{希哲15年5月の月記}{寝支度}{希哲15年5月30日}{一歩手前}{18歩}{『希哲日記』}{振り返り}{7時}{活動}{完璧}...=}(11)
{希哲15年5月の月記}{一歩手前}{目一杯}{人生の岐路}{希哲15年5月27日}{疑いの余地}{成功確実}{気を引き締める}{希哲15年7月}{希哲15年6月}...=}(35)

{希哲15年5月27日の日記 K#F85E/A-E74C-81D9}

英気も養ったことだしと張り切って早起きした割に,進捗そこそこだった。

来月までの組計スケジュールを上手く確保出来た上に,再来月まで安全圏に入った感もあり,いよいよデライトの成功疑いの余地は無くなった。

成功確実だったとはいえ,保守性のために時間のかかる作業挿入することが増え(特に KNEST 隠し整備デラング整備収益目標達成までのゆとり目一杯使ってしまおうという流れになっていたため,一定の緊張感はあった。

それが安堵感に変わったこと,人生の岐路についての一日一文を書き始めてしまったことなどが重なり,今日は久しぶりに回想的な考え事に時間を費した。

気の緩み一歩手前という気もするので,明日からはもう少し気を引き締めて行く。

=}
{一歩手前}
{}