{出振るい}{Aejs 整備}{第四次宣伝攻勢}{省けた}{小さくなかった}{設計面}{第四次生活習慣改善の再開}{暖かくなってきた}{大事を取っていた}{生活習慣の乱れ}...=}(156)

{希哲16年3月15日の日記 K#F85E/E74C-4AA3}

12日脳爆発引きずってまだ脳疲労感残っていた一ヶ月分にも相当するであろう収穫だったのだから仕方ないと,気分転換兼ねて半年ほど放置していた Aejs 整備再開してみることにした。

まずは交度見直し軽く違了修正程度出来ればいい始めたものの,驚くべきことに,作業の続きよく捗った。これだけ間があくと,作業方針思い出すのと再整理時間がかかるのではないかと思っていたが,むしろ中断前より捗った気がする。この半年間での環境整備設計方針洗練知見の蓄積がそれだけ大きかったのだろう。当時は,ゆとりがなく混沌とした状況でもあった。

金風中断してからなかなか再開出来ず中途半端な状態出振るい出来ず前縁周り作業非常に進めにくい状況ではあったが,この間の収穫考えれば仕方ない思っていた設計面仕様面での変化小さくなかったので,再修正手間省けた唯一懸念だった作業再開にかかる負担全くと言っていいほど無かったのだから,仕方ないどころか大正解だったと言うべきだろう。

Aejs 整備中断経緯について記録振り返っている内に,もう一つの放置課題だった KNEST 隠し実装についても再整理急速に進んだ

輪郭選り手抜控機能整備がなかなか進まなかったことで Aejs 整備入ったのが昨年9月9日だった。14日11歩最後にそれも止まり,代わりに HTML 隠し実装からの KNEST 隠し実装重点を移すことにした。頭の整理をしているうちに18日になり,金風起きた以後は何度か再開試みている継続出来ず,そのまま第二次快調期突入した。

金風があまりに大きい出来事だったので,このあたりで記憶分断されている感覚ずっとあった特に Aejs 整備KNEST 隠し実装は,第二次快調期でも置き去りになっていた部分心残りだった。第四次宣伝攻勢向けて新生デライト開発佳境というところで二つ強力な武器上手く取り戻せた言うまでもなく極めて大きな収穫だ。

ただ,結局どっちを向いても脳爆発で,脳疲労癒えなかった


今日疲労回復のため休みにしたが,次回陶練からランニング再開することにした。

これも第二次快調期からほとんど出来なくなっていた忙しさもあったが,生活習慣の乱れ寒さ重なり,1月には風邪を引いたりもしていたため,大事を取っていた最近は少しずつ生活習慣改善再開出来,暖かくなってきたので大丈夫だろう。

最近の生活習慣改善を「第四次生活習慣改善」とするかと考えたところで,すでに金風以後生活習慣改善して使っていたことを思い出した用語として考えた12月9日から間もなく第二次快調期入ったので,目まぐるしさ忘れていたのだろう。とりあえず第四次生活習慣改善の再開」としておくことにした。


16日振り返り日記

{体調}{体調記録}{36.9℃}{風邪気味}{希哲16年1月6日}{落ち着いてきた}{分からない}{夕方}{鼻水}{一日}...=}(23)

{希哲16年1月6日の体調 K#F85E/E74C-1311}

やはり風邪気味発熱頭痛はなく体温36.9℃だったが,鼻水がよく出るようになり,そのせいで不快感持続している。くしゃみ一日数回程度で,まだひどくはない。疲労感もあるといえばあるが,元々脳疲労があったところなのでどちらが原因分からない

ただ,夕方頃は鼻水がひどかったが,21時頃からは落ち着いてきた

=}(1){36.9℃}
{デライト}{希哲館事業}{『希哲日記』}{生み出せない}{何の心配もない}{生まれている}{都合の良い形}{都合の良い場所}{都合の良い時代}{成功の源}...=}(87)

{希哲15年10月30日の日記 K#F85E/E74C-FF99}

脳疲労兆候が出てきたため,半休にし,利楽しながらまとめ作業進めた日曜日明日半休でいいかと思ったが,特別な時期なので定休通りにしっかり休んでおくことにした。

全くの偶然ながら,希哲館創立14周年となる11月1日前の月末週末だったので,気持ちの切り替えには丁度良い


時期が時期なだけに,これまでのことを色々思い出してしまう思考感情洪水のように溢れ出している今週比較的ゆったり過ごしてきたつもりだったが,それでも脳疲労感じる原因だろう。

ひたすら道なき道歩んできた人生であるにもかかわらず,希哲館事業から家族のことまで上手く行っていることに,まだ夢を見ているような,というか,狐につままれたような気分完全には抜けていない天災事故,あるいは知らない病気による不測の事態を除けば,今のところ何の心配もない

もはや「奇跡」というのもこの状況形容するには足りない子供の作り話のように現実感のない現実だ。

このごろ,「希哲館事業の成功」を定義することの難しさについてよく考えていたが,成功の源辿っていく本当にキリがない。もしかしたら生まれた時から成功していたのかもしれない,と思うくらい,都合の良い時代都合の良い場所都合の良い形生まれている。そんな幸運大きさからすれば,これまでの努力なんて雀の涙みたいなものだ。

しかし,デライトは,その名の通り人生よろこびもたらすものでなくてはならない。そもそも幸せな人生からしか生み出せない技術なのかもしれない,と思うこともある。ならば,その開発者には黄金の日々生きる義務がある。

31日振り返り日記

{脳疲労}

{}