{葛西臨海公園サイクリング}{希哲16年4月10日の副日記}{感慨深かった}{いままで}{近便}{退屈さ}{広いだけ}{多彩さ}{移動速度}{大き過ぎない}...=}(92)

{希哲16年4月10日の散歩 K#F85E/E74C-51E1}

11時頃から葛西臨海公園若洲海浜公園夢の島公園辰巳の森海浜公園などを巡って17時過ぎ帰った道に迷うことが多かったせいもあり,昨日最長記録大幅に更新し,約48.1km走った

休日なので少し遠い辰巳の森海浜公園目指して出発したが,葛西臨海公園り,荒川河口橋越えたあたりで勘違いして曲がってしまい,若洲海浜公園着いた。ここはここで海が綺麗見える良い公園だった。植物見るなら葛西臨海公園十分だったので結果的には良かった

見ながらり,15時頃,少し懐かしい辰巳の森海浜公園休憩したデライト正式離立前に何度か訪れ計画を練った思い出があり希哲13年10月7日の散歩記録なんだか感慨深かった近便適当に買ったもので食事を取再開葛西臨海公園ぶらぶらしてから帰った

他の大きな公園走ってみたことで,葛西臨海公園サイクリングコースとしての優秀さ再確認した小さ過ぎず大き過ぎない敷地見所凝縮されていて,自転車移動速度に対する景色多彩さ絶妙だ。ただ漠然と広いだけ公園感じる退屈さ無い希哲荘からの距離運動には最適で,恐らく最高の場所だろう。徒歩行くことが多かったので,いままでこの真価気付かなかった

{出振るい}{Aejs}{Aejs 整備}{希哲16年2月24日}{進捗記録}{希哲16年2月24日の開発}{希哲16年2月24日の進捗}{番無し輪郭}{修正しておいた}{誤記述}...=}(93)

{希哲16年2月24日7歩 K#F85E/E74C-3C7E}

進捗時限記録中略

以下の番無しに関する不具合修正終了手定め出振るい済み

これも優先順位微妙な問題だったが,たまに試し描きしていく人はいるのでここで修正しておくことにした。

番無し描出不能不具合

数ヶ月前気付いた番無し描出出来なくなっている不具合だが,金風整備中断したまま出振るい出来ない Aejs問題なので,優先度低さもあり放置していた

まず手定め環境原因突き止めると,@DG.bld..drw() 内で <spn.strk>参照方法間違えているだけで,ごくわずか修正済むことが分かった

通常避けたい方法だが,次回Aejs 出振るいまでもう少しかかりそうなので,最新の Aejs修正し,それに合わせて本番環境ae.jsVim修正した

前後景輪数表示不具合

これは気付いてから半年くらい経つ気がするが,何度か起きている前後景輪数表示不具合が,また番無し限って起きていた。これも深刻な問題ではな目立つものでもないので放置していた

前回同様,n_fgn_bgNULL初期化することで対応した

作業自体1分かからないことなので原因究明追い追いやっていく……と,これを書いている途中でまた発生しばらく様子を見る

前後景部における自分の自我アイコン表示不具合

作業中番無し輪郭前後景部における自分(録入り中の自我)自我アイコン表示されていないことに気付いた太字にはなっている)

これも単純な誤記述原因だったため修正しておいた

{文字サイズ}{進捗記録}{目立たな過ぎる}{装体の調整}{読みにくさ}{短い URL}{事情が異なる}{ちょっと長い}{文書の傾向}{検討していた}...=}(94)

{希哲16年1月19日1歩 K#F85E/E74C-5396}

デライト装体調整URL 装体調整終了

直書き URL<a.URI>font-size: 0.9em等幅フォントにしたURL 装体調整前後字間無し昨年6月30日の開発からだが維持する。

直書き URL のある描写読みにくい問題はずっと以前から感じていて,何度か調整しているが,一昨日の開発中にふと,「文字サイズ小さくしていない」ことに気付いた

昨年6月30日の開発字間無しにしているが,等幅フォントにして変に目立ち過ぎるという理由したりもしている。この時になぜ文字サイズ小さくするという発想がなかったのか不思議だ。他にも問題山積していて思考時間割けず灯台の下まで目が行かなかったか。

今回<kbd><code>装体について考えていたところだったので,その関連気付けたのだろう。

文字サイズはやはり0.9em丁度良い0.8emにすると長い URL はともかく短い URL提示する時に今度は目立たな過ぎる


これにより,十分凝縮されメリハリが付いたので,予てから検討していた長い URL の省略については保留とすることにした。

長い URL の省略は,簡単なようでいざ導入しようとすると意外と難しい問題がある。

まず,デライト上文書の傾向からいっても,「ちょっと長い」程度の URL省略したくない。URL全体情報として有用場合しばしばある。このあたりはマイクロブログなどとは事情が異なる

では,どこで省略すべきかという問題になるが,長い URL許容すればするほど比較的短い URL読みにくさ解消されないというジレンマがあった。これは装体の調整解決した。

そもそも輪結記法[ ... ]もあるので,現状維持で特に困ることはないだろう。そのうち https://example.com/abc ... xyx のような省略記法導入してもいい。

ただ,パーセント符号化復号はしたい。これは昨年3月22日2歩決めていたことだが,少し面倒臭い部分がありいまだに実現していない。

{何度か}

{}