{希哲15年9月11日の開発}{将来的な}{必要なさそう}{噛み合っていない}{数MB}{数十kB}{上手く動いていた}{現行方式}{`tee -a`}{希哲15年9月11日の進捗時限}...=}(83)

{希哲15年9月11日4歩 K#F85E/A-E74C-BFAF}

デルン出力録整備deln出力録保存機能調整

昨日時点では「間に合わせ」に近い感覚だったが,調整を続けてみると機能性能ともに十分なものになったため,4月デルン出力録整備作った現行方式をいったん正式採用出力録保存機能に関しては一段落とすることにした。

deln.log 肥大化問題最終的解決したといってよさそうだ。

deln_log実装将来的な選択肢の一つとして保留しておく。


昨日の時点でも概ね上手く動いていたが,一つだけ気にかかることがあった。

watchdeln.log変化観察してみると,tail切り詰める一瞬合間に,数十kBから数MBサイズ極端増えることがあった。しかも大きい方のサイズは減ることなく,微増を続けている様子だった。

以前の deln.log 肥大化問題に比べればずっと緩やかなもので,直ちに問題があるほどではなかったが,時限爆弾のような気持ち悪さがあった。

挙動からして,tail譜類置換した後も tee累積した出力再作成し続けているとしか考えられなかった。最初はバッファか何かが上手く噛み合っていないのかと思い stdbuf調整してみたが変わらず,結局,tee -a を使うことで問題解消した。

これは tee仕様なのか,もっと基本的な譜類司組司組呼応の問題なのかは分からない


まずは速度改善してみようと tail -n 1000tail -c 50kB に変えてみたりもしたが,文字交度して Bashcommand substitution: ignored null byte in input という警告を出すので止めておいた。そこまでの性能必要なさそうだ。

=}
{sh 互換模動}{POSIX 模動}{始判}{/bin/bash}{Bash}{/bin/sh}{置換}{プロセス}=}(8)
{プロセス置換}{平解き}{Bash}{〈while〉}=}(4)
{highlight.js}{Bash}{ハッシュ}{認識}{プロンプト}{シェル スクリプト}{解釈}{コメント}{CLI}{シェル}=}(10)
{Bash}
{}