{割り切れる}{目の上のたんこぶ}{仮想空間}{数百億円}{地下施設}{木立}{日本建築}{建築構想}{鎌倉の物件探し}{希哲館仮本館}...=}(73)

{希哲15年3月27日の日記 K#F85E/A-E74C-BF38}

数日前から何となく鎌倉の物件探し再開したところ,そのまま希哲館「仮本館」に使えそうな貸家を見つけた。これをきっかけに,希哲館事業構想について色々なことを考え込んでしまった。

希哲館は本来,建築構想でもある。あらゆるものが仮想化されつつある世界にあって,最も強い現実として事業理想具現化したいという思いが「希哲館」という命名には込められていた。

希哲館事業発足から間もなく鎌倉本拠地にすることを決め,鎌倉文学館モン・サン=ミシェル等を模体に,日本建築ギリシャ建築融合した独自の建築様式構想していた。木立に囲まれたの上に大きな庭園と小さな屋敷があり,その下には巨大地下施設が広がっている……それが希哲館本館希哲社本社理想像だ。それは一つの建築から都市になり国家になり,やがて世界になるはずだった。

しかし,そんな理想現実のものとするには少なくとも数百億円資金が要る。実現見通しも無く,「希哲館」は常に仮想空間だった。その仮想の仮想のがつまり「月庭」だ。

例の物件は,長年思い描いていた希哲館本館執務長公邸中間に近い規模雰囲気想像通りという感じで,少し運命的なものを感じた。この物件が実際に使えるかどうかはともかく,理想にこだわらなければ「希哲館仮本館」が出来るのは意外とすぐかもしれない,と思えた。

そう思ってみると,デライト背景でもある「希哲館」という概念は今のところ他人には雑音でしかない,ということが目の上のたんこぶのように気になってくる。私の頭の中にだけある理想像としての希哲館は,ほとんど誰にも伝わっていないだろう。仮にでも現実の形にすれば,この状況は大きく変わりそうだ。

そしてもう一つ,持ち辺に新たな燃料が注ぎ込まれたようにも感じた。完璧主義理想主義にとらわれて手をのばす気すら失せていたことが,何かのきっかけ割り切れるようになり,結果的には満足出来た,ということが最近よくあるDex好例だが,これもその一つになるかもしれない。そう思えば頑張って手をのばしてみるしかない。

28日振り返り日記

=}
{希哲15年3月27日}{画面記録}=}(2)
{共有ボタンを追加しました!}{タッチ端末}{マウスアウト}{デライト扉の様子・共有ボタン実装後}{雑然}{モノクロ}{四分円}{ell.x2.png}{手間取った}{ソーシャル ボタン}...=}(71)

{希哲15年3月27日の開発 K#F85E/A-E74C-1FE0}

主に共有ボタン実装

想像以上に確認調整しなければならないことが多く手間取ったが,それでも OGP 対応作業開始からわずか2日納得出来る形になった。



予定通り,採用サービスは FacebookTwitterLINEはてなブックマークPocket日本国内利用者数の多いサービスをより共有ボタンに近付ける形で配置した。

Web Share API に対応していれば省略記号(...)が表示され,それを押すと端末ネイティブ共有機能利用出来る。省略記号の画像には全知検索ページャーに使っている ell.x2.png がそのまま使えた。AndroidiOS動作確認済み

当初,不揃いな各ボタンを整然と並べるために四分円を使い,横長の Twitter と Facebook,正方形の LINE とはてブ,最後に Pocket,と三段で構成することを考えた扇形共有ボタン部区が,これは廃案とした。試してみると意外と悪目立ちしたため別の領当てを模索していたところ,二段目の余った左余白に Pocket と省略記号を並べれば綺麗にまとまることに気付いた。

例えば同じ形状モノクロにするなど,よくあるアレンジを加えようかとも思ったが,各サービスの利用規約に抵触する可能性がある上,用者にとっては一見して分かりにくいものになりがちなので,公式のものをそのまま利用することにした。

各サービスの徹案依存する格好にはなるものの,TwitterFacebook に合わせているのだろうし,LINE正方形ボタンを変える理由もなく,はてブは柔軟性があるのでそれなりに安定して使える領当てではないかと思う。

用合いとしては,共有ボタンへのマウスオーバー小窓を開き,小窓からのマウスアウトで閉じるようにした上で,タッチ端末向けにクリックタップ)での開閉も出来るようにした。触り心地良好だ。

でもデライト語体の右下に置いておくことにした(デライト扉の様子・共有ボタン実装後)。

ソーシャル ボタンは,徹案の上でも処理の上でも雑然としたものになりがちなので,単純性重視しているデライトでの採用は見送り続けてきた。普段は邪魔にならず,かといって手間にもならず,用者にとっては分かりやすく,そこそこ美しくも見える……と,限りなく理想形に近いものが出来たと思う。

LINEPocket は使ったことがなかったため,本機能の手定めのためにアカウントを取った。



エクスポート機能仕様検討も進んだ(9歩)。

{希哲15年3月27日}{整清記録}{整清}=}(3)
{希哲15年3月27日}{陶練記録}{陶練}=}(3)
{希哲15年3月27日}{入浴記録}{入浴}=}(3)
{希哲15年3月27日}{体調記録}{体調}=}(3)
{希哲15年3月27日}{飲食記録}{飲食}=}(3)
{希哲15年3月27日}{抜控}{抜控記録}=}(3)
{希哲15年3月27日}
{}