{用者}{希哲16年4月28日の進捗}{気を取り直す}{頭に入っていた}{外して}{書き上げた}{引っかかった}{執筆効率}{起こった}{連続多量握接}...=}(61)

{希哲16年4月28日20歩 K#F85E/E74C-4FDB}

{用者}{第三次宣伝攻勢}{第四次宣伝攻勢}{宣伝攻勢}{視野が広がる}{日常的な}{機が熟しつつある}{理解ある}{移った}{この時期}...=}(104)

{希哲16年3月12日の日記 K#F85E/E74C-DD7D}

相変わらず開発快調で,大輪郭整備思い付いてから輪郭整備にほとんど時間を割けていない。もっとも,そろそろ頭の整理をしないと開発集中出来ない,というところで考えたのが大輪郭整備だったので,完了急ぐ必要無くなってしまった

大輪郭整備内容よりも,その構想によって脳爆発下での思考整理希望持てたこと,視野が広が思考全体最適化進んだことが良かったのだろう。

大輪郭整備については,15日までの完了目指すことにしていたが,時期こだわらず全体の釣り合いを見ながらじっくり進めていくことにした。


その代わり新しい目標出来た黄金週間睨んだ第四次宣伝攻勢だ。

昨年第三次宣伝攻勢でも,年度末年度始めデライト宣伝抑制し,黄金週間中心に宣伝攻勢をかけた。途中開発課題の方が大きくな自然に終息したものの,手応え非常に良かった

今年気付けばそんな時期だということに,3月入ってから気付いた2月28日の組計整理ではそんなことは考えず6月まで様子を見ることにしていたが,計ったように都合が良い

波状宣伝必要性疑問が生じたこともあり構想として宙ぶらりんになっていた第四次宣伝攻勢だったが,金風あたりから想定反してデライト高速化停滞したり,デラング整備重心移ったことで,日常的なデライト宣伝自然と抑制的になっていた。少数理解ある用者しかいないというのも,デラング整備にとっては非常に快適環境だった。

色々な偶然重なり,気付けば機が熟しつつあるやるならこの時期しかないだろう。思いついたのがだったので細かいこと考える時間が無かったが,黄金週間向けて調整していくことは決めた


14日振り返り日記

{用者}{希哲16年3月12日の開発}{希哲16年3月12日の進捗}{`}{解釈出来る}{完了させた}{中途半端な実装}{使用経験}{書き換えずに済む}{意図の明示}...=}(133)

{希哲16年3月12日7歩 K#F85E/E74C-8A2F}

交度記法改良

以下の作業終えたため,ここでいったん終了

これにより,デラング記法例示洗練された

```txt
これまでのデラング記法の例示
```

``dlng
これからのデラング記法の例示
``

交度部区記法開始記号終了記号については,これまで ``` 固定だったため,交度部区記法内で交度部区記法について例示出来ないという問題があった

行内交度記法逆括点の数を調整出来るようにして1月17日15歩から,この方式統一することを考えていた

これを機に逆括点の数は2個でもとした。区切り線記法最初から Markdown などで一般的な3個以上ではなく2個以上-導入したが,交度部区記法では確信が持てなかった

交度部区記法実装からちょうど一年経ち3個以上でなければならない理由はない,と使用経験から判断したなんなら1個でも解釈上問題はないはずだが,目印としての機能考える2個限度だろう。他の記法との統一感もある。


これまで外部ライブラリhighlight.js任せだった交度部区記法言語名自主的に管理する第一歩として,取り急ぎデラングνS対応した

デラングdelangdlngdlntxt に,cuucppに,νsvsjs に,それぞれ Dex 側で変換するとりあえず大文字小文字区別しない

これまではデラングtxt などと書いていたが,意図の明示という観点から問題があった。これなら今後構文ハイライト対応した時に書き換えずに済む

言語名対応関係については実装委ねるべきかとも考えたが,将来的に混乱の元になりそうな部分なので,対応関係言語仕様規定し,構文ハイライトなどは任意実装とすることにした。

また,用者未定義言語名使用出来るように,例えば ```newlang(oldlang) のように代替言語名指定出来る記法検討開始している


1月17日15歩で,外側逆括点の数を調整出来る仕様にしたが,`` `a` `` のように外側より少ない個数でないと上手く解釈出来ないなど中途半端な実装だったことを思い出し実装完了させた

これで ` ``a`` ` でも `` `a` `` でも `` `a`` でも,対応する逆括点さえ判別出来れば問題なく解釈出来るようになった。


全て手定め出振るい済み

=}
{用者}

{}