{一日一文}{のうのう}{希哲館事業の原点}{30代半ば}{希哲14年}{過言ではない}{思い出話}{ひよっこ}{閃き}{立体階層構造}...=}(69)

{希哲館事業についての漠然とした思い出 K#F85E/A-E74C-7347}

最近,思い出話のような一日一文が続いているので,どの部分についてでもなく,希哲館事業全体についての思い出を書いてみたくなった。漠然とした思い出話を成り行き任せで書いてみよう。

思えば,17歳の時に輪郭法閃き,もう30代半ばだ。輪郭法の閃きが希哲館事業の原点で,大人と言える年齢18歳だとすれば,少年時代の最後から今にいたるまで,私はこの事業とともに歩んできたことになる。閃き以前より以後の人生の方が長い。そういう意味では,“人生そのもの”と言っても過言ではない

もっとも,スポーツのような分野ならともかく,実業研究のように蓄積が物を言う世界10年20年なんて大した歳月ではない。ひよっこに毛が生えたようなものだろう。そう考えると,20年足らずでよくここまで来れたものだ,という気もする。


輪郭法というのはデライト基礎にもなっている理論で,認知機能を「立体階層構造」として勘報(コンピューティング)利用出来るように形式化するものだ。

これが情報技術を大きく変えうるものである,とすぐに気付いた。そこまでは良かった。それだけなら,ビル・ゲイツのように大金持ちになって万歳,というだけの話だ。

この理論とその応用技術はそれだけでは終われない,ということに気付くのにも時間はかからなかった。これは人類のあり方を一変させる技術になる……後に「世界初の実用的な知能増幅(IA)技術」という言葉で表現することになるこの技術は,明確な哲学に基く「新近代化事業」の一環として捉える必要がある。希哲館事業構想の始まりだ。

その当時とは比べ物にならない経験知識技術資産を持つ今ですら,この構想の全体について考えると気が遠くなりそうだ。当時の私が背負えるわけもなく,当然ながら精神的混迷に陥った。


それからなんだかんだあり,希哲6(2012)にはデルンが出来,希哲館事業構想成熟し,希哲館訳語のような蓄積も出来,昨年にはデライトも始めることが出来た。そして今,デライトの成功目の前だ。

家族からデライト用者ユーザーにいたるまで,多くの人に助けられて今がある。これだけの構想を背負って,晴れ晴れとした顔でのうのうと暮らせているだけで奇跡のようなことだろう。

これからも感謝とともに歩み続けよう。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{有力候補}{希哲軒}{醜いもの}{名を体を表す}{希哲屋}{「希哲館」の由来}{希哲亭}{希哲荘}...=}(77)

{続・「希哲館」の由来 K#F85E/A-E74C-7DB0}

折角なので,昨日の一日一文で書いた「希哲館命名思い出話を続けてみよう。

14年ほど前,当時の私が持てる知識理想の全てを注ぎ込み,名付けたのが「希哲館」だった。その後,私は膨大な造語翻訳語考案し,様々な物事の名前を考える営みを「最小文学」とすら呼ぶようになった。しかし,「希哲館」を越える名前が出来たと思えたことはない。そういう意味では私の最高傑作だ。

名を体を表すとも言うが,ある名前が良いかどうかは,それが指し示す物によって変わるものだ。醜いものにどれだけ表面的美しい名前を付けても,それは良い名前とは言えない。

後に「希哲館」と呼ばれることになる“それ”は,デライト基礎にもなっている輪郭法武器に,知による産業革命知を共有する民主主義確立目指す機関として構想されたものだ。それは在野自由力強さを持ちながら,未来公共を担う大きさをも兼ね備えていなければならない。これに対する「希哲館」以上の名前はいまだに見つかっていない。


さて,「希哲」の部分に関しては昨日の一日一文で書いた通りだが,この「〜館」の部分にもそれなりのこだわりがあった。

希哲院」では気取り過ぎ,「希哲屋」「希哲軒」「希哲亭」では気軽過ぎ,「希哲楼」では派手過ぎ,「希哲庵」では地味過ぎ……最終的に,「希哲館」以外では「希哲堂」や「希哲荘」などが有力候補だった記憶がある。

「〜館」は,近世までは藩校明倫館造士館……)などによく見られ,近代以後は大使館公民館図書館博物館美術館など,交流文化に関わる施設に広く使われるようになった。明治時代の「鹿鳴館」,バグダードの「知恵の館バイト・アル=ヒクマのように歴史的な事業を連想させるものでもあった(後に薩摩藩の「集成館」にも似ていることに気付き,集成館事業になぞらえ「希哲館事業」という表現を使うようになった)。「」が持つ歴史的用法現代におけるイメージ総合して,これが最も思い描いているものに近いと考えたわけだ。

……「希哲館」に関する話は,まだまだ書き尽くせそうにない。また気が向いたら続きを書こう。

=}
{一日一文}{希哲15年5月の一日一文}{希哲15年5月11日の日記}{個人知識管理サービスの課題}{SNS の課題}{中核事業}{成功模体}{二大純インターネット企業}{産業全体}{純インターネット企業}...=}(105)

{KNS について K#F85E/A-E74C-0184}

昨日の一日一文では,デライトにおける対 Google 戦略一環とも言える「全知検索」について書いた。今日は,対 Facebook 戦略の一環「KNS(knowledge networking service)について少し書いてみたい。

と言っても,KNS 自体について説明することはそれほど多くない。Twitter のように日常的気軽投稿をしながら,投稿を柔軟関連付け保存したり,利用者同士で参照し合うことが出来る知的交流サービスのことだ。百聞は一見に如かずで,デライトを実際に見て回るのが一番早いだろう。


デライトの対 Notion 戦略」でも書いたように,デライト目先目標達成する上で最重要視しているのは対 Notion 戦略だが,それはあくまでも通過点に過ぎない。

私は,個人知識管理サービス検索演心エンジンSNS を越えるネットサービスになると考えている。しかし,現状,流行りNotion も,それに追われている業界最大手 Evernote も,産業全体の中では小さな存在だ。企業規模も,いわゆる GAFAM には遠く及ばない。

デライトの対 Notion 戦略というのは,そんな小さな世界飛び越えて,世界の頂点目指すための足掛かりなのだ。

GAFAM の中でとりわけ GoogleFacebook を重視するのは,この二社が世界の「二大純インターネット企業」だからだ。ネットサービスは,資金力ではるかに劣る日本企業アイデア一つで世界の頂点に挑戦出来る唯一の分野であり,この二社は乗り越えるべき成功模体モデルだと考えている。

(ちなみに,AppleAmazonMSインターネット活用する企業ではあるが,その中核事業がインターネットで完結するものではないため「純インターネット企業」とは言えない。なぜそこが重要なのかは上述の通り参入障壁問題による)

乗り越えるためには,明確武器必要になる。その一つが昨日簡単に説明した全知検索であり,もう一つが KNS というわけだ。


SNS の課題”という視点から見れば,情報瞬間的共有には向いているが蓄積に向かない,感情優先社会分断助長する性質がある,デマヘイトのような低質悪質情報氾濫しやすい……といった問題への解決策KNS は持っている。

また,“個人知識管理サービスの課題”という視点から見れば,ツイートのような知識材料となる情報を十分に拾えていない,という問題への解決策となる。

いま,Notion がどんなに流行っていようが,その話題知見はほとんど Twitter などで刹那的に流れていくだけ,という現状を,私はいつも「もったいない」と思いながら眺めている。日常のささやかな気付きは,知識極めて重要源泉だ。

それに気付いて,自分で適当なサービスにツイートを保存している人は昔からいるが,SNS の機能を組み込んだデライト以外の個人知識管理サービスというのは寡聞にして知らない。両者が調和するサービスの設計が意外に難しいのだ。

個人知識管理サービスに関する話題が主に SNS で共有されているうちは,まだ驚異的なサービスではないのだろう,と思う。“本命”は恐らく,SNS の機能すら取り込んでしまうだろう。私はこれを KNS と呼ぶ。

=}
{あれ}{あれ}{希哲15年4月28日のツイスト}{希哲15年4月28日}{ツイスト}{革新的}{気休め}{人間}{知識}{サービス}=}(10)
{Trello 経由情報流出騒動}{隠さない}{描出公開原則}{Trello}{Notion}{情報模体}{個人知識管理サービス}{個人知識管理}{粒度}{デライト正式離立}...=}(76)

{Trello 騒動で考えるネットと「秘密」の今後 K#F85E/A-E74C-0F66}

先日の Trello 経由情報流出騒動は,隣接分野である個人知識管理サービス界隈にも少なからず衝撃を与えたようだ。自分の使っているサービスは大丈夫なのだろうか,といった発言散見された。

古くは Evernote から最近なら Notion まで,ネットサービスに自分の知識一元化出来たらいいなという願望は多くの人が持っているが,その安全性について十分考えられているとは言い難い。あまりにも無邪気サービス信用している人が多い。

他人に知られて死活問題になるような情報を何の心配もなく預けられるサービス企業はこの世に存在しない。まずはここから出発する必要がある。権限があれば内部の人間は利用者情報をいくらでも閲覧出来る。その情報が貴重であればあるほど,世界中から狙われる。どんな対策をしていると言っても,その信頼性確認する術は利用者に無い。

要するに,ネットサービスを使う以上,最悪,誰かに見られているつもりで情報入力しなければならない。これは,個人知識管理サービス未来にとっても重要なところだ。


デライトは見ての通り,「描出公開原則」と言って,全ての投稿公開している。「なんでもメモ」を謳うサービスなので,この点に違和感を覚えた方も多いようだ。しかし,これは「なんでもメモ」だからこその制約と言える。

デライトは,人間のに限りなく近い情報模体モデル採用し,とにかく何でも,あらゆる粒度情報結び付けることが出来る。この技術を使って秘密情報を蓄えられたら,GAFA 級の企業でも手に負えないものになる。原発管理するようなもの,と言えば分かりやすいだろうか。

正式離立リリース直前になってこの問題に気付いた私は,急遽デライト公開前提の設計に切り替え,個人知識管理サービスSNS融合した KNS(knowledge networking service)というコンセプトを打ち出した。

私自身は,そんなデライト上で実際に「なんでもメモ」を実践している。実名顔出しで,毎日考えていること,やったこと,いつ寝起きしたか,何を食べたか,体調はどうか,何から何まで書いている。もちろん,それによって不利益危険があるかもしれない,ということは常に考えている。10代の頃からこんなこともするだろうなとは思っていて,「人体実験」の覚悟は出来ていた。

最近よく思うのは,「隠さない」ことこそ最強個人知識管理なのではないか,ということだ。別の言い方をすれば,個人知識管理サービス最適化された人生観人生設計を持つことが考えられてもいい時代になってきているのではないか,と思う。

誰しも秘密にしたいことはあると思うが,それは本当に秘密にする意味がある情報なのか,ちょっと考えてみた方がいいかもしれない。「恥ずかしい」程度のことなら,開き直った方が個人知識管理サービスの類は活用しやすくなったりする。

私も最初は,体調記録にいつ下痢をしたとかまで書くのはどうかと思ったが,それも慣れてしまうと面白い気がしてくる。むしろ,自分の全てが世界と繋がっているということは,ある種の神秘体験にすら思えてくるものだ。

=}
{デラング}{デライト高速化}{書きやすい}{他サービス}{遠くない}{「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」}{品質面}{希哲15年3月16日}{Dex}{貧弱さ}...=}(35)

{希哲15年3月16日の日記 K#F85E/A-E74C-7FF2}

最近,デライトに関して大きな心境の変化を感じている。

新デライト市場戦略では,単純なメモサービスとしての品質面での勝負を避けるべき,という前提があった。これが「最も使いやすいメモサービスを目指す最も使いやすい知能増幅サービス」という獲句に現われていたが,現状デライトから「最も使いやすいメモサービス」へはそれほど遠くないような気がしてきた。

想定していたよりもずっと作り込みにかける開発時間が取れていること,Dex によりデラング貧弱さ解消する見通しが立ったこと,十分な高速化期待出来るようになっていること,他サービスに関する知識が増えるにつれ他所のも見えてきたことなど,最近の様々な変化が重なり合っているのだろう。

今のデライトなら,どこよりも書きやすく美しく軽快メモサービスという位置に十分手が届く。新デライト市場戦略軌道修正必要があるかもしれない。

17日振り返り日記

=}
{配信網}{知識}=}(2)
{知識}
{}