{浮腫んでいた}{肉が付いた}{当日}{上の空}{希哲15年8月25日}{平熱}{気付いた}{運動不足}{すっきり}{ぼんやり}...=}(18)

{希哲15年8月25日の体調 K#F85E/A-E74C-1303}

夕方頃まで妙にぼんやりしていた。平熱仕事影響が出るほどでもなかったが,何に対しても「上の空」のような珍しい異常だった。

当日運動不足で少し肉が付いたのかと思ったが,翌日だいぶすっきりしていたことで浮腫んでいたのだと気付いた

ほか特に異常無し

{微に入り細に入り}{無理はない}{考えなければならない}{周辺的}{働いてくれている}{働いてくれない}{希哲15年8月19日}{実装方針検討}{感じられる}{作業手順}...=}(63)

{希哲15年8月19日の日記 K#F85E/A-E74C-91DF}

引き続き脳過熱状態で,日中久しぶりぐったりした。半休にして少し心身休めることにした。

夕方頃から復調してみると,新生デライト開発優先順位整理が概ね付いた。気付いてみれば,作業手順から細かな仕様まで,自覚していたよりずっと整理進んでいる新生デライトの完成はもちろん,デライト広告検索流入良い兆候もあり,収益目標達成イメージも一段と具体的になってきたように感じられる

やはり,頭脳というのは,思うように働いてくれないようでいても,意志計画を越えて働いてくれているものだと改めて実感した。収益目標達成に向けての開発宣伝運営組計……と,微に入り細に入り網羅的思考をさせていたのだから,脳過熱になるのも無理はない

結果的に,中旬実作業より実装方針検討仕様検討環境整備組計調整など周辺的仕事の方が捗った目先の収穫よりも二手・三手先の収穫優先した格好だが,問題は,時間制限間に合うかだ。

そろそろ9月以降のことも考えなければならないようだ。

20日振り返り日記

{状況次第}{どちらにでも転べる}{気を付ける}{食事内容}{迷いが生じた}{戻せそう}{良いきっかけ}{律動的集中生活}{睡眠時間帯}{希哲15年8月12日}...=}(44)

{希哲15年8月12日の日記 K#F85E/A-E74C-4FF2}

そろそろ温存していた短期集中生活に入っていい頃かと考えたが,結局,生活律動矯正を続けながらの「律動的集中生活」に入ることにした。

これまでの「短期集中生活」は,生活律動無視ひたすら仕事をする生活を指していたが,第三次生活習慣改善を経て,心境が変わっていることに気付いた

7月1日の日記にもあるが,生活律動を保ちながらも限界に近い高進捗は出せるという経験が出来た。その後,生活律動の乱れ目立つようになったが,現状でも寝て起きる生活は出来ており,何か良いきっかけでもあれば,すぐに理想の生活律動戻せそうではある。

これまでのように極端短期集中生活に入るべきか,生活律動矯正を続けるべきか,ここで迷いが生じた

結局,睡眠時間帯食事内容にだけ気を付け,あとは最大限仕事時間注ぎ込むことにし,これを「律動的集中生活」と呼ぶことにした。

これなら状況次第どちらにでも転べる時機待つ必要期限定める必要もないので,早速始めることにした。

13日振り返り日記

{繊細さ}{職人気質}{希哲15年8月10日のツイスト}{希哲15年8月10日}{ツイスト}{革新的}{兼ね備える}{情技}{残念}{ドイツ人}...=}(19)
{帰り}{仕事}=}(2)
{危ない奴}{浸かる}{ごにょごにょ}{希哲15年8月5日のツイスト}{希哲15年8月5日}{ジェフリー・エプスタイン}{胡散臭い}{ツイスト}{麻痺}{仕事}...=}(15)
{希哲15年7月15日}{希哲15年7月上旬}{室温調整}{無理せず}{考えさせられること}{状況の急激な変化}{微妙な蒸し暑さ}{希哲15年7月7日}{バリバリ}{新生デライト宣言}...=}(29)

{希哲15年7月7日の日記 K#F85E/A-E74C-6639}

今日からバリバリ仕事を進めようと思ったものの,少しぼーっとしてしまう時間帯が多かった。

ここ数日,状況の急激な変化があったり,考えさせられることが多かったりするせいかもしれない。たまには必要なことでもあるので,無理せず仕事そこそこにして休むことにした。

蒸し暑い日が増えたこともありそうだ。冷房をつけるまでもないような微妙な蒸し暑さだったが,そろそろ意識的室温調整必要か。


少し頭の中ごちゃごちゃして目標意識も薄れてきているため,上旬中にデラング整備一段落させること,15日までに新生デライト宣言第四次宣伝攻勢開始を実現することを目安として意識し直す。

{第三次黄金状態の回復}{定休日}{第三次黄金状態}{理想的な一日}{黄金休日}{休ませる}{休日の過ごし方}{理想的な休日}{迷っていた}{自分自身についての研究}...=}(60)

{希哲15年6月13日の日記 K#F85E/A-E74C-C1D6}

第三次黄金状態の回復後,初めての休日だった。

週休1日有効性先月確認していたが,第三次黄金状態でも必要なことかまだ確信がなく,デライト開発では出振るい直後でやりたいこともあり,休日にすべきかまで迷っていた

特に疲労感は無かったものの,第三次黄金状態の回復後,進捗は連日20歩前後という異常な高水準推移しており疲労が無いとは考えにくく,前日胃腸の調子にやや不安定化が見られたこともあり,結局休日とすることにした。

一日,気まま描出をしたり,散策したり過ごした。良い気分転換も出来,有意義でもある理想的な休日だったが,一日一文熱中して少し就床時間が遅くなってしまった。


休日の過ごし方などについても少し考えた

週のうちいつを休日とするかは,これまでその時の状況で決めていたが,生活律動のためにも定休日を決めておくことにした。この日たまたま日曜日だったため,まずは日曜日を定休日として様子を見る。

生活律動執務以外の日課は基本的に維持する。

休日にやるべきではないことを決め過ぎても利楽しにくいが,意識的心身休ませる必要もあるので,とりあえず,ある程度緊張感を保つための手段である進捗時限記録を付けないことだけは決めた。

輪郭整備などは庭いじりのようなもので,仕事でもあるが娯楽でもあるので休日の過ごし方として一番無難かもしれない。

黄金休日」という言葉を思いついたのがきっかけで,「黄金日」という言葉を思い出した。第一次黄金状態発現した日としてよく使っていたが,いつからかあまり使わなくなっていた。

黄金生活とは黄金日を重ねていくことなので,もう少し広く,「理想的な一日」の意味でこれからまた使っていくことにした。

14日振り返り日記

=}
{仕事}
{}