{希哲館事業}{デラング}{進捗記録}{希哲16年2月22日}{希哲16年2月22日の開発}{希哲16年2月22日の進捗}{担わせる}{4ja}{有名無実化}{意識しない}...=}(159)

{希哲16年2月22日9歩 K#F85E/E74C-BABF}

進捗時限記録中略

kitetu.comサブドメイン設計についての検討終了

今後デラングのように独立して参照出来るべき献典には積極的にサブドメイン与えていくことにした(例:dlng.kitetu.com


デラング的転回同時にデラング文書dlng.kitetu.com与えることを決めたが,これを機に知番SLFS 等々の公式文書にもサブドメイン与えることを考え始めた

これまでサブドメイン追加には消極的で,例えば技術系献典tech.kitetu.com集約することを考えていた。ただ,この手の URL 設計は,運営者にとっても閲覧者にとっても直感的でなく情報過多になりやすい上,階層的な整理難しいことも多々あり,変更に弱く参照可能性の低い URL が出来がちであるという問題があった。

こういう場合対策として,経験上最短原則」が最善であることは分かっていて,最近駒手にせよ各種識別子にせよ知名最短知名原則にせよ最短化する流れにある。サブドメインについてもこれに従うことにした。希哲館事業要素全て kitetu.com階層下にある,ということだけは確かだ。もちろん,これとは別に,階層的な情報源もあった方がいいので,そこは tech.kitetu.com などに担わせる

献典ドメインとしての独立性統一感同時に持たせられるのだから,むしろ,ここからがドメイン名統一本領発揮になりそうだ。

2文字サブドメイン問題解決

サブドメイン活用していく上で,一つ,「2文字サブドメイン問題」とでもいうべき問題があった

例えば,サブドメイン与えるなら cu.kitetu.com とするのが自然だが,CUキューバ国家符号だ。

ドメイン名統一によって ccTLD使わなくなっているため,将来的に地域別ドメイン欲しくなった時にはサブドメイン使うことになる。2文字サブドメイン使用避けるべきかもしれない,と考えていたキット*メーネmn.kitetu.comモンゴルMN被っているのが少し気になってはいた

ただ,その懸念も「もやもや」の域を出ていなかった明らかに紛らわしいサブドメイン最初から使わないので,被るとしたら普段意識しないようなものだ。被ったとして,ドメインハックccTLD有名無実化している今,そこまで神経質になることでもないだろう。そんなことのために,わざわざ不自然な表現もしたくない。とはいえ,サブドメイン選択肢多い越したことはない

そこで,国家符号表す何らかの接子導入考えたFacebook のように,ja-jp言語符号付きを基本として,言語符号がいらない場合は x-jp のように表記出来るようにするかとも考えたが,少し野暮ったい

最終的に4 接頭子導入する方向検討進めることにした。例えば,キューバ向けのドメイン4cu.kitetu.com として cu.kitetu.com区別出来るようにする。衝突しなければ 4 接頭子省略してもいいし,4ja のように言語符号に代えられてもいいだろう。4ja-jp のような表現が出来てもいい。これなら十分な簡潔性柔軟性兼ねられる

例えば 4jp.kitetu.com なら www.kitetu.com変わらない標準的な長さだし,むしろお洒落感すらあるので,これで統一して,4 接頭子無しは転送用にしてもいいくらいかもしれない。

いまのところ地域別ドメイン必要は感じておらず,将来的に必要になるかもしれない,という程度の問題なので,細かいこと追い追い決めるとりあえず理論上すっきりしたので良かった

=}
{開発}{開発記録}{選り手}{編集モードと閲覧モードが切り替わる欠点}{規模的に}{欲しくなってきた}{書いてきた}{かなりの長文}{反して}{問題らしさ}...=}(65)

{希哲16年1月4日の開発 K#F85E/E74C-441F}

雑多な考え事


SLFS起動管理系整えたことで,そろそろ画面管理系欲しくなってきた規模的に早期独自実装視野に入る


知機における自我認証PAM採用検討画面管理系について考えていたところで気付いた


現状輪郭選り手問題として,文章においても部分編集がしにくいという問題があり,用者からも指摘されている

予てから問題だとは思いつつ,その感覚的な問題らしさ反してかなりの長文書いてきたがあまり困ったことがないのが不思議だった。よく考えてみると,長文であればあるほど誤字脱字気になる箇所増えるし,まず修正箇所一点に収まることがないので,結局,最初からざっと点検しつつあちこち修正する,という作業をしていることが多い。こういう修正仕方だと,最初から全体選り手いてしまった方が無駄な表示切り替えなどがなく,かえって効率的とも言える。

とはいえ,こればかりは書き手によるところが大きく,手段多いに越したことはないので,部品単位編集一種として段落毎の編集可能にするなどで対応することになるだろう。

{SLFS}

{}