{希哲16年6月3日の開発}{希哲16年6月3日の進捗}{利点が多かった}{小さな補足}{小さな注意書き}{加えても}{書き込んでいる}{並べて書く}{暇がなかった}{注意補足記法の様子}...=}(66)

{希哲16年6月3日10歩 K#F85E/E74C-DC5F}

点検まとめをして注意補足記法実装いったん終了十分使えるものにはなったので,ラベルアイコン対応後回しにする注意補足記法の様子

結局注意補足記法は以下のような形になった(「注意補足記法が出来ました!」より)

<!--
これは編集用コメントです。表示されません。
-->

!--
*これは小さな注意書きです*(`!` で開始)。目立たせる必要のない義務的な表示などに向きます。
--

!!--
*これは普通の注意書きです*(`!!` で開始)。軽い警告などに適しています。
--

!!!--
*これは重い注意書きです*(`!!!` で開始)。重要事項などの表示に適しています。
--

!?--
*これは普通の補足です*(`!?` で開始)。読み飛ばしても構わない程度の補足に適しています。
--

!??--
*これはより有用な補足です*(`!??` で開始)。推奨事項やヒントなどの表示に適しています。
--

当時詳しく書いている暇がなかったが,この方針2月27日の開発まとまったものだ。

注意記法補足記法に関しては当初 !? だけで書き分けるつもりだった1月24日16歩が,いざ ? だけを並べて書くと,補足というより疑問点書き込んでいるように見えてしまうことに気付いた最初一律 ! にする方が ?加えても気付き」「発見」のような意味合い感じられ補足記法調和すること,編注記法からの派生であることがより分かりやすいこと,小さな注意書き小さな補足区別難しさ役割重複避けられることなど,利点が多かった

結果的に注意記法補足記法一体感強くなったため,名称とりあえず注意補足記法」としている。

{一日一文}{世にも奇妙な}{騒がれている}{Twitter 買収}{強烈に}{一回りも二回りも}{相俟って}{とんでもなさ}{実現していること}{平易な文章}...=}(89)

{希哲16年4月30日の日記 K#F85E/E74C-F08C}

この日調子やや不安定だった。というより,頭が冴える時間帯遅い方ずれてしまっている一昨日以来,遅い時間になって一日一文執筆やたら捗る,ということが続いている

一日一文ではデライトの本質迫る良い文章書けていたが,24時過ぎたところで生活律動矯正のため中断した。時間を惜しむ内容でもなくなってきたので,じっくり書くことにした。明日ちょうど定休日なので調子を整えたい

第四次宣伝攻勢想像していたより静かな始まりだが,デライトの成功にはむしろぐっと迫った感覚がある一昨日昨日今日と,滅多に書かなかった一般向けまとまった文章書いてみたことで,大きな心境の変化起こっているようだ。デライトについて深く理解してもらうための手段一つとして書き始めたものの,自分自身デライト過小評価していたことに気付かされた

これまでの希哲館訳語などを多用した独特な文章では,全体的に浮世離れし過ぎて,デライトもどこか現実感のないものに見えてしまっていたのだろう。それが,こう平易な文章表現してみると,デライト実現していることとんでもなさが,現実地続きにあることのとんでもなさ相俟って一回りも二回りも強烈に感じられる

いまデライトでは,例えば世間騒がれているイーロン・マスクTwitter 買収どころではないことが起こっているわけだ。この,世にも奇妙な静けさが,かえってデライトの成功イメージ増幅させている。それこそ一夜城のように。

5月1日振り返り日記

{一日一文}{継続出来る}{後悔はなかった}{書いてしまった}{何について}{設けない}{導入していく}{様子を見ながら}{漸進的に}{意識した}...=}(72)

{希哲16年4月28日の日記 K#F85E/E74C-B4BC}

第四次宣伝攻勢開始前日なので,輪郭選り手抜控機能整備くらいは終わらせてしまいたかったが,事務的な用事もあり時間的に中途半端だったため,久しぶりの一日一文書きながら宣伝攻勢方針についてまとめた

文章書いたように,第四次宣伝攻勢は「新生デライト開発実況」という趣向行くことにした。

従来通り朝昼晩1時間ずつ目安とした宣伝加えて一日一文再開することにした。これまでの一日一文は“未来人”の読者想定したかなり長期的視野書いていたため,短期的な成果求めている時にはどうしても後回しになり,継続出来なかった。そこで,ここからはいったん一般読者意識した書き方改め希哲館訳語などは様子を見ながら漸進的に導入していくことにした。デライト宣伝兼ねられるものなら継続出来るだろう。

また,一日一文にはあえて時間制限設けないことにした。何についてどれだけ書くべきかは状況次第だ。この日も,最初は1時間程度で書こう思っていたものの,久しぶりに深夜まで熱中して長文書いてしまった。ただ,大きな意義感じられ後悔はなかった

29日振り返り日記

{第二次知番改良}{新生デライト}{撮り逃していた}{待っていたら}{希哲16年4月21日}{発売日}{良い方向}{豊かにしたい}{上信する}{こまめに}...=}(100)

{希哲16年4月14日の日記 K#F85E/E74C-8D6F}

輪郭整備兼写真整理始め大きな手応え得た

昨年11月30日から Galaxy S21 5G写真撮り始め写真上信環境整えたが,これをきっかけ第二次知番改良第二次快調期デライト開発急進展したため,11月30日最初の4枚しか上信出来ていなかった。写真よりも開発記録のための画面撮り上信活用することが多かった

最近良い春の写真溜まってきたこともあり,なんとかしたい思っていた大輪郭整備といいつつ輪郭整備もろくに出来ていなかったので,輪郭整備兼ねた写真整理という形が良さそうだと考えたものの,間もなく第四次宣伝攻勢という時期開発時間っていいものか,迷いがあった。

この日サイクリングという天気でもなく,姪達連れてくるので開発集中出来そうでもなく,とたまたま輪郭整備兼写真整理適した条件が揃った想像していたよりずっと手応えが良く,デライト豊か感じられる。やってみて,むしろこれは第四次宣伝攻勢前にやっておくべきことだと気付いた新生デライトが「仏作って魂入れず」になるところだった。

一日がかりでやれば S21 で撮った写真くらいは終わるかと思ったが,思いのほか量が多いので,開発作業合間少しずつやっていくことにした。過去の写真片付いたら新しい写真こまめに上信するようにし,デライトにおける日常表現をより豊かにしたい。また一つ停滞していた課題良い方向滑り出して清々しい気分だった。

日本では S22発売日今月21日になったが,一時考えたように待っていたらこの快調期は別の形になっていたかもしれず,良い春の写真撮り逃していただろう。そう考えると,あの機種変更奇跡的出来事思えてくる

15日振り返り日記

{HTML}{駒手記法}{進捗記録}{あれ}{希哲16年2月20日13歩}{神秘的な}{別に}{実装した}{付けた}{階層区切り}...=}(248)

{希哲16年2月15日24歩 K#F85E/E74C-1EF9}

進捗時限記録中略

不意に閃いた階層区切り線」についての方針まとめて終了

従来の見出し未満区切り線記法に,見出し階層越えられる階層区切り線」を加える。以下のように,唯一通常の区切り線区別出来る見出し記号 #全角 使う

* 第1階層
** 第2階層

#========================#

第1階層段落。

#------------------------#

第2階層段落。

#- - - - - - - - - - - - #

第3階層段落。

#. . . . . . . . . . . . #

第4階層段落。

##

第1階層段落(# の数でも調整出来る)。

持ち辺モチベーション

従来の区切り線記法は,HTML において対応する <hr>性質上見出し未満区切りにしか使えなかった

見出し階層作った後で描写全体に対するフッター的なものを書こうとする第1階層見出し作る必要があるが,しばしば大袈裟感じられることがある。

検討過程

空見出し」の挫折

今回検討当初は,「空見出し」という概念主に考えていた区切り線長さ任意であるべきなので,どうっても自然な形階層調整出来そうになかった。その点,見出し内容出来れば手っ取り早い

しかし,等号星号区切り線使う予定なので,== のように第2階層以降で内容空にする衝突することになる。

区切り線の方を見直しても,--区切り線なら == はやはり二重区切り線であってほしい。直感性下線形見出しとの整合性考えるとこれは捨て難い星号による区切り線はそれに比べればまだ転用余地があったが,その代わり *使う Markdown の区切り線記法との互換性損われる

そもそも,「空見出し」という概念にも無理がある文字を書くから見出しなのだし,実質的に区切り線なのだから,直感的とは言い難い

階層区切り線」の閃き

ここで,唯一区切り線記法被らない見出し記号である番号記号思い出した

番号記号による見出しは,ハッシュタグ駒手記法との衝突避けつつ atx 式見出しある程度互換性持たせるため,## のように2個以上条件対応していた個人的に好きな記法ではなかったこともあり,おまけのような扱いで,ここまで気付かなかった

すでに「空見出し」に感じていて,区切り線記法での対応立ち返っていたことで,この ##特殊な区切り線みなせる特徴持っていることに気付いた記号2個以上繰り返す区切り線見える記法で,実際普文枠線的な装飾使われることが多い記号でもある。

特に,区切り線記法としての統一感直感性保てる2個第1階層表せるということは決定的に重要な点で,見出し記号個数階層関係一致しないとどうしてもちぐはぐ見えてしまう。これは,衝突回避したとしても等号星号では解決出来ない問題だ。区切り線記号としての最短形見出し記号としての第1階層対応しうる唯一記号番号記号だった。

ただし,通常の区切り線記号異なり,個数階層対応するため,普文装飾兼ねられないという問題があった。上位階層区切り線普文上で目立つように書けない

これは,最新の区切り線記法下線形見出し記法検討9日17歩19歩踏まえ見出し階層対応する4種区切り線組み合わせる解決することにした。つまり,第1階層から順に最短形#==##--##- -##. .# というように区切り線組み合わせることが出来るようにする。これがまた都合が良いことに,よくある装飾見える

9日15歩以後,見出し下線区切り線長さ区別出来るようになっているため,区切り線装体にはある程度多様性持たせ問題ない一方見出し下線階層表す装体になっているため,一定制限必要になる。この点でもぴったり噛み合った

別に2個以上良いだろうと実装した区切り線記法おまけ感覚付けた番号記号による見出し記法最近の拡張方針……何気ない全てパズル要素だったかのように思える神秘的な閃きだった。

番号記号見出し仕様厳密化

この階層区切り線考案に,番号記号による見出し常に2個最上位階層とすることにした。つまり,*=##始まる見出しはともに最上位階層表す

これまで異なる見出し記号併用することは特に想定しておらず,実際使われていないはずなので,記号個数単純に計算していた。見出し階層相対的な個数決まるため,*始まる見出しがあると ##第2階層になる。これは階層区切り線整合しない。

特に仕様として決めていたことではないため,ここで厳密化することにした。

実装上の課題

仕様完璧思えるが,実装上の課題残った

HTMLCSS機能的には,可接性ちつつ見出し要素隠すことは造作もないが,SEO 上の懸念多少ある。今の検索演心評価理積みはそこまで単純ではないだろうが,伝統的に見出し要素隠すべきではないとされてきただけに,どこまで不利になるか分からない出来るだけ行儀の良い実装方法見つけたい

そもそも見出し要素にしてはいけないのか,<section> あたりを使って上手く誤魔化せないか,など色々考えてみたが,どれも多かれ少なかれ怪しさ残る

見出しの無い階層区切りというのは HTML想定外だったのだろう。

{『希哲日記』}{30分}{希哲15年9月の月記}{KNEST 隠し実装}{完璧な布陣}{心強い武器}{気分は良かった}{まとめよう}{まとめ終える}{押し寄せてきた}...=}(54)

{希哲15年9月16日の日記 K#F85E/E74C-37AE}

今日は,昨日の日記をさっさと片付けてから早速 KNEST 隠し実装着手しようと思っていたが,昨日考えたことまとめる作業がなかなか進まず一時的に脳過熱陥いった

急遽半休にし,利楽しながらじっくり考えまとめることにした。

10月中のデライト収益目標達成んで大きな頭の切り替えをしたばかりで,組計調整雑務に関する考え事どっと押し寄せてきたので仕方ないかと思いながら日記まとめ終えて,思考量多さ気付いたよくあることだが,こんな思考30分程度でまとめようとすれば脳過熱にもなるわけだ。

落ち着いてからは解放感もあり気分は良かった無意識のうちにもまだまだ自分追い詰めていたのか,ここから10月までずいぶん時間のゆとり感じられる

今月だけで見れば悠長なようでもある開発環境整備KNEST 隠し実装の再開も,10月までの期間で見れば心強い武器に思えてくる。むしろ,完璧な布陣とすら言えるかもしれない。

=}
{開発}{『希哲日記』}{日中}{微に入り細に入り}{無理はない}{考えなければならない}{周辺的}{働いてくれている}{働いてくれない}{希哲15年8月19日}...=}(63)

{希哲15年8月19日の日記 K#F85E/E74C-91DF}

引き続き脳過熱状態で,日中久しぶりぐったりした。半休にして少し心身休めることにした。

夕方頃から復調してみると,新生デライト開発優先順位整理が概ね付いた。気付いてみれば,作業手順から細かな仕様まで,自覚していたよりずっと整理進んでいる新生デライトの完成はもちろん,デライト広告検索流入良い兆候もあり,収益目標達成イメージも一段と具体的になってきたように感じられる

やはり,頭脳というのは,思うように働いてくれないようでいても,意志計画を越えて働いてくれているものだと改めて実感した。収益目標達成に向けての開発宣伝運営組計……と,微に入り細に入り網羅的思考をさせていたのだから,脳過熱になるのも無理はない

結果的に,中旬実作業より実装方針検討仕様検討環境整備組計調整など周辺的仕事の方が捗った目先の収穫よりも二手・三手先の収穫優先した格好だが,問題は,時間制限間に合うかだ。

そろそろ9月以降のことも考えなければならないようだ。

20日振り返り日記

{感じられる}

{}