{用者}{進捗記録}{希哲16年2月21日}{希哲16年2月21日の開発}{希哲16年2月21日の進捗}{振り分けられる}{第1階層見出し}{10種}{線種}{希哲16年2月15日24歩}...=}(64)

{希哲16年2月21日9歩 K#F85E/E74C-2183}

進捗時限記録中略

昨日15日24歩についてまとめながら区切り線記法線種見出し階層関係について整理する必要感じたため軽くまとめて終了

下線形見出し階層区切り線用いる線種二本線一本線破線点線4種としていたが,それに対し,9日17歩考えた10種多過ぎる。どれが使えてどれが使えないのか,用者混乱させる懸念がある。

4種絞り込んでしまうことも考えたが,atx 式見出しとの互換性はともかく,10種極めて整合的なものではあり捨て難い

ここで,二本線一本線破線点線出放りとしつつ,他の線種でも代替出来るようにすることを考え始めた。つまり,10線種4階層振り分けてしまえばいい。以下のように,意外と綺麗に振り分けられる

<!-- 第1階層 -->

=====
+++++
*****

<!-- 第2階層 -->

-----
= = =
+ + +

<!-- 第3階層 -->

- - -
: : :
* * *

<!-- 第4階層 -->

. . .

これに装体指定機能持たせてもいいだろう。元々第1階層見出し下線太い一本線だったので,代替しても大きな違和感はない。各見出し階層相応しいように装体はいくらでも調整出来る。

=}
{デラング}{進捗記録}{Markdown}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{使うこと}{維持すべき}{既存輪郭}{setext 式見出し}{希哲16年2月9日17歩}...=}(61)

{希哲16年2月9日19歩 K#F85E/E74C-5731}

進捗時限記録中略

Markdownsetext 式見出しをどうデラング見出し記法取り入れるかの検討終了

区切り線混乱しないようにというのが課題だったが,現在デラング実装では,段落直後に続く区切り線記法機能していないことに気付いた明確に意図していたわけではないはずだが,既存輪郭についての心配は要らなくなった。好都合偶然だ。

とはいえ,省割として空行まずに使える利便性捨て難いので,5日3歩方針維持すべきか。

=-3つ以上というのは,2つ体裁考えず省力のために使うこと多いということと,3つ以上区切り線こうとする人なら Markdownsetext 式見出しにも気を付けるだろうという狙いがある。

これと,最新の見出し装体前歩区切り線記法についての検討総合すると,以下のように破線点線加えた拡張可能性見えてきた

第1階層
=======

第2階層
-------

第3階層
- - - -

第4階層
. . . . 
=}
{進捗記録}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{実装する}{実際に}{区切り線装体}{希哲16年2月9日の進捗時限}{希哲16年2月9日}{希哲16年2月9日の進捗}{区切り線記法}...=}(19)

{希哲16年2月9日17歩 K#F85E/E74C-CE9C}

進捗時限記録中略前後

区切り線装体調整ついでに,区切り線記法種類について軽く整理して終了

実際にどこまで実装するかはともかく,以下のような形が整合的か。

--    <!-- 細い線 -->
==    <!-- 二重線 -->
++    <!-- 太い線 -->
**    <!-- 太い線 -->
- -   <!-- 細い破線 -->
= =   <!-- 二重破線 -->
+ +   <!-- 太い破線 -->
. .   <!-- 点線,スペース無しは省略記号として使いたい場合に問題か -->
: :   <!-- 二重点線 -->
* *   <!-- 太い点線 -->
{出振るい}{進捗記録}{分かる}{希哲16年2月15日24歩}{希哲16年2月9日の開発}{確信が持てなかった}{領当て}{ずらせない}{他要素}{空間的に}...=}(122)

{希哲16年2月9日15歩 K#F85E/E74C-ABAC}

進捗時限記録中略前後

デライト装体調整昨日7歩に関する整理終了

見出し段落よりも横幅両端0.5remずつ広げ区切り線<hr>段落よりも0.5remずつ狭めることにした見出しと区切り線装体・幅調整後

当初見出し下線区切り線見分けやすくするために,区切り線両端1emずつ狭める形にしかけたが,試しに出振るいしてみたこの形が想像以上しっくり来たので,基本方針として採用してしまうことにした。

文書構造視覚的にぐっと把握しやすくなった


段落に対して僅かに字上げするような見出し装体昔から気に入っていて,現状でも「はじめに」などのデライト文書<h2>1em<h3>0.5em字上げされている長らく更新していないため描写内見出しとは全体的に乖離している)月庭でどうしていたか忘れたが,特に理由がなければ似たような装体採用していたはずだ。

やはり,見出し直感的に把握しやすいのが大きな利点だが,描写内見出し採用出来なかった理由として,無駄な余白生じやすいという領当て上の問題大きかった。特に,諸場対応から強く意識するようになった幅狭領当てでは小さくない問題だった。

今回実験意外だったのは,全ての描写内見出し0.5remずらすだけでも十分な視覚効果得られたことだった。これなら,他の装体そのままに,見出し装体マージン削るだけで一応実現出来る。

そのうち領当て上の問題起きたとしても,幅狭領当てでは0.25emにするとか区切り線だけ調整するとか,調整やりよういくらでもあるので,基本方針としては問題ないだろう。


これだけ見出し分かりやすくなれば,区切り線短くする必要はないかとも考えたが,これはこれであった方がメリハリが付いて良い従来の他要素同じ長さだと,やはり直感的に区切りの大きさ把握しにくい

新装体なら,見出し見比べるまでもなく,見出し未満小さな区切りであることが分かる

空間的に見出しずらせない場合の備えにもなる。


昨日眠気が強い時間帯思い付いたのでこの新装体良さ確信が持てなかったが,認知機能低下している時に分かりやすい思ったのだから,分かりやすさに関しても間違いないだろう。

{希哲16年2月15日24歩}

{}