}{Cμ の公開}{1日30分}{宣伝時間}{1日3時間}{頼らず}{おかしくない}...=}(98)

{希哲15年8月4日の日記 K#F85E/A-E74C-85D0}

新生デライト開発中の収益目標達成狙うことになり,第四次宣伝攻勢位置付け,引いてはデライト宣伝あり方について見直す必要を感じたため,今日は現状整理時間を費した

デライト高速化前の現状整理以来だが,この3ヶ月あまりの間にも数多くの出来事があり,ついこのあいだ脳爆発があったばかりなので,現在地よく分からなくなっていた。「新生デライト」というのも,そもそも何を意味していたのか忘れかけていた

第三次市場戦略以後,「新生デライト」は「理想的な完成度に達したデライト」に近い意味を持ってきた。その要件先月下旬まとまり,今月から「新生デライト開発」に入れるようになった。それも12ヶ月中の「完成」が視野に入っている。

意識の変化言葉の変化にも表れている。これまで「新生デライト宣言」という表現をよく使っていたが,これは明確な区切りのないものに「完成」の類を使うことに違和感を覚えていたことによる。「完成」が自然に使えるようになったのは,やはり要件がまとまり,新生デライト像明確になったからだ。

その完成を目指せるようになってはじめて,「新生デライト開発」という表現も出来るようになった。デライト開発新しい段階に入ったことは明らかだろう。

一方で,これまでの波状攻撃のようなデライト宣伝根底には,デライトの品質に対する不安があった。出来るだけ品質の高い状態で多くの人の目に触れるようにしたかった。逆に言えば,見せたくない状態が多々あった。それが今のデライトにも必要かというと,少なくとも明確な必要性感じていない

要するに,今のデライトはいつ誰に見せてもいいし,いつ飛当してもおかしくない。だとすれば,もう宣伝攻勢頼らずデライト宣伝日常的継続するべきかもしれない。具体的には,宣伝攻勢では1日3時間としていた宣伝時間1日30分にしてでも毎日する,といったことを考えた

いずれにせよ,新生デライトの完成まで宣伝待つことは出来ないので,新生デライト開発と宣伝は並行させざるをえない。並行させる以上,相乗効果を生むように作業優先順位などを調整していくことになる。

第四次宣伝攻勢をするかどうかは,結論を急ぐことでもないので保留とした。


からしばらくは良い調子だったが,昨年からのデライト開発駆け足振り返りCμ の公開まで考え出してしまったせいで,久しぶり分かりやすい脳疲労症状が出た夕食後には復調した)

しかし,ここで意識正しく更新出来て良かった。ぼんやりした意識のまま突き進んでいたら何かしら判断を誤っただろうし,危なかった

=}
{新生デライト開発}{新生デライトの要件}{新生デライト}{すっと}{肩の力が抜けた}{作業の合間}{付徴追加}{長大化}{出来るだけ早く}{喜べなかった}...=}(68)

{希哲15年8月3日の日記 K#F85E/A-E74C-70F9}

今日の開発では仕様検討実作業ともによく捗ったが,夕方頃まで気分もやもやしていた。

ここ数日,新生デライト像完成に近付くにつれ気分重苦しくなり,悪い意味緊張がほぐれない感じていた生活律動矯正停滞にも表れているが,今日は全知検索仕様検討が進んだことでそれが限界に達したようだった。

新生デライトの要件仕様まとまってきたことは当然ながらデライト開発にとって大きな進歩だ。死角がなくなり,手戻り最小化しやすく,連鎖的課題解消狙いやすくなる全体最適化間違いなく進んでいる。しかし,なぜか単純喜べなかった

新生デライト開発長期化することで,収益目標達成困難になるような想定更新出来ていなかったからだと,よく考えてみて気付いた

直近想定では,8月中に出来るだけ早く新生デライトを概ね完成させ,第四次宣伝攻勢を始め,9月中頃の収益目標達成目論んでいた。新生デライトの要件長大化し続けたことでこれが極めて厳しい目標になっていた。

昨日の日記にも近いことを書いているが,もはやこの順序こだわるべきではないのだろう。今となっては,付徴追加報告ツイストなど,作業の合間に出来る時間対効果の高いデライト宣伝8月中の収益目標達成9月中頃に新生デライト完成,という方がよほど現実的に思える。視点を変えてみれば,むしろ収益目標達成近付いている

これに気付いてから,すっと肩の力が抜けた

{新生デライト開発}{新生デライトの要件}{凄まじい進歩}{手を延ばせる}{考えられないこと}{不思議な状況}{希哲15年8月2日の開発}{公開設定機能}{希哲15年8月2日}{厳しい目標}...=}(28)

{希哲15年8月2日の日記 K#F85E/A-E74C-34F8}

開発では公開設定機能大きな進展があった。

これはデライト収益目標達成後取り組むべき付徴だと思っていたものの,収益目標達成がないままデライト開発どんどん発展してしまう不思議な状況にある。

今月中に新生デライトの要件を満たすというのもずいぶん厳しい目標だと感じているが,もともと考えられないことだったと思えば,手を延ばせるようになっただけでも凄まじい進歩だ。


新生デライト開発一段落するまでは宣伝攻勢というほどの時間は作れそうにないが,機能追加などの宣伝機会積極的に活かし,いっそ第四次宣伝攻勢を待たずに収益目標達成を果したい。

{新生デライト開発}{新生デライトの要件}{厳しい目標}{希哲15年8月20日}{悟った}{新しいアイデア}{舞覧手定め環境整備}{希哲15年8月1日}{輪郭選り手}{ひたすら手を動かす}...=}(27)

{希哲15年8月1日の日記 K#F85E/A-E74C-61E8}

いよいよ新生デライト開発にかけるが始まった。

今日は定休利用して,時間に追われているとなかなか出来ない作業場清掃主力機清掃をし,舞覧手定め環境整備新生デライトの要件まとめ一段落させた。

新生デライトの要件についてはもう少し細かく考えるつもりだったが,輪郭選り手についての新しいアイデアが出てきてしまい,もうまとめている段階ではないと悟った。ここまで全体像が見えたら,あとはひたすら手を動かすしかないだろう。

月内新生デライト宣言厳しい目標だが,いつものように,まずは20日まで作業没頭し,状況によって調整を考える。

=}
{Meson}{新生デライトの要件}{日本語表現}{換配確認機能}{確認ボタン}{プレビュー機能}{開閉状態}{応用の可能性}{確認用}{ページ読み込み時}...=}(109)

{希哲15年8月1日の開発 K#F85E/A-E74C-7A28}

新生デライトの要件

もう考えていても仕方ない段階に来ているので,とりあえず雑に書き出しておく。

舞覧手定め環境整備

舞覧手定め環境整備一環として,SLFSChrome59最新版92更新

3月15日7歩でも試みているが,その時は libxkbcommon不足失敗依存性地獄懸念して中断した。

libxkbcommon引装には MesonNinja の引装が必要で,Meson と Ninja には Python 3 の引装が必要だったものの,それ以外に直接必要なライブラリはなく,意外とあっさり更新出来た。

これで SLFS では FirefoxChrome最新版が使えるようになり,手定め用iPhone 7近日中手に入る予定なので,舞覧手定め環境整備はここで一段落とする。

Android 端末向けの舞覧手持ちのスマホで,Edge 含め,Windows 向けの舞覧Windows 仮想機で使える。

実機仮想機では主に最新舞覧を使い,古い舞覧などは LambdaTest などのサービス利用すれば十分だろう。

輪郭選り手抜控機能整備など

描き直し選り手同期するように調整

とりあえず,選り手が開いている場合に内容同期させるようにだけしておいた。これで複数窓で同じ輪郭の選り手が開いていても混乱しにくくなり,内容が長い場合には複数窓で別々の箇所を編集することも出来るようになった。

現状,抜控のある選り手はページ読み込み時に開くようになっているが,閉じている場合でも別窓で抜控が出来た場合は開いたり,別窓で閉じた場合は自動的に閉じたりと,開閉状態同期もしようかと思っていた。これは止めておいた。

開閉状態の同期はしない方が,一方の編集用にして,一方の窓を確認用するなどといった応用の可能性が広がることに気付いた

現状では描き直し完了選り手閉じる機能的に一緒になっているが,複数窓有効活用を考えると保存と閉じるで分離すべきか。取り消しボタンを閉じるために使うかと思ったが,操作性を考えると,今の完了ボタンを保存・閉じるの二段階にする方向が良さそうだ。

そんなことを考えているうちに,保存せずに換配後プレビューが出来る機能についても検討し始めた。概念操作複雑化を避けることを考えるなら,完了ボタン機能現状維持プレビュー機能本命かもしれない。

プレビュー日本語表現は「確認」が分かりやすいだろう。内部的には「換配確認機能」や「確認ボタン」と呼んでおくことにした。

=}
{新生デライトの要件}{最高のスポーツ}{思いのほか}{厳しい夏}{色々な意味}{時間が足りなかった}{欲を言えば}{迎えられる}{追加検討}{希哲15年8月1日}...=}(41)

{希哲15年7月31日の日記 K#F85E/A-E74C-C071}

なんとか一日のまとめ穴埋めを終え,脳爆発収拾した感があり,新しい月気分一新して迎えられそうだ。

欲を言えば,たびたび追加検討のあった新生デライト要件最終的まとめもしたかったが,時間が足りなかった。ちょうど明日休日にする予定だったので,また明日ゆっくりまとめることにした。


この夏色々な意味厳しい夏になるかもしれないと覚悟していたが,雑務も上手く越え,思いのほか快適に過ごせた。来月見通しも良く,この調子なら杞憂に終わりそうだ。


五輪影響もあってか,最近,希哲館事業は自分にとって最高のスポーツだと改めて思うアスリートになったつもりで,希哲館事業のための身体磨き上げたい。

=}